Fukuoka City International Foundation Mail Magazine vol.161   5 October 2015
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Autumn has set in, and there are lot of events coming up this month! We hope everyone enjoys the long autumn nights.


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
本格的に秋になりました。イベントもたくさんです!ぜひ「秋の夜長」を楽しみましょう。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
 1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
 2) Free Consultation Services for Foreign Nationals
 3) Participants Wanted for the 11th "Welcome to Fukuoka" Event

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and other Affiliated Organizations
 1) Social Security and Tax Number System "My Number"
 2) Cine-la Information
 3) A special exhibition commemorating the tenth anniversary of the opening of the Kyushu National
   Museum "Japan, Country of Beauty"

3. News from FUKU-NET Members
 1) Food Expo Kyushu 2015
 2) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano

4. News from related International Organizations in Fukuoka, etc.
 1) Hakata Tomyo Watching
 2) Hakata Kenjo Douchu
 3) Fukuoka October Fest 2015
 4) Konjaku Biwa Emaki
 5) Information from Italia Kaikan Fukuoka

5. David's Hakata Highlights

   Orange is the New Black


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL:http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: Oct. 15 (Thu) 18:30 - 20:00
Lecturer: Ayu Ulan Purnamasari (Bali, Indonesia)
Fukuoka Foreign Language College, Business Course
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation

* Please enter from the side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information:http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Attaka Fukuoka (Rainbow Plaza)
Tel: 092-733-222 Fax: 092-733-2215 Email: attaka@rainbowfia.or.jp

2) Free Consultation Services for Foreign Nationals
Rainbow Plaza offers the following consultations for free to foreign nationals residing in or commuting to Fukuoka. Please refer to our website for further information as you have to make an appointment for some of the consultations.
Legal counselling: 10:30-13:30 on the first and third Saturdays of each month. Appointment is required.
Counseling on Immigration, Residency and Nationality: 13:00-16:00, every second Sunday of the month (sign-up ends at 15:30).
Personal counseling: Mondays, Thursdays, Saturdays. Appointment is required.
Health consultation: 17:00-19:00 every Wednesday

3) Participants Wanted for the 11th "Welcome to Fukuoka" Event
Attaka Fukuoka is seeking international students to participate in a free exchange event to welcome students who are new to Fukuoka. Application is required.

Date/Time: Nov. 7 (Sat.) 10:00 - 14:00
Venue: West-side lawns of Maizuru Park (5 min. walk from Subway Ohorikoen Station)
Number of Participants: Limited to 200 international students
(on a first-come, first-served basis)
Application Deadline: October 16 (Fri.) 5:00pm

Inquiries: Attaka Fukuoka (Rainbow Plaza)
Tel: 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 Email: attaka@rainbowfia.or.jp


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Social Security and Tax Number System "My Number"
The Social Security and Tax Number System, called "My Number," is about to begin in Japan. The individual numbers, each one unique to its holder, are important because they are required for procedures at municipal offices, etc. From October 2015, your municipality will post an envelope to your residence. The envelope contains a "Notification Card" with your individual number on it. To apply for an "Individual Number Card", fill in and send back the application provided with the "Notification Card". Your "Individual Number Card" can be used as your ID, so do not tell your number to others except where required.
Further Information:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/english.html

Inquiries: My Number Call Center
Tel: 0570-20-0291 (English, Chinese, Korean, Spanish, Portuguese)
0570-20-0178 (Japanese),
050-3816-9405 (From IP phone)
Weekdays: 9:30-20:00 Saturday, Sunday, and National holidays 9:30-17:30 (Excluding year-end and New Year Holidays)

2) Cine-la Information
Both of the following programs will be shown at Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)

< Documentary Panorama >
Documentaries with "Asia" as their theme. No English subtitles.
Duration: until Oct. 24 (Sat.)
Fee: Adult 600 yen, H.S. & Univ. student 500 yen, Elem. & J.H.S. student 400 yen
Further Information:
http://www.cinela.com/schedule/jsch2710docpanorama.html (in Japanese)

< Documentary from Asia>
Asian Documentaries from the archive collection.
Duration: Oct. 28 (Wed.)-Oct. 31 (Sat.)
Fee: Adult 500 yen, H.S. & Univ. student 400 yen, Elem. & J.H.S. student 300 yen

Further Information:
http://www.cinela.com/schedule/jsch2710ajiadokyumentari.html (in Japanese)
Inquiries: Fukuoka City Public Library Cine-la
Tel: 092-852-0600

3) A special exhibition commemorating the tenth anniversary of the opening of the Kyushu National Museum: "Japan, Country of Beauty"
Great national treasures from the Jomon period to the Kamakura period will be open for public viewing.

Period: Oct. 18 (Sun.) - Nov. 29 (Sun.)
Venue: Kyushu National Museum, Exhibition Gallery (Ishizaka 4-7-2, Dazaifu-City, Fukuoka)
Fee: Adult 1,600 yen (Advance tickets 1,400 yen), H.S. & Univ. student 1,000 yen (800 yen), J.H.S. student and under 600 yen (400 yen)
Further Information:http://www.kyuhaku.com/exhibition/exhibition_next.html

Inquiries: NTT Hello Dial
Tel: 050-5542-8600

3. News from FUKU-NET Members
 
1) Food Expo Kyushu 2015
A food event where you can enjoy many kinds of delicious foods from Kyushu.

Dates: Oct. 9 (Fri.) - Oct. 12 (Mon.)
Time: 10:00 - 20:00 (from 11:00 on 9th, untill 16:00 on 12th )
Venue: Tenjin Chuo Park (1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Further Information:https://www.food-expo-kyushu.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Food Expo Kyushu 2015 Executive Committee Office
Tel: 092-441-1119

2) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano
< Hayakawa Teruggi Trio Tango Concert & Milonga>
The first performance in Fukuoka from art music-traditional music crossover group, Tango trio. The event consists two parts, a concert, and a Milonga (Tango Party), which includes a live performance from Argentinian dancers.
Date/Time: Oct. 18 (Sun.) Concert 18:30(Door opens at 18:00 -), Milonga 21:00-
Venue: Dining Event Space "Tiempo Hall"(Daimyo 11511 bldg. 3F, Daimyo 1-15-11, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Concert Ticket 3,500 yen, Milonga Ticket 2,500 yen, Day Ticket 4,500 yen
※General seating, 1 drink order required (500 yen)

< Ellen Oleria Japan Tour 2015 in Fukuoka>
A new Brazilian star, making a global reputation for herself with her unconventional voice and expressiveness, is coming to Fukuoka for her first Japan tour. This concert is part of the ceremony to commemorate the 120th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Japan and Brazil.
Date/Time: Oct. 30 (Fri.) 21:00- (Door opens at 19:30)
Venue: Dining Event Space "Tiempo Hall"(Daimyo 11511 bldg. 3F, Daimyo 1-15-11, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Advance tickets 2,500 yen, On-the-day tickets 3,500 yen
※General seating, 1 drink order required (500 yen)

Further Information:http://www.tiempo.jp/evento/news_jp.html (in Japanese)

Inquiries: NPO Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100 Fax: 092-762-4104 E-mail: eventos@tiempo.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Hakata Tomyo Watching
The Hakata area, including some temples and shrines, will be lit-up with Tomyo lanterns. The event will be canceled in the case of heavy rain.

Date: Oct. 17 (Sat.) 18:00-21:00
Place: Hakata Area
Further Information:http://hakata-toumyou.com/ (in Japanese)

Inquiries: Hakatabu machizukuri Council
Tel: 092-281-5512

2) Hakata Kenjo Dochu
Women in a "Hakata Kenjo-Obi" will parade through lighted-up Hakata area. There will be a music performance during the parade. The detailed course can be found on the website.

Date/Time: Oct. 17 (Sat.) 17:20 -20:00
Place: Hakata Area
Further Information:http://hakatakenjyou.wix.com/hakata (in Japanese)

Inquiries: Hakata Kenjo-Dochu Committee
Tel: 080-3988-3201 Fax: 092-531-9136 E-mail: hakatakenjo@gmail.com

3) Fukuoka Oktoberfest 2015
This is an annual event where you can enjoy more than 50 kinds of German beers. Admission free.

Date/Time: Oct. 16 (Fri.) - 25 (Sun.) 16:00 - 22:00 on weekdays, 11:00 - 22:00 on weekends.
Venue: Reisen Park (7 Kamikawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further information:http://forcasweb.com/oktoberfest/

Inquiries: Fukuoka Oktoberfest 2015 office
Tel: 080-4695-3572

4) Konjaku Biwa Emaki
Chikuzen-Biwa concert by the Chikuzen-Biwa preservation society.

Date/Time: Oct. 25. (Sun.) 13:30 - (Door opens at 13:00)
Venue: Fukuoka Meiji Yasuda Seimei Hall
(Meiji Yasuda Seimei Fukuoka Bldg. 8F, 5-6-20 Nakasu, Hakata-ku, Fukuoka)
Further Information:http://artlier.jp/events/detail527.html (in Japanese)

Inquiries: Chikuzen-Biwa preservation society (Aoyama)
Tel: 092-474-2973

5) Information from Italia Kaikan Fukuoka
< Jack Cantina one-man show >
Italian musician from Bologna, Italy.

Date/Time: Oct. 12 ( Mon.) 18:30- (Door opens at 17:30)
Venue: Centro Italiano di Fukuoka Spazio (Italia Kaikan Fukuoka)
(Tokirikyu Nakarikyu 2F, 1-18-25, Imaizumi, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Advance tickets 3,000 yen, On-the-day tickets 3,500 yen

< Kekko Fornarelli Trio First Performance in Japan>
An Italian trio led by internationally-acclaimed Italian pianist.

Date/Time: Oct. 15 (Thu.) 19:00- (Door opens at 18:00)
Venue: Gate's 7 (Gate's bldg. 7F, 33-7-24 Nakasu, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee: Advance tickets 4,000 yen, On-the-day tickets 4,500 yen (1 drink order required )

Further Information:http://www.jabup.com/ (in Japanese)

Inquiries:
Italia Kaikan Fukuoka Tel: 092-761-8570 E-mail: info@italiakaikan.com, Jabup Tel: 092-738-9088


5. David's Hakata Highlights
 
Orange Is the New Black

 Have you heard of online streaming? Online streaming services let you watch television shows and movies over the internet, whenever you like. Several such services recently started operating in Japan. They are extremely popular in many parts of the world, including in Australia. Japanese services offer content from all over the world, including Japan, America and the UK. Sometimes I feel like watching non-Japanese TV, and streaming services let me do this whenever I want for a small monthly fee. I recently started watching an American TV show online called Orange Is the New Black. Three seasons have already been made, but I am only partway through the second. From what I've seen so far, I would definitely recommend it. It's quite a confronting TV show, and I think Japanese audiences might find it quite shocking. But this is part of the reason it has been so successful. Here are a few other reasons why I think this show is so great:

1. Almost the whole cast is female
 Have you ever noticed that most television and movies have men in the leading roles? Not in Orange Is the New Black. This show is set in a women's prison, so naturally almost all of the characters are female. The drama begins just before the main character, Piper, begins her sentence. She finds her fellow prisoners divide themselves into groups or cliques, and she must learn what to do and what not to do to fit in and survive.

2. The characters are diverse
 The prisoners are all women, but they are incredibly diverse, and nobody conforms to stereotypes. This makes for an original and intriguing storyline. There's no typical mother or housewife role that you'll see in many television shows or movies. Some of the women are violent and intimidating, others are calm and deeply religious. There are heterosexual and homosexual characters, and lots of homosexual intimacy. There is a transgender woman, and we learn some of the struggles that she has gone through. The characters are ethnically diverse too, with Asian, Hispanic, Black and White characters in leading roles. There is not another show I can think of with so many interesting and diverse characters.

3. The stories are eye-opening
 It's probably hard to feel much sympathy for criminals, but Orange Is the New Black provides some insight into the reality of incarceration, and the characters' individual stories remind us that the fact that someone committed a crime does not always reveal the whole story. The show doesn't focus so much on the characters' crimes, but on their stories before entering the women-only prison, and their struggles through the rehabilitation processes (or lack thereof). If you have assumptions about "criminals" or others, such as anyone to whom you could apply a certain label (e.g.: "woman," "gay," "foreigner," "Muslim," etc.), then Orange Is the New Black will hopefully make you think twice.

 As I said at the beginning of this column, I think Japanese audiences will find Orange Is the New Black quite confronting. Indeed, Australian or American audiences would probably be shocked by it too. We think we know a lot about the world we live in, but this drama reminds us that there's so much we're not aware of, and much of it is not far from home. If you ever get a chance to watch this show, try to avoid making comparisons between the America depicted on the screen and the Japan you are familiar with. Don't assume that anything that happens in Orange Is the New Black could never happen in Japan. Rather, be aware that no matter how familiar you are with the world around you, there is still so much more that you could learn about.

David Smith




福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
 2) ホストファミリー登録説明会
 3) 福岡韓国語弁論大会 聴講者募集
 4) 国際協力フェスタ地球市民どんたく2015 来場者募集
 5) 第11回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
 6) 第13回 外国人による日本語スピーチコンテスト来場者募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) マイナンバー制度
 2) こくさいひろばからのお知らせ
 3) シネラ情報
 4) 伝統芸能入門

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) 福岡国際関係団体連絡会(FUKU-NET)第156回連絡会 一般公開講座 参加者募集
 2) JICAデスク福岡からのお知らせ
 3) Food EXPO Kyushu 2015 (九州うまいもの大食堂)
 4) ラテン文化センター ティエンポからのお知らせ
 5) APCCウィングキッズプログラム 第8期生募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) 博多灯明ウォッチング
 2) 博多献上道中
 3) 福岡オクトーバーフェスト2015
 4) 今昔琵琶絵巻
 5) 九州国立博物館10周年記念特別展「美の国 日本」
 6) イタリア会館・福岡からのお知らせ
 7) 話してみよう韓国語−韓国語コンテスト−
 8) 映画「ハーフ」をみて語ろう

5. デイビッドの博多ハイライト

 「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています

日時:10/15(木) 18:30〜20:00
語り手: アユ ウラン プルナマサリさん (インドネシア・バリ島出身)
     福岡外語専門学校 ビジネスコース 
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
    ※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

問合せ:福岡外国人学生支援の会
Tel: 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 E-mail:attaka@rainbowfia.or.jp

2) ホストファミリー登録説明会
ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:10/18(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室(福岡市中央区天神1-7-11イムズ8階)
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を10/11(日)までに下記問合せへ。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html#A01

問合せ:レインボープラザ
Tel : 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 E-mail: hostfamily@rainbowfia.or.jp

3) 福岡韓国語弁論大会 聴講者募集
福岡都市圏の韓国語学習者が、韓国の魅力、韓国の方との交流経験など、様々な内容を韓国語で弁論します。是非ご来場ください。日韓国交正常化50周年記念コンサートとしてチョウ・アラムさんによるエレクトリックヴァイオリン演奏も行われます。入場無料・申込み不要です。

日時:11/29(日)13:15〜17:00
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ、福岡県福岡市 中央区荒戸3丁目3-39)

問合せ:福岡県日韓親善協会
Tel: 092-471-0904(平日9:00〜17:00)Fax: 092-483-2677

4) 国際協力フェスタ地球市民どんたく2015 来場者募集
地元福岡で国際協力・国際交流活動を行っているNGOなどが一堂に会して、活動紹介を行うイベント「地球市民どんたく」を開催します。当日は、写真やパネルの展示やワークショップでの参加団体の日頃の活動紹介、景品の当たるスタンプラリー、フェアトレード製品の販売、アジアやアフリカなどの民族衣装の着付け体験など盛りだくさんの内容で、身近なところから始められる国際協力・国際交流について理解を深めることのできるイベントです。入場無料、予約不要ですので、奮ってご来場ください。

日時:11/14(土)、15(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」(福岡市中央区天神1-1)
詳細はこちら:http://chikyushimin.jimdo.com/

5) 第10回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
新しく福岡に来た外国人学生を歓迎し、一緒にレクリエーションで交流します。皆さんのご参加をお待ちしています。参加無料、要事前申込。

日時:11/7(土)10:00〜14:00
集合:舞鶴公園西広場(芝生広場)(地下鉄大濠公園駅より徒歩5分)
募集:市民参加者200名、外国人学生200名(いずれも先着順)
締切:10/16(金)17:00

問合せ・申し込み:福岡外国人学生支援の会事務局(レインボープラザ)
電話:092-733-2220 ファックス:092-733-2215 Email: attaka@rainbowfia.or.jp

6) 第13回 外国人による日本語スピーチコンテスト来場者募集
日本語学校の学生や日本語教室の学習者が日本での生活で感じていることなどをスピーチをします。あなたが知らない日本を発見しませんか?予約不要、入場無料です。

日時:10/18(日)10:00〜15:00(予定)
会場:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)1階 (福岡市中央区荒戸3-3-39)


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) マイナンバー制度
まもなく「マイナンバー制度」がスタートします。マイナンバーは一人に一つだけの番号で、役所などでの手続きに必要となる大切なものです。自宅に市町村から「通知カード」が入った封筒が送られてきます。「通知カード」と一緒に届く申込書に必要事項を記入し返信すると、「個人番号カード」がもらえます。「個人番号カード」にはマイナンバーが書いてあり、身分証明書にもなります。マイナンバーを不正に利用されないように、必要がなければ他の人にマイナンバーを教えないようにしましょう。

問合せ:マイナンバーコールセンター
Tel: 0570-20-0178(日本語)、0570-20-0291(英語・中国語。韓国語・スペイン語・ポルトガル語)
※(IP電話等でつながらない場合は050-3816-9405
月曜日〜金曜日 9:30〜20:00、土日祝日(年末年始を除く) 9:30〜17:30

2) こくさいひろばからのお知らせ
<留学体験談ひろば>
留学経験者の体験談を聞くイベント。全3回。第2回はカナダです。参加無料、要申込み。
日時:10/17(土)14:00〜
会場:こくさいひろば(福岡市中央区天神アクロス福岡3F)

問合せ:(公財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200 Fax: 092-725-9206

<平成27年度 グローバルステージ in BOLIVIA ・in SEATTLE>
福岡県内の青年を海外福岡県人会が存在する国に派遣する"グローバルステージ事業"。
今年度、在ボリビア福岡県人会およびシアトル・タコマ福岡県人会に派遣された参加者による体験報告会です。参加無料、要申込み。
日時:10/18(日)15:00〜16:30 (開場:14:30)
会場:こくさいひろば(福岡市中央区天神アクロス福岡3F)

問合せ:海外県人会人材育成・活用推進事業実行委員会事務局((公財)福岡県国際交流センター内)
Tel: 092-725-9204 Fax: 092-725-9205 E-mail: exchange@kokusaihiroba.or.jp

3) シネラ情報
会場は両プログラムともに福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道3-7-1)です。

<ドキュメンタリー・パノラマ>
アジアをテーマとしたドキュメンタリー映画の秀作の特集。

期間:10/24 (土)まで
観覧料:大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch2710docpanorama.html

<アジアのドキュメンタリー>
図書館収蔵のドキュメンタリー映画の特集

期間:10/28 (水)〜10/31 (土)
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch2710ajiadokyumentari.html

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) 伝統芸能入門
伝統芸能を観たことがない人のための、気軽な入門イベントシリーズの第1弾です。今回のテーマは「文楽」です。先着100名。

日時:10/18(日)14:00 開演
会場:あじびホール(福岡市 博多区下川端町3-1 福岡アジア美術館8F)
料金:1,000円
詳細はこちら:http://artlier.jp/events/detail539.html

問合せ:福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6265 (平日10:00〜17:00) E-mail: ffac-02@ffac.or.jp

5) 九州国立博物館10周年記念特別展「美の国 日本」
縄文時代から鎌倉時代にいたるまでの日本美術の至宝を公開。

期間:10/18(日)〜11/29(日)
場所:九州国立博物館(福岡県太宰府市石坂4-7-2)
料金:一般 1,600円(前売り1,400円)高大生 1,000円(800円)小中生600円(400円)

問合せ:NTTハローダイヤル
Tel: 050-5542-8600


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡国際関係団体連絡会(FUKU-NET)第156回連絡会 一般公開講座 参加者募集
福岡から世界へ発信されている技術等について話を聞き、福岡の強みや魅力を再発見する講演会を開催します。一般の方もご参加いただける一般公開講座となっております。講演会終了後には、簡単なお茶とお菓子を準備して、参加者の皆さんと自由に交流ができる情報交換カフェ(交流会)の時間もありますので、お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

講演テーマ:「福岡の強みを知る〜世界へ羽ばたく福岡の技術再発見〜」
開催日時:10/22(木)14:00〜16:30
会場:福岡よかトピア国際交流財団 大会議室(福岡市中央区天神1-10-1号 福岡市役所北別館5階)
申込締切:10/15(木)

問合せ:(公財)福岡よかトピア国際交流財団内 FUKU-NET事務局
Tel: 092-733-5630

2) JICAデスク福岡からのお知らせ
<2015年度JICAボランティア秋募集「体験談&説明会」開催>
2015年度JICAボランティア秋募集の締め切りは11月2日(月)です。体験談&説明会も開催されてます。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

青年海外協力隊(応募資格:満20歳〜満39歳 日本国籍の方)
シニア海外ボランティア(応募資格:満40歳〜満69歳 日本国籍の方)
日時・場所:10/7(水) 19:00 ハイネスホテル久留米 雅・楓の間
        10/18(日)10:00 博多バスターミナル9F大ホール
        10/21(水)19:00 ステーションホテル小倉 吉祥

<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!
日時:10/14 (水) 19:00〜21:00
場所:九州海外協力協会 (福岡市博多区博多駅前3-10-34 Mビル3号館2F AB号室)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。相談場所はレインボープラザです。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel: 092-733-5638 E-mail: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3) Food EXPO Kyushu 2015(九州うまいもの大食堂)
九州のおいしいものが大集合するグルメイベント。子どもから大人まで楽しめる多彩なイベントも盛りだくさんです。

日時:10/9(金)〜10/12(月・祝)10:00〜20:00(初日は11:00から、最終日は16:00まで)
会場:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1)
詳細はこちら:https://www.food-expo-kyushu.jp/

問合せ:Food EXPO Kyushu 2015実行委員会 事務局
Tel: 092-441-1119

4) ラテン文化センター ティエンポからのお知らせ
<Hayakawa Teruggi Trio(ハヤカワ・テルージ・トリオ) タンゴコンサート&ミロンガ>
芸術音楽と伝統音楽がクロスオーバーする "新生タンゴ"、福岡初公演。コンサートとタンゴパーティー「ミロンガ」の2部構成です。ミロンガではアルゼンチンから来日中のダンサーによるパフォーマンスも予定。

日時:10/18(日)第1部 コンサート 開場 18:00 開演 18:30 第2部 ミロンガ 21:00〜 
会場:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo 11511ビル3F)
料金:コンサートの部 3,500円、ミロンガの部 2,500円、通し券 4,500円
(全席自由、入場時別途500円のワンドリンクチケット購入が必要)

<エレン・オレリア ジャパンツアー2015福岡公演>
型にはまらない圧倒的な歌唱力と表現力でブラジル国内外において高い評価を受けるブラジル音楽界の新星、エレン・オレリアの初来日公演。日・ブラジル外交関係樹立120周年を記念して行われるイベントの一つです。

日時:10/30(金)開場 19:30 コンサートスタート 21:00
会場:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo 11511ビル3F)
料金:前売り2,500円 当日3,000円
(全席自由、入場時別途500円のワンドリンクチケット購入が必要)

詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/news_jp.html

問合せ:ラテン文化センターティエンポ
Tel: 092-762-4100 Fax: 092-762-4104 E-mail: eventos@tiempo.jp

5) APCCウィングキッズプログラム 第8期生募集
アジア太平洋こども会議・イン福岡が提供する、約1年半にわたって行われるキッズプログラムです。日本や福岡の歴史、文化を学んだり、海外でのホームステイなどを通じて国際感覚を身につけましょう。
応募方法等詳細についてはこちら:http://www.apcc.gr.jp/cms/news/archives/286

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡 事務局(担当:財津)
Tel: 092-734-7700 Fax: 092-734-7711 E-mail: info@apcc.gr.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 博多灯明ウォッチング
秋の博多を灯明で照らす幻想的なイベントです。

日時:10/17(土)18:00〜21:00(小雨決行)
会場:博多部一帯
詳細はこちら:http://hakata-toumyou.com/

問合せ:博多部まちづくり協議会
Tel: 092-281-5512

2) 博多献上道中
「博多献上帯」姿の女性たちが、灯明に彩られた博多のまちを情緒たっぷりに練り歩きます。道中では、三味線と笛の演奏も披露され、秋夜に合う雰囲気たっぷりのイベントです。

日時:10/17(土)17:20〜20:00
開催場所:川端商店街、JR博多駅〜御供所地区
詳細はこちら:http://hakatakenjyou.wix.com/hakata

問合せ:博多献上道中実行委員会
Tel: 080-3988-3201 Fax: 092-531-9136 E-mail: hakatakenjo@gmail.com

3) 福岡オクトーバーフェスト2015
50種類のドイツビールが勢ぞろいする毎年恒例のイベントです。入場無料。

日時:10/16(金)〜10/25(日)平日16:00〜22:00、土日11:00〜22:00
会場:冷泉公園特設会場(福岡県福岡市博多区上川端町7)
詳細はこちら:http://forcasweb.com/oktoberfest/

問合せ:福岡オクトーバーフェスト実行委員会
Tel: 080-4695-3572

4) 今昔琵琶絵巻
筑前琵琶保存会による演奏会です。

日時:10/25(日)13:00開場 13:30 開演
会場:福岡明治安田生命ホール(福岡市博多区中洲5-6-20 明治安田生命福岡ビル8F)
入場料:前売り 1,500円、当日 2,000円(全席自由)
詳細はこちら:http://artlier.jp/events/detail527.html

問合せ:筑前琵琶保存会(青山)
Tel: 092-474-2973

5) イタリア会館・福岡主催イベント
詳細はこちら:http://www.jabup.com/

<Jack Cantina ワンマンショー>
イタリア・ボローニャ出身のミュージシャン、ジャック・カンティナの初来日ライブ。

日時:10/12(月)18:30開演 17:30開場
会場:イタリア会館・福岡 Spazio(福岡市中央区今泉1-18-25 季離宮 中離宮2F)
料金:前売り3,000円、当日券 3,500円

<Kekko Fornarelli Trio 初来日公演>
国際的に評価されているイタリアのピアニスト、ケッコ・フォルナレッリが率いるピアノトリオのライブ。

日時:10/15(木)19:00 開演 18:00開場
会場:Gate's 7(福岡市博多区中洲33-7-24 Gate'sビル7F)
料金:前売り 4,000円、当日券 4,500円(要ワンドリンクオーダー)

問合せ:
イタリア会館・福岡 Tel: 092-761-8570 E-mail: info@italiakaikan.com、ジャブアップ Tel: 092-738-9088

6) 映画「ハーフ」をみて語ろう
ハーフの女性監督二人による、ハーフたちの本音に迫ったドキュメンタリー映画。

日時:10/17(土)13:00〜17:40
会場:福岡市男女共同参画推進センター・アミカスホール(福岡市高宮3-3-1)
料金:前売り600円、当日 1,000円、小学生〜18歳以下 無料(保護者同伴に限る)
詳細はこちら:http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/eguide/event.php?eid=713

問合せ:アジア女性センター
Tel/Fax: 092-513-7333 E-mail: awc-a@atlas.plala.or.jp

7) 「 話してみよう韓国語」福岡大会出場者募集
韓国語を母語としない中学生以上の方で国籍は問いません。スキット、スピーチで韓国語の発音や表現力を競います。中高生スキット部門、一般スキット部門、スピーチ部門の3部門が開催されます。

日時:12/12(土)13:00〜(予定)
応募締切:11/15(日)必着
会場:福岡国際会議場4階中会議室(福岡市博多区石城町2-1)
詳細はこちら:http://www.k-culture.jp/news_contents_view.php?page=1&number=232

問合せ:大阪韓国文化院
Tel: 06-6292-8760 E-mail: osaka@k-culture.jp

5. デイビッドの博多ハイライト

「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」

オンライン・ストリーミングって、聞いたことありますか?このサービスで、テレビや映画などの映像を、ネットを使っていつでも観られることができます。いくつかのストリーミングサービスが最近、日本で営業開始をしました。ストリーミングはオーストラリアを含めて、世界中の多くの地域でとても人気があります。日本のサービスでは日本のテレビや映画も観られますし、アメリカやイギリスなどの映像もたくさんあります。僕はたまに日本以外のテレビが観たくなるので、月額料金を払ったらいつでもできて便利です。この前、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」というアメリカのテレビドラマをネットで観始めました。このドラマはもうすでにシーズン・スリーまで作っていますが、僕はまだシーズン・ツーの途中までしか観ていません。それでも、今のところ少ししか観ていないのにとてもおすすめです。内容はかなり衝撃的です。日本人はショックを受ける人もいるだろうと思います。でもこれが好評の理由の一つだと思います。僕が面白いと思う理由をここで紹介します。

1.出演者のほとんどが女性
ほとんどの映画とドラマの主役が男性だということに気が付いたことありますか?「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」は違います。女性刑務所が舞台で、当然、登場人物のほとんどが女性です。主役のパイパーが刑期を始める直前からストーリーが始まります。刑務所に入ったら、他の囚人がグループに分かれているのが分かり、そこから新しい環境に溶け込んで生き残るために何をしたら、何をしなかったらいいかを学んでいきます。

2.登場人物は多様
囚人はすべて女性ですが、彼女たちはとても多様でステレオタイプに従う人はいないと思います。だからストーリーはオリジナルで好奇心をそそります。多くのドラマなどに出る典型的なお母さん役とか主婦役とかもいません。ある女性は暴力的で怖い、でも他の囚人は冷静で信仰が厚い。異性愛と同性愛の登場人物もいて、同性愛の肉体関係もたくさん。登場人物は民族的にも多様で、アジア系、ヒスパニック系、黒人、白人もいます。こんなに多様性のある登場人物は他のドラマにないと思います。

3.登場人物のそれぞれの背景のストーリーに目を見張る
犯罪者に共感するのは難しいだろうと思いますが、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」では投獄の実態を少し理解できるようになりますし、ある人が犯罪を起こしたということが、必ずしも全体の事情を明らかにするわけではないというのを思い知らされます。このドラマではそれぞれの犯罪より、女性刑務所に入る前のストーリーと、社会復帰へのプロセスがメインになります。「犯罪者」や他の人(例えば「女性」、「ゲイ」、「外国人」、「イスラム教徒」など)についての思い込みがあったら、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」を観たら考え方が変わってくるだろうと思います。

今回のコラムの始まりに日本人はショックを受けると書きました。もちろん、オーストラリアやアメリカの視聴者もそうだろうと思います。私達は自分が住んでいる世界のことを良く知っていると思っていますが、このドラマを観ると、周りの身近な世界にも知らないものがたくさんあることを思い知らされます。もしドラマを観る機会があったら、これはあくまでもドラマの世界だということを忘れないでください。「日本ではこんなことあり得ない!」と思いながら楽しむのもいいですが、おそらくアメリカの人も、オーストラリアの人もあり得ないと思っています。それよりも、どれほど良く知っていると思っていてもまだまだ知らないことが世界にあるということを意識しながら観るとさらに興味深いと思います。

デイビッド・スミス




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/