Fukuoka City International Foundation Mail Magazine vol.158   5 July 2015

Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The rainy season is nearing its end and Fukuoka is heating up with the Hakata Gion Yamakasa. Have you seen the many "Kazari Yamakasa" all around town? Don't miss the "Oiyamakasa", the climax of the festival, which will be held early in the morning of the 15th!

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
もうすぐ梅雨明けですね。福岡は博多祇園山笠で盛り上がっています。あちこちにある飾り山笠はもうご覧になりましたか?15日には早起きをしてクライマックスの追い山笠を観に行きましょう!

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)

Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
 1) Subscription to Fukuoka Rainbow Magazine
 2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and other Affiliated
  Organizations
 1) Consultations for Foreign Workers
 2) Cine-la "A Collection of Turkish Films"

3. News from FUKU-NET Members
 1) Isla de Salsa 2015

4. News from related International Organizations in Fukuoka
 1) Kyoto International Cultural Association Essay Contest
 2) Festa di Spumante Fukuoka 2015
 3) CM Festival 2015 in Fukuoka
 4) Charity Tea Ceremony

5. David's Hakata Highlights

  Umbrellas


1. News from The Fukuoka City International Foundation

For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL:http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Subscription to Fukuoka Rainbow Magazine
For those who subscribe to the Fukuoka Rainbow Magazine from mailmag@mag2.com.
We appreciate your subscription to the Fukuoka Rainbow Magazine. For more convenience, it will be sent only from e-mail.newsletter@rainbowfia.or.jp from August issue. We are sorry to trouble you, but if you are a mag2 subscriber, please reregister your email address through the following webpage:
http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
To unsubscribe from magmag:http: //www.mag2.com/m/0000091052.html
Thank you again for your understanding and cooperation.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future. Please note that there is a change of a venue and reservation is required this month. The participation fees will be donated to Nepal for the reconstration from earthquake.

Date/Time: Jul.16 (Thu.) 18:30 - 20:00
Application deadline: Jul. 10 (Fri)
Lecturer: Manoj Khadka (Nepal, Kathmandu)
       Kyushu Sangyo University, Graduate School of Economics and Business
Venue: Airefu Fukuoka City Health Promotion Support Center 9F Seminar room A
(2-5-1, Maizuru, Chuo-ku,Fukuoka)
Fee: 500 yen, free for international students
Further information:http://attaka-fukuoka.jp/(in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Consultations for Foreign Workers
<Telephone Consultation Service for Foreign Workers>
Telephone consultations by the Ministry of Health, available in 5 languages (English, Chinese, Portuguese, Spanish, and Tagalog). The service will address problems with respect to work conditions by explaining laws and making referrals to concerned organizations.

Tel: English 0570-001701, Chinese 0570-001702, Portuguese 0570-001703, Spanish 0570-001704, Tagalog 0570-001705
Days available: English・Chinese・Portuguese Monday to Friday
          Spanish Tuesday, Thursday, and Friday
          Tagalog Tuesday and Wednesday
(Excluding public holidays and Dec. 28 to Jan. 3. Callers will be responsible for applicable telephone charges.)
Hours: 10:00‐15:00 (Closed 12:00‐13:00)
Further Information:
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/foreign/index.html

<Free Counseling on Working Conditions>
The Inspection Division at Fukuoka Labour Bureau offers free counseling on working conditions in English.

Days available: Tuesday (4 days a month), 2nd and 4th Thursday, 9:00‐16:00
Venue: Inspection Division, Fukuoka Labour Bureau (4F Fukuoka National Government Bldg. Annex 2-11-1 Hakataeki-Higashi Hakata-ku, Fukuoka)
Further Information:
http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/hourei_seido/rodo06.html

Inquiries: Kantoku-ka (Inspection Division), Labour Standards Dept., Fukuoka Labour Bureau
Tel: 092-411-4862

2) Cine-la "A Collection of Turkish Films"
A selection of Turkish films which have gained world recognition in recent years. All films are English subtitled.

Duration: Jul. 15 (Wed.)‐Aug.2 (Sun.)
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 500 yen, H.S. & Univ. student 400 yen, Elem. & J.H.S. student 300 yen
Further Information:http://www.cinela.com/schedule/jsch277turkey.html (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Public Library Cine-la
Tel: 092-852-0600


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Isla de Salsa 2015
This is one of the Fukuoka's biggest outdoor international festivals, held every year since 1997. You can enjoy live performances by international artists from various genres.

Date/Time: Aug. 8 (Sat.), 9 (Sun.)
Venue: Seaside Momochi, Jigyo-hama (Momochi-hama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: Advanced 1 day 4,600 yen / 2 days 8,000 yen
Further information:http://www.isla-de-salsa.jp/

Inquiries: NPO Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100


4. News from International Related Organizations in Fukuoka, etc.
 
1) The 35th KICA Essay Contest
Essay contest by Kyoto International Cultural Association. The theme is "Japan in the international community: My View".

Application eligibility: 18 years and over, non-native Japanese speakers, those who can participate in the final presentation in Kyoto.
Deadline: Sep. 18 (Fri.)
Final presentation: Oct. 18 (Sun.) 13:30-16:30 at Kyoto International Community House 3F (2-1, 2-1 Torii-cho, Awataguchi, Sakyo-ku, Kyoto)
Further Information:http://kicainc.jp/contest/contest2012.html (in Japanese)

Inquiries: Kyoto International Cultural Association
Tel: 075-751-8958 E-mail: office@kicainc.jp

2) Festa di Spumante Fukuoka 2015
Sparkling Wine Festival in Fukuoka.

Duration: Jul. 22 (Wed.)‐Jul. 26 (Sun.)
Weekdays 16:00‐22:00, Saturday 13:00‐22:00, Sunday 13:00‐21:00
Venue: City Hall's Fureai Hiroba (1-8-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Advance tickets 2,600 yen, On-the-day tickets 2,800 yen (Original glass, 10 tickets for drink)
Further Information:http://www.festa-di-spumante.com/

Inquiries: Festa di Spumante FUKUOKA 2015 Secretariat
Tel: 092-711-5506 E-mail: festa-di-spumante@nishinippon-np.jp

3) CM Festival 2015 in Fukuoka
An annual all-night festival which shows commercials from all over the world.

Date/Time: Jul. 18 (Sat.), Jul. 19 (Sun.) 23:00‐5:00 next morning
Venue: Nakasu Taiyo Theater (4-6-18, Nakasu, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee: Advance tickets 3,500 yen, On-the-day tickets 4,000 yen
Further Information:http://www.cmfestival.com/ (in Japanese)

Inquiries: World CM Festival Secretariat
Tel: 092-843-7370

4) Charity Tea Ceremony
Charity Tea Ceremony by Chado Urasenke Tankoukai Foundation Youth Division. A part of the proceeds will be donated to Fukuoka City. Beginners, Participants with kids, foreigners are welcome.

Date: Aug. 9 (Sun) 10:30‐17:00 In case of foul weather, the event might be cancelled.
Venue: Shintoku Den inside Kego Shrine (2-2-20, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 500 yen for a bowl of tea and Japanese-style confections while experiencing the ceremony as a guest, 100 yen for an experience of tea making as a host.

Inquiries: Chado Urasenke Tankokai Foundation Youth Division Hakata Chapter
Tel: 090-4352-7162 (Nishino Katsuhiko) E-mail: hakata.tyado@gmail.com


5. David's Hakata Highlights

Umbrellas

Right now it's the middle of tsuyu, or the rainy season. In Fukuoka, tsuyu begins in June and continues through to mid-late July. As I normally ride my bike to get around town, I have to catch buses a lot more frequently than I would like to around this time of year. I'm sure I will end up buying a few umbrellas too because I know I'll leave them somewhere and forget about them.
This is a problem that I have only ever had while living in Japan. In Australia, I rarely used an umbrella. Between my family of five people, we probably only own two or three umbrellas. If it rains, we just put up with it or avoid it all together. This probably sounds quite odd to most Japanese people. But in terms of umbrella usage, it's not as if my family and I are the odd ones out. Sure, my family is pretty weird, but in general, people seem to use umbrellas a lot less in Australia than here in Japan.
But then, where I am from in Australia ? Canberra ? there is no rainy season. Indeed, the annual rainfall for Canberra is roughly a third of Fukuoka's. When it does rain, usually it doesn't last for very long. Why carry an umbrella around all day if it's only going to rain for ten minutes? And unlike Japan, which generally has excellent public transport, most people get around by car and are never too far from their vehicle. This is another reason not to carry around an umbrella.
Perhaps one more reason that umbrellas are less common is that we can't buy new ones for a couple of dollars like you can in Japan. Anyone can buy a \500 umbrella at a convenience store here. And convenience stores are everywhere. Almost all the limited number of convenience stores in Canberra are attached to petrol stations. People only really go to petrol stations when they are driving, so there's not much reason for these businesses to sell umbrellas.
After chatting with my colleagues about their experiences overseas, it seems that perhaps Japan is the one with the exceptional umbrella habits. Even with just the slightest bit of rain, many people here will open up their umbrellas. It doesn't even need to be raining. You almost never see anyone using a parasol in Australia. Perhaps we could learn a bit from Japan's parasol habit. After all, you can never be too sun-smart.

David Smith



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) メルマガ登録について
 2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
 3) 国際交流活動助成募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) 外国人向け労働相談
 2) シネラ
 3) こくさいひろばカフェ
 4) 福岡市人権啓発センターのイベント

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) 福岡国際関係団体連絡会 (FUKU-NET) 第154回連絡会 一般公開講座 参加者募集
 2) JICAデスク福岡からのお知らせ
 3) 第19回イスラ・デ・サルサ ワールドビートフェスティバル
 4) 西日本日独協会 映画鑑賞会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) 福岡ユネスコ文化講演会
 2) 日本語パートナーズ募集
 3) 京都日本語エッセーコンテスト
 4) フェスタ・ディ・スプマンテ福岡2015
 5) 世界のCMフェスティバル2015 in 福岡
 6) JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2015
 7) チャリティー茶会

5. デイビッドの博多ハイライト

  傘


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel:092-733-5630
  URL:http://www.rainbowfia.or.jp

1) メルマガ登録について
Magmagでメールマガジンを購読中の皆様へ。
私どもが発行しておりますレインボーメールマガジンは、2015年8月5日より、独自配信を開始致します。つきましては以下のホームページより、メールアドレスを登録し直していただきますようお願い申し上げます。
http://rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
これまで購読して頂いたmagmagからの配信は、こちらから解除していただけます。
http://www.mag2.com/m/0000091052.html

2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。今回は場所が変わり、予約が必要ですのでご注意ください。当日の参加費はネパール地震復興募金に寄付します。

日時:7/16 (木) 18:30〜20:00
申込締切:7/10 (金)
語り手:マノジ・カドカ(ネパール・カトマンズ出身)
九州産業大学大学院
場所:あいれふ福岡市健康づくりサポートセンター 9階研修室A(福岡市中央区舞鶴2-5-1)
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 平成27年度下半期国際交流活動助成募集
(公財)福岡よかトピア国際交流財団では、市民の国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を促進するため民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。平成27年度下半期(平成27年10月1日〜平成28年3月20日)に実施される事業への助成金の申請を募集します。
申請締切:7/31(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/07.html


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 外国人向け労働相談
<外国人労働者向け相談ダイヤル>
厚生労働省による、5言語(英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語)対応の電話相談です。労働条件に関する問題について、法令の説明や各関係機関の紹介を行っています。

電話番号:英語 0570-001701、中国語 0570-001702、ポルトガル語 0570-001703、スペイン語 0570-001704、タガログ語 0570-001705
開設曜日:英語・中国語・ポルトガル語 月曜日〜金曜日
       スペイン語 火曜日、木曜日、土曜日
       タガログ語 火曜日、水曜日
(祝日、12/28〜1/3は除く。通話料は発信者負担。)
開設時間:10:00〜15:00(12:00〜13:00は除く)
詳細はこちら:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/foreign/index.html

<外国人労働者相談コーナー>
福岡労働局基準部監督課に外国人労働者相談コーナーを設置し、英語で労働条件に関する相談ができます。

日時:火曜日(月4回)・第2・第4木曜日 9:00〜16:00
場所:福岡労働局 労働基準部監督課
(福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館4階)
詳細はこちら:
http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/hourei_seido/rodo06.html

問合せ:福岡労働局 労働基準部監督課
Tel: 092-411-4862 Fax: 092-475-0183

2) シネラ トルコ映画特集
近年注目を浴びるトルコ映画の秀作を特集。

期間:7/15 (水)〜8/2 (日)
場所:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道3-7-1)
観覧料:一般500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch277turkey.html

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) こくさいひろばカフェ
様々な経験を持つ講師たちが、海外や日本での活動を紹介します。今月はスペインとタイの紹介です。

日時:7/26 (日) 14:00〜16:00
場所:こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F)
定員:50名程度
参加費:一般300円、賛助会員 無料

問合せ:こくさいひろば
Tel: 092-725-9200 E-mail: info@kokusaihiroba.or.jp

4) 福岡市人権啓発センターのイベント
<市民参加型ミュージカル「ハッピーバースデー」 出演者募集>
11月22日(日)、23日(月・祝)に博多市民センターにて公演予定のミュージカルに参加する市民の方を募集しています。経験は問いません。経験のない方でもできる簡単な演技、ダンス、歌の実技テストと面接が7月26日(日)に行われます。

対象:福岡市内在住、もしくは市内に通勤・通学している原則小学4年生〜70歳くらいまでの方
募集締切:7/10 (金) 必着
募集人数:70名程度
参加費:無料(練習・公演会場までの交通費や昼食代は各自負担)
詳細はこちら:http://jinken.city.fukuoka.lg.jp/events/detail/96

<同和問題を考える人権劇 人権劇場「ココロン座」公演 HIKARI'15>
「ココロン座」第1回目の上演。現在の部落問題を青年層の現実を主軸に描く、福永宅司による一人芝居。

日時:7/9 (木) 19:00 開演(18:30 開場)
会場:あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2-5-1)
入場無料(定員超過の際は入場制限の可能性があります)

問合せ:福岡市人権啓発センター
Tel: 092-717-1237 Fax: 092-724-5162


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAデスク福岡からのお知らせ
<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!
日時:7/17 (金) 19:00〜21:00
場所:九州海外協力協会 (福岡市博多区博多駅前3-10-34 Mビル3号館2F AB号室)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀 (元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
相談場所:レインボープラザ
Tel: 092-733-5638 E-mail: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) 第19回イスラ・デ・サルサ ワールドビートフェスティバル
2日間にわたって開催される毎年恒例の異文化交流フェスティバルです。当日会場でのボランティアスタッフも募集しています。

日程:8/8 (土)、8/9 (日)
会場:シーサイドももち海浜公園・地行浜地区(福岡市中央区地行浜二丁目)
料金:中学生まで無料、前売り1日券 4,600円、両日券 8,000円
    (当日は割引券の販売はありません)
詳細はこちら:http://www.isla-de-salsa.jp/index.html

問合せ:NPO法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
Tel: 092-762-4100

4) 西日本日独協会映画鑑賞会
市民カレッジと福岡大学図書館で定期的に開催されている無料のドイツ語映画鑑賞会です。

上映作品:「9000マイルの約束」
日時:7/4 (土) 14:00〜18:00
場所:福岡大学図書館 多目的ホール(福岡市城南区七隈8-19-1)
詳細はこちら:http://jdg-nishinihon.org/?q=node/25#006_01

問合せ:福岡大学エクステンションセンター
Tel: 092-871-6631


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡ユネスコ文化講演会
「新興アジアをどう見るか? 4つの視点」というテーマで講演が行われます。

日時:7/11(土) 13:30〜16:00
会場:天神ビル10号ホール(福岡市中央区天神2-12-12)
講師:末廣 昭(すえひろ・あきら)氏
料金:一般1,000円(当日1,200円)、学生・留学生500円(事前・当日とも)
定員:200名
申込み方等詳細はこちら:http://fukuoka-unesco.or.jp/category/event

問合せ:一般財団法人 福岡ユネスコ協会
Tel: 092-715-8768 E-mail: info@fukuoka-unesco.or.jp

2) 日本語パートナーズ募集
ASEAN諸国の教育機関で日本語を教える教師やその生徒のパートナーとして一定期間派遣する"日本語パートナーズ"を募集します。
詳細はこちら:http://jfac.jp/partner/index/

問合せ:国際交流基金 アジアセンター
Tel: 03-5369-6025 E-mail: acinfo@jpf.go.jp

3) 京都日本語エッセーコンテスト
<私の見た日本と世界>を中心テーマとし、日本の生活・文化・社会・政治・経済などの一面について、見聞や経験にもとづいて考察したエッセーを募集しています。

応募資格:18歳以上。滞日または来日経験があり、日本語を母語としない方。また、下記の京都における口頭発表会・最終審査会に出席できることが条件
応募締切:9/18 (金)
口頭発表会・最終審査:10/18 (日) 13:00〜16:30 於 京都市国際交流会館
(京都府京都市 左京区粟田口鳥居町2-1)
応募方法等詳細はこちら:http://kicainc.jp/contest/contest2012.html

問合せ:一般財団法人 京都国際文化協会
Tel: 075-751-8958 E-mail: office@kicainc.jp

4) フェスタ・ディ・スプマンテ福岡2015
スパークリングワインのフェスティバルが福岡で開催されます。

期間:7/22 (水)〜7/26 (日)
時間:平日16:00〜22:00、土曜 13:00〜22:00、日曜13:00〜21:00
会場:福岡市役所前ふれあい広場(福岡市中央区天神1-8-1)
チケット:前売り 2,600円、当日 2,800円(オリジナルグラス、ドリンクチケット10枚)
詳細はこちら:http://www.festa-di-spumante.com/

問合せ:Festa di Spumante FUKUOKA 2015事務局(西日本新聞社内)
Tel: 092-711-5506 E-mail: festa-di-spumante@nishinippon-np.jp

5) 世界のCMフェスティバル2015 in 福岡
毎年恒例、世界のCMをオールナイトで上映するイベントです。

日時:7/18 (土)、7/19 (日) 23:00〜翌朝5:00(開場22:30)
会場:中洲太平洋劇場(福岡市博多区中洲4-6-18)
料金:前売り 3,500円、当日 4,000円

問合せ:世界のCMフェスティバル事務局
Tel: 092-843-7370

6) JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテス2015
「世界を知ろう!考えよう!―よりよい世界のため私たちにできること―」というテーマでエッセイを募集しています。

応募締切:9/11(金)
<中学生の部>400字詰め原稿用紙3枚以内
<高校生の部>400字詰め原稿用紙4枚以内
応募方法等詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/hiroba/menu/essay/index.html

問合せ:公益社団法人 青年海外協力協会「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテス2015係」
Tel: 03-3556-5926 E-mail: jica.essay@joca.or.jp

7) チャリティー茶会
茶道裏千家淡交会博多青年部によるチャリティー茶会。収益の一部は福岡市に寄付されます。初心者、お子様連れ、外国人の方も参加できます。

日時:8/9 (日) 10:30〜17:00 荒天の場合は中止の可能性があります。
会場:警固神社 神徳殿(福岡市中央区天神2-2-20)
料金:茶会 500円、体験コーナー 100円

問合せ:茶道裏千家淡交会博多青年部
Tel: 090-4352-7162 (担当:西野勝彦) E-mail: hakata.tyado@gmail.com


5. デイビッドの博多ハイライト



ちょうど今、梅雨の最中です。福岡の梅雨は6月から7月の後半まで続きます。僕は普段、自転車で移動していますので、この時期はいつもよりバスに乗る回数が多いです。そして、傘をどこかで忘れそうなので、きっと傘を何本か新しく買ってしまうことになるだろうと思います。
これは、日本にいる間にしか問題に思ったことがありません。オーストラリアにいたときはほとんど傘を使っていませんでした。僕は5人家族で、全員で2本か3本ぐらいしか持っていないと思います。雨が降ったら、我慢するか外に出ないだけ。これは多くの日本人にとって、おかしいでしょう。でも傘の使用については、僕の家族はおかしくないです。確かに、変な家族と認めますが、日本人と比べたら一般的にオーストラリア人は傘を使わないと思います。
とはいうものの、僕の故郷、キャンベラには雨季がありません。そして年間の降雨量は福岡の約3分の1しかありません。雨が降るとしても、長時間降ることは珍しいので、「10分しか降らないんだったら一日の傘の持ち歩きは面倒くさい」という考え方の人は多いでしょう。そして優れた公共交通機関を誇る日本と違ってオーストラリアでは車で移動するのが一般的で、車から遠く離れることは少ないです。これは、傘の持ち歩きをしないもう一つの理由でしょう。
また、あまり傘を持たない理由として、日本みたいに安く売っていないのもあります。どこのコンビニに行っても500円で傘を買えます。そしてどこにでもコンビニがあります。キャンベラはそもそもコンビニが少ないですし、ほとんどのコンビニはガソリンスタンドと一緒になっています。でも車を使っているときにしかガソリンスタンドに行かないので、そこに傘が置いてあっても売れないでしょう。
僕が同僚と海外にいたときの経験を話していたら、傘の使用については日本が例外だと思いました。ちょっとしか降っていなくても、差す人は多いでしょう。雨が降っていなくても差します。オーストラリアで日傘を使っている人は滅多に見られません。でも紫外線に注意しすぎることはありませんので、日本を見習った方が良いかもしれません。

デイビッド・スミス



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/