Fukuoka City International Foundation Mail Magazine vol.165   5 February 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Sagemon are traditional decoration famous in Yanagawa City. The Sagemon Festival, an annual event in Yanagawa, will be held from February 11. Enjoy the many events and sights to see.


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
柳川では毎年恒例のさげもんめぐりが2月11日から始まります。様々なイベントも開催されるので観光にでかけてみてはいかがですか?


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
 1) Information on the cancellation of free health consultation sessions
 2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and other Affiliated Organizations
 1) Cine-la Information
 2) Art Nouveau Glass Exhibition
 3) Creation Support for International Theatres Project "Asian Parallax"

3. News from FUKU-NET Members
 1) Sakura Tango Festival in Fukuoka

4. News from related International Organizations in Fukuoka, etc.
 1) Japan Umeshu Festa in Fukuoka
 2) Mochi-tsuki in Hakata
 3) Super Kabuki II "ONE PIECE"
 4) Opera in Kyogen Style

5. David's Column

Reverse Culture Shock?


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Information on the cancellation of free health consultation sessions
As the IMS building will be closed on February 17th, health consultations on that day have been cancelled. We apologize for any inconvenience.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which an international student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: Feb. 18 (Thu.) 18:30 - 20:00
Lecturer: Mr. Danilo Vasconcellos Vargas (Sao Paulo, Federative Republic of Brazil)
Kyushu University, Graduate School of Information Science and Electrical Engineering
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation

* Please enter from the side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Attaka Fukuoka (Rainbow Plaza)
Tel: 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 Email: attaka@rainbowfia.or.jp

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Cine-la Information
< Korean Cinema 1934 − 1959: Its Foundation and Burgeoning>
Special program in commemoration of the 50th anniversary of the normalization of diplomatic relations between Japan and South Korea. No English subtitles.

Duration: Until Mar. 6 (Sun.)
Venue: Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 500 yen, H.S. & Univ. student 400 yen, Elem. & J.H.S. student 300 yen
Further Information: http://www.cinela.com/schedule/jsch2802korea.html (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Public Library Cine-la
Tel: 092-852-0600
2) Art Nouveau Glass Exhibition
"Art Nouveau Glass" collection from the museum Kunstpalast Dusseldorf.

Duration: Feb. 11 (Thu.) − Mar. 27 (Sun.) 9:30 − 17:30 (last admission: 17:30)
Fee: 1,300 (Advance 1,100) yen, H.S. & Univ. student 800 (600) yen, Elem. & J.H.S. student 500 (300) yen
Venue: Fukuoka City Museum (Momochihama 3-1-1, Sawara-ku, Fukuoka)
Further Information: http://museum.city.fukuoka.jp/en/

Inquiries: Fukuoka City Museum
Tel: 092-845-5011 Fax: 092-845-5019
3) Creation Support for International Theatres Project "Asian Parallax"
As part of the Fukuoka-Busan art exchange effort promoted in recent years, three groups will perform their unique theatre pieces with four guests from Korea, Singapore, Hong Kong and Japan. A special invitation for foreigners is available for a limited number.

Date/Time: Feb. 27 (Sat.) 13:00 − 17:30, Feb. 28 (Sun.) 13:00 − 17:00
Venue: SKALA ESPACIO (B2 F.T Bldg., 4-8-28 Watanabe-dori, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 3,000 yen (On-the-day 3,500 yen), H.S Students and under 1,000 yen (1,500 yen)
Further Information: http://artlier.jp/data/events/660_569f12209e12e.pdf

Inquiries: Fukuoka City Foundation for Arts and Cultural Promotion
Tel: 092-263-6266 Fax: 092-263-6259 E-mail: ffac-04@ffac.or.jp

3. News from FUKU-NET Members
 
1) Sakura Tango Festival in Fukuoka
An unique tango festival in Kyushu in which dancers and musician come from all over the world to participate. You can also enjoy a variety of events such as a documentary film and a music concert.

Duration: Mar. 24 (Wed.) − Mar. 27 (Sun.)
Venue: Nishitetsu Hall (6F SOLARIA STAGE, 2-11-3 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Tiempo Hall (3F Daimyo11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Further Information: http://www.sakuratango.com/home_en.html

Inquiries: NPO TIEMPO Iberoamericano
Tel: 092-762-4100 Fax: 092-762-4104 E-mail: sakuratangofestival@tiempo.jp

4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Japan Umeshu Festa in Fukuoka
This is an event where you can enjoy more than 150 types of Umeshu (Plum Wine).

Duration: Feb. 11 (Thu.) − Feb. 14 (Sun.) 10:00 − 17:00 (until 16:00 on the last day)
Venue: Dazaifu Tenmangu (4-7-1 Saifu, Dazaifu City, Fukuoka)
Further Information: http://umeshu-fukuoka.jp/index.php (in Japanese)

Inquiries: Japan Umeshu Festa in Fukuoka Executive Committee
Tel: 092-524-7130

2) Mochi-tsuki in Hakata

An annual event for making rice cakes.
Date/Time: Feb.7 (Sun)
Venue: Hakata Machiya Folk Museum (6-10 Reisenmachi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further Information: http://www.hakatamachiya.com/english

Inquiries: Hakata Machiya Folk Museum
Tel: 092-281-7761 Fax: 092-281-7762

3) Super Kabuki II "ONE PIECE"
This is a special opportunity to watch the popular Japanese manga "ONE PIECE" performed in the Kabuki style. Tickets can be purchased online from 13th February (or from 14th February at the ticket office.)

Duration: Apr. 2 (Sat.) − Apr. 26 (Tue.)
Venue: Hakataza Theatre (2-1 Shimokawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further Information: http://www.hakataza.co.jp/lineup/h28-4/index.php (in Japanese)

Inquiries: Hakataza Theatre Reservation Call Center
Tel: 092-263-5555

4) Opera in Kyogen Style
"Cosi fan tutte", one of Mozart's masterpiece operas, will be performed in the Kyogen (traditional comedic storytelling) style.

Date: Feb. 21 (Sun.) 14:00-, 18:00-
Venue: Munakata Yurix Harmony Hall (400 Kubara, Munakata City, Fukuoka)
Fee: Adult 4,000 yen, Student (Elem., J.H.S., & H.S. student) 2,000 yen
Further information: http://yurix.munakata.com/event/music/160221.html (in Japanese)

Inquiries: Munakata Yurix
Tel: 0940-37-1311 Fax: 0940-37-1359 E-mail: info@yurix.munakata.com

5. David's Column
 
 Reverse Culture Shock?

As I mentioned in my last column, I spent the Christmas and New Year break in Australia with family and friends. Arriving in Sydney on Christmas Eve, I spent the next two and half weeks on a 3400km road trip around the southeast of the country. None of the places I went to were new to me, but having been in Japan for quite some time, I found myself once again noticing some cultural differences between Australia and Japan. Here are a few examples.

People are really talkative. I noticed this almost every day. In Japan, shop clerks say "irasshaimase," but it's not often that I engage in a conversation with them. Back home though, at almost every store the staff will greet you and ask how your day has been or your plans for the holidays etc. Strangers on the street often strike up a conversation. Little kids came up to me to show me their new Christmas presents. I'm not sure why, but they did.

You can't do much without a car. Well, this isn't true if you're in central Sydney or Melbourne, but it is definitely the case if you are in the suburbs of Canberra, or Broken Hill. In these parts, hardly anyone lives in apartments, and pretty much every house has both a front and a back garden attached. And there's much more greenspace than, say, Fukuoka. This means everything is really spread out, and it's hard to do much without a car. The fact that almost everyone has a car, and uses it, means buses are infrequent, and relying on them means losing time for other things.

You should hand your money to shop or restaurant staff. This one is pretty minor, but something I was reminded of nevertheless. I remember back to my university days when I worked in a clothing store on weekends. It used to bother me when customers placed their money on the counter, rather than hand it to me directly. Having been in Japan so long, I've grown used to placing cash on the counter or on those trays. I went to a cafe in Australia with my friend who has visited Japan many times, and he reminded me that it was a no-no. I felt rude and embarrassed.

Everything is expensive. Not so much a cultural difference… but definitely something to be aware of if you're travelling to Australia. Don't expect to find a decent, filling lunch for less than \1000 like you would in Japan. Alcohol can be two or three times as pricey in Japan, and if you smoke, you'll have to fork out about five or six times as much money for a box of cigarettes than you would in Japan. Even the Wi-Fi at hotels often comes with an additional usage fee ($17/night at the place I stayed in Melbourne).

The dress code near the beach is very relaxed. Obviously if you're at the beach itself, it is normal to see most people around you in their bathers and with no shoes on. It might surprise Japanese people to know that hardly anyone would bat an eyelid if you were barefoot and just in your swimmers at one the many cafes or restaurants that face the more popular beaches back home. In fact, while I was back home there was a segment on a talk show about the dress code at McDonald's, with most people agreeing that if the restaurant is near a beach or pool, you don't need to wear a shirt. Next time you're in Australia, why not give this a go?

David Smith



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
 2) 健康相談お休みのお知らせ
 3) ホストファミリー登録説明会
 4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) シネラ情報−韓国映画1934−1959 創造と開花−
 2) こくさいひろばのイベント
 3) デュッセルドルフ美術館所蔵「 アール・ヌーヴォーのガラス」展
 4) 第7回グローバルステージFUKUOKA
 5) 国際舞台創造支援事業『Asian Parallax』

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) 第28回アジア太平洋こども会議・イン福岡 ホストファミリー募集
 2) 第3回 桜タンゴフェスティバルin 福岡
 3) JICAデスク福岡からのお知らせ

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) 全国梅酒まつり
 2) 博多のもちつき
 3) 日本語ボランティア研修会
 4) スーパー歌舞伎II ワンピース
 5) 狂言風オペラ

5. デイビッドのコラム

  逆カルチャーショック?


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
アジア太平洋を中心とした国と地域の言語を学ぶ「留学生から学ぶ外国語教室」では、平成28年度の受講生を募集しています。韓国語、中国語のほか、ミャンマー語、アラビア語、スペイン語など様々な教室があります。幅広い年齢、職業の皆様に講師である留学生との交流を通じて、言葉だけではなく各国と地域の文化や社会などについても学んでいただける教室です。詳細はホームページ(2月8日〜)をご覧ください。

申込期間:2/8(月)〜3/14(月)
※申込書は2/8よりホームページからもダウンロードできます。
場所:福岡学生交流会館(福岡市博多区店屋町4-1)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ:留学生から学ぶ外国語教室担当
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net

2) 健康相談お休みのお知らせ
2月17日(水)の無料健康相談は、イムズの休館日に伴いお休みさせていただきます。
相談をご希望の方はご注意ください。

3) ホストファミリー登録説明会
ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:2/21(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室(福岡市中央区天神1-7-11イムズ8階)
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を2/14(日)までに下記問合せへ。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html#A01

問合せ:レインボープラザ
Tel : 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 E-mail: hostfamily@rainbowfia.or.jp

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています

日時:2/18(木) 18:30〜20:00
語り手: ダニロ ヴァスコンセロス ヴァルガスさん(ブラジル連邦共和国サンパウロ出身)
九州大学 システム情報科学府
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
   ※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:福岡外国人学生支援の会
Tel: 092-733-2220 Fax: 092-733-2215 E-mail:attaka@rainbowfia.or.jp

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ情報−韓国映画1934−1959 創造と開花−
日韓国交正常50周年特別企画です。

期間:3/6 (日)まで
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch2802korea.html

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600 Fax: 092-852-0609

2) こくさいひろばのイベント
イベントは全てこくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡3階)で開催されます。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/event/

<留学体験談ひろば第6回−中国へ行こう!>
台湾留学経験者の話が聞けるイベント。要申し込み。

日時:3/6(日)14:00〜
参加費:無料

<こくさいひろばカフェで世界一周>
今回はエジプト、オーストラリアの出身の2人の講師が、外国や日本での活動を紹介します。要申込みです。

日時:3/13(日)14:00〜14:00
参加費:一般300円、賛助会員無料

<第4回 日本国際問題研究所国際セミナー>
「グローバル社会における多文化共生」、「ロシアの外交と安全保障」をテーマにしたセミナーです。要申込み。

日時:2/16(火)18:00〜19:30
参加費:無料
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/news/detail/?content_id=2064

問合せ:(公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200 Fax: 092-725-9206

3) デュッセルドルフ美術館所蔵「 アール・ヌーヴォーのガラス」展
アール・ヌーヴォーの作品135点の展示です。

会期:2/11(木)〜3/27(日)9:30〜17:30(入館は17:00まで)
料金:一般1,300円(前売り1,100円)、高大生 800円(600円)、小中生500円(300円)
会場:福岡市博物館(福岡市早良区百道浜3-1-1)
詳細はこちら:http://museum.city.fukuoka.jp/

問合せ:福岡市博物館
Tel: 092-845-5011 Fax: 092-845-5019

4) 第7回グローバルステージFUKUOKA
世界で活躍する福岡県人を講師として迎え、「子どもたちが世界で一番幸せを感じる国・オランダのひみつ」をテーマにセミナーが開催されます。参加無料、2月12日(金)までに申込みが必要です。

日時:2/14(日)14:00〜
会場:アクロス福岡こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F)
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/news/detail/?content_id=2053

問合せ:海外県人会人材育成・活用推進事業実行委員会
Tel: 092-725-9204 Fax: 092-725-9205 E-mail: exchange@kokusaihiroba.or.jp

5) 国際舞台創造支援事業『Asian Parallax』
韓国・シンガポール・香港・日本の4ヶ国からゲストを招き、近年の福岡−釜山の芸術交流の中で、手法の開発に取り組んでいる3団体の舞台を上演します。28日にはパネルディスカッションも開催されます。

日時:2/27(土)13:00〜17:30 2/28(日)13:00〜17:00
会場:スカラエスパシオ(福岡市中央区渡辺通4-8-28 F.TビルB2F)
料金:一般3,000円(当日3,500円)、高校生以下1,000円(1,500円)
※枚数限定で外国人の方を招待します。
詳細はこちら:http://artlier.jp/events/detail660.html

問合せ:(公財)福岡市文化芸術振興財団 舞台芸術振興課 担当:中原・山田
Tel: 092-263-6266 Fax: 092-263-6259 E-mail: ffac-04@ffac.or.jp

3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 第28回アジア太平洋こども会議・イン福岡 ホストファミリー募集
アジア太平洋各国・地域から来福するこども大使や引率者を受け入れます。

受入期間:7/15(金)〜24(日)※ホームステイ終了日はフライトスケジュールにより異なります。
締切:2/17(水)18:00必着(定員を超えなかった場合、第二次締切3/2(水)18:00必着)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/cms/invitation/about/participation

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)
Tel: 092-734-7700

2) 第3回 桜タンゴフェスティバルin 福岡
世界各地からダンサーやミュージシャンが来日する九州唯一のタンゴ国際フェスティバルです。ドキュメンタリー映画の上映やコンサートなどのイベントも多数開催されます。

日時:3/24(水)〜 3/27(日)
会場:西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6階)
ティエンポ・ホール(福岡市中央区大名1-15-11Daimyo11511ビル 3F)
詳細はこちら:http://www.sakuratango.com/

問合せ:ラテン文化センターティエンポ
Tel: 092-762-4100 Fax: 092-762-4104 E-mail: sakuratangofestival@tiempo.jp

2) 第3回 桜タンゴフェスティバルin 福岡
世界各地からダンサーやミュージシャンが来日する九州唯一のタンゴ国際フェスティバルです。ドキュメンタリー映画の上映やコンサートなどのイベントも多数開催されます。

日時:3/24(水)〜 3/27(日)
会場:西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6階)
ティエンポ・ホール(福岡市中央区大名1-15-11Daimyo11511ビル 3F)
詳細はこちら:http://www.sakuratango.com/

問合せ:ラテン文化センターティエンポ
Tel: 092-762-4100 Fax: 092-762-4104 E-mail: sakuratangofestival@tiempo.jp

3) JICAデスク福岡からのお知らせ
<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!
日時:2/19(水) 19:00〜21:00
場所:九州海外協力協会(福岡市博多区博多駅前3-10-34 Mビル3号館2F AB号室)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。相談場所はレインボープラザです。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel: 092-733-5638 E-mail: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 全国梅酒まつり
日本各地で作られる梅酒150種類以上が一堂に会するイベントです。

期間:2/11(木)〜2/14(日)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
場所:太宰府天満宮(福岡県太宰府市4-7-1)
詳細はこちら:http://umeshu-fukuoka.jp/index.php

問合せ:全国梅酒まつりin福岡 運営実行委員会
Tel: 092-524-7130

2) 博多のもちつき
「博多町家」ふるさと館で毎年行われる恒例イベントです。

日時: 2/7(日)
会場:「博多町家」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町6-10)
詳細はこちら:http://www.hakatamachiya.com/

問合せ:「博多町家」ふるさと館
Tel: 092-281-7761 Fax: 092-281-7762

3) 日本語ボランティア研修会
「フィリピンでの日本語指導(体験談)」−EPAフィリピン人看護師・介護福祉士候補者への現地日本語指導−をテーマとした研修会が開催されます。要申込みです。

日時:2/9(火)18:30〜20:00
会場:福岡市立青年センター5F「あすみん」セミナールーム(福岡市中央区大名2-6-46)
参加費:一般500円、会員無料
詳細はこちら:http://otanishoten.jp/hanasonet.html

問合せ:はなそうネット事務局
Tel: 080-3949-7693 E-mail: alikeito.g@gmail.com

4) スーパー歌舞伎II『 ワンピース』
国民的人気漫画「ONE PIECE」を歌舞伎で楽しめる機会です。チケットの発売は2月13日(土)からスタートです。(チケット売り場での発売は2月14日(日)から。)

公演期間:4/2(土)〜4/26(火)
会場:博多座(福岡市博多区志茂川端2-1 )
詳細はこちら:http://www.hakataza.co.jp/lineup/h28-4/index.php

問合せ:博多座電話予約センター
Tel: 092-263-5555

5) 狂言風オペラ
モーツァルトの傑作オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」を狂言風にアレンジして上演します。

日時:2/21(日)開演 1回目14:00、2回目18:00
会場:宗像ユリックスハーモニーホール(福岡県宗像市久原400)
料金:4,000円、学生(小学生〜高校生) 2,000円
詳細はこちら:http://yurix.munakata.com/event/music/160221.html

問合せ:宗像ユリックス
Tel: 0940-37-1311 Fax: 0940-37-1359 E-mail: info@yurix.munakata.com

5. デイビッドの博多ハイライト

逆カルチャーショック?

前回のコラムでも言いましたが、年末年始はオーストラリアで、家族と友達と一緒に過ごしました。クリスマスイブにシドニーに着いて、その後2週間半、東南部を回る3400キロの車での長旅を始めました。新しく行った町はなかったですが、長く日本に住んでいるので、自分の国に帰ったらいくつかの文化的な違いを改めて意識させられました。今回のコラムでその話をさせていただきます。

オーストラリア人はおしゃべりが好き。これはほぼ毎日思いました。日本では、お店に入ったら「いらっしゃいませ」と言われますが、それから会話が成り立つことは頻繁にあるとは言えません。でも帰っている間は、ほとんどのお店で店員に、例えば「こんにちは」「お元気ですか」「休みの予定は?」と、色々なことを聞かれます。町を歩いている時でも、知らない人から話をかけられます。小さい子供がサンタさんからもらったプレゼントを見せにきました。2回もありました。なんで僕に?と思いました。

車がないと困る。シドニーやメルボルンの中心部だったら問題はないですが、キャンベラの郊外やブロークンヒルに行くなら、車がなければ本当に移動が難しくなります。この辺りにはマンションが少なく、ほとんどの一軒家の前にも後ろにも(お)庭があります。そして福岡と比べて公園などの緑のエリアが広くて多いです。従って、町が広くてどこへ行こうと思っても車がないと難しいです。そしてほとんどの人は車を持っていて、その車はもちろん使っていますので、バスの本数が少ないです。バスに頼っていると他の事をする時間がなくなります。

お金は店員の手に直接渡す。これは小さな違いですが、それでも何回か再認識させられました。学生時代に洋服屋でアルバイトをしていたころ、お客さんがお金をカウンターに置くと、私は少し嫌な思いをしました。直接手に渡してほしかったのです。でも今は、日本に長くいるので、カウンターやトレイの上に置くのに慣れてきました。オーストラリアに帰っている間に、何度も日本に来たことある友達と一緒にカフェに行って、僕がお金をカウンターに置いたら彼に指摘されました。自分が失礼なことをして恥ずかしかったです。

何でも高い。これは文化的な違いではないが…でもオーストラリアに行くことを考えているのであれば、知っておいたほうがいいですね。日本みたいに、1000円で満腹になるランチは買えません。お酒は種類によりますが、日本の2〜3倍の値段をすることもあります。タバコは日本の4〜5倍。ホテルのWi-Fi(ワイファイ)でも、別料金がかかることは珍しくないです。私が泊まったメルボルンのホテルでも、Wi-Fiを使うなら一日17ドルでした。

ビーチ付近ではとてもリラックスした格好。もちろん砂浜の上や海の中では、裸足の水着姿はおかしくないです。でも日本人が驚くかもしれないのは、ビーチから少し離れたカフェやレストランの中でもこの格好の人もいるということ。実は、帰っている間にテレビのトークショーでこの話をしていました。マクドナルドに水着のまま入ってもいいかという質問に対して、ほとんどの人は海やビーチの近くなら問題ないと同意していました。次にオーストラリア行った時にやってみてはどうですか。


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/