Fukuoka City International Foundation Mail Magazine vol.167   5 April 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The new fiscal/school year has just started. Whether you have started on a new journey or not, it might be a good time to make a new fiscal/school year resolution.


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
いよいよ新学期が始まりました。新生活が始まった方も、今までと変わらない方も"新年度の計"を立ててみてはいかがでしょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  2) Home Visit Program for International Students
  3) Learning Foreign Languages from International Students 2016 starts in May

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations
  1) Fukuoka Marathon 2016 will Open for Applications
  2) Cine-la Information
  3) ROBOSQUARE Spring Festa

3. News from FUKU-NET Members
  1) Spring Italian Language Class

4. News from International Related Organizations in Fukuoka
  1) Japanese Language Proficiency Test
  2) Free Legal Counselling for Non-Japanese Residents
  3) Fukuoka Asian Art Museum "The Sparkling Garden of Chinese Realism"
  4) The Hakata Machiya Furusato-kan Looking for People to Join the Dontaku Parade

5. David's Column
     Why so popular?

1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 21 April (Thu.) 18:30 - 20:00
Lecturer: Mr. Louis Gaignard (Paris, France)
Graduate School of Economics, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation
* Please enter from the side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220
Email: attaka@rainbowfia.or.jp

2) Home Visit Program for International Students
The Home Visit Program introduces international students enrolled in colleges, junior colleges or language schools in the Fukuoka metropolitan area and Japanese families in Fukuoka interested in international exchange, providing the opportunity for them to meet regularly and deepen mutual understanding.
Participants and host families will have a meeting ceremony on Sunday, June 19th. Participating parties are expected to attend. If circumstances prevent members from participating, a private meeting will be arranged for a separate day.

Program Duration: July-September
Number of Applicants: 20
Closing date for the application by phone: 10 May

Further information:http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/08.html

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220

3) Learning Foreign Languages from International Students 2016 program starts in May
You will learn not only languages but also about each country's culture and society, from foreign students themselves.

Languages: Cambodian, Nepali, Portuguese, Burmese, Korean, Chinese
Applications will not be accepted once class capacity has been reached.
Further information:http://www.asia-kotoba.net (Japanese)

Inquiries: Office for Learning Foreign Languages from International Students 2016
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Fukuoka Marathon 2016 will open for applications!
Details of the Fukuoka Marathon 2016 have been determined and the tournament is will soon open for applications.

Date: 13 November (Sun.)
Events: marathon (42.195km), wheelchair race (5.2km) and fun run (5.2km)
Application: Online 10:00, 18 April (Mon.) - 17:00, 23 May (Mon.).
               By designated money transfer 18 April (Mon.) - 16 May (Mon.)
Further information:http://www.f-marathon.jp/ (Japanese)

Inquiries: Fukuoka Marathon Call Center
Tel: 092-711-4422

2) Cine-la Information
Films from Taiwan
A collection of films from Taiwan from the 1960s. Some films are English subtitled.

Duration: until 24 April (Sun.)
Fee: Adults: 500 yen, Univ. and High School Students: 400 yen, Jr. High School and Elem. school Students: 300 yen

PIA Film Festival in Fukuoka
Films do not have English subtitles. However Program F "Street of No Return" by S. Fuller is in English.

Duration: 29 April (Fri.) - 1 May (Sun.)
Fee: 900 yen/film (Advance ticket 700 yen), 2,400 yen/3 films (Advance ticket 1,800 yen), Students 600 yen/film,

Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Further information:http://www.cinela.com/english/cinelaschedule.htm

Inquiries: Cine-la
Tel: 092-852-0600

3) ROBOSQUARE Spring Festa
Come enjoy, learn and build at this Robot experience facility! Admission free.

Duration: until 8 May (Sun.)
Venue: ROBOSQUARE (TNC Bldg. 2F 2-3-2 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Further information:http://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/english/index

Inquiries: ROBOSQUARE
Tel: 092-821-4100


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Spring Italian language class
Beginner, beginner-intermediate, and intermediate conversation courses start in April.
Further information: http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/images/italian_2016spring.pdf (Japanese)

Inquiries: Associazione Italo-Giapponese di Fukuoka
Tel: 092(476)2153


4. News from International Related Organizations in Fukuokain Fukuoka, etc.
 
1) Japanese Language Proficiency Test
The Japanese Language Proficiency Test (JLPT) is a test for non-native speakers of Japanese which evaluates and certifies their Japanese-language proficiency.

Test date: 3 July (Sun.)
Application deadline: 28 April (Thu.) 17:00
Fee: 5,500 yen
Further information:http://info.jees-jlpt.jp/info/2016%E5%B9%B4%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%AE%9F%E6%96%BD%E6%A1%88%E5%86%85.html

Inquiries: JLPT Application Center
Tel: 03-6686-2974

2) Free Legal Counselling for Non-Japanese Residents
Fukuoka Bar Association offers free legal counselling for non-Japanese residents with interpreters. Reservation is required.

Reservation time: 10:00-16:00, Mon.-Fri. in Japanese; 10:00-13:00 on the second Fri. of every month in Chinese; 10:00-13:00 on the fourth Fri. of every month in Chinese and English
Consultation time: second Fri. of every month 13:00-16:00 in Chinese, fourth Fri. of every month 13:00-16:00 in Chinese and English
Venue: Fukuoka Bar Association, Tenjin Attorney Center (2F Mianamitenjin Bldg. 5-14-12 Watanabe-dori, Chuo-ku, Fukuoka)
Further information:http://www.fben.jp/whats/gaikokujin.htm (in Japanese)
http://www.fben.jp/whats/dl_data/gaikokugo.pdf (Japanese, English, Korean, Chinese)

Inquiries: Fukuoka Bar Association
Tel: 092-737-7555

3) Fukuoka Asian Art Museum-From the 12th Chinese National Exhibition of Fine Arts 2014 "The Sparkling Garden of Chinese Realism"
The National Art Exhibition, sponsored by the Chinese government, is held once in five years, and is the biggest and most authoritative exhibition in China.
76 artworks, including Chinese paintings, oil and water color, woodcuts, lacquerwares, sculptures, and animation films selected from "The 12th National Art Exhibition" will be exhibited.

Duration: 16 April (Sat.) - 22 May (Sun.)
Entrance fee: Adult 800 yen, College & High School Students 500 yen, Free for Secondary school and under
Hours: 10:00-20:00 (last admission 19:30)
Closed: Wednesdays and 6 May (Open 4 May (Wed.), 5 May (Thu.))
Further information:http://faam.city.fukuoka.lg.jp/eng/home.html

Inquiries: Fukuoka Asian Art Museum
Tel: 092-263-1100

4) The Hakata Machiya Furusato-kan is looking for people to join the Dontaku Parade
Whether you're Japanese or a foreigner, a tourist or a resident, an individual or a group, anyone can join the parade.

Date: 4 May (Wed., public holiday)
Meeting place: Hakata Machiya Furusato-kan (6-10 Reisenmachi, Hakata-ku, Fukuoka City)
In front of main gate of Kushida Shrine
Reception: 14:00-15:00
15:30-18:00 Participate in the parade after practicing
Fee plans: 2,000 yen (includes happi coat rental, shamoji rice paddles, tenugui cloth)
3,500 yen (includes happi coat, shamoji rice paddles, tenugui cloth)
*Junior high school students and below must be accompanied by their legal guardian. Participation is free. (Shamoji provided.)
No. Participants: 100 *Applications will not be accepted after this number is reached

Inquiries and Application: Hakata Machiya Furusato-kan
Email: machiya.okamura@top-crea.jp
Fax: 092-281-7762

5. David's Column
 
Why so popular?

  Remember Disney's Frozen? The movie was hugely successful worldwide, but it was particularly popular in Japan. The theme song was playing everywhere for months after the film's release. As anyone who has spent a long time living in a foreign country would do, I have picked up on quite a few peculiar things about Japan since I first came. These peculiarities extend to all aspects of life: language, culture, cuisine, etc. In this month's column I'd like to introduce a few examples of foreign media that, from my own experiences, seem to be much more popular here than at home.

  Perhaps the example I used above wasn't the best one. Frozen certainly was popular back in Australia, though I couldn't really observe its success, having been in Japan since it was released. But from what I have read online, it did not make as much an impact as it did in Japan. A better example may have been Stitch, from Lilo & Stitch. I have never seen this movie (another Disney animation), I have no idea what the story is about ? or even what Stitch is supposed to be ? but I see this character everywhere in Japan. And even now, 14 years since it was released. I'm sure most of my friends back home know as little about Stitch as I do. I have nothing bad to say about Stitch, but I wonder why he is so popular here in Japan.

  It's not just movies which enjoy surprising success in Japan. I have always found it odd how familiar my Japanese friends are with the cartoon Tom and Jerry and the American sitcom Full House. Sure, I have heard of them, so they must have been successful at least to some extent in Australia… but they're both before my time, especially Tom and Jerry (first released in the 1940s). Their popularity in Japan seems to transcend generational preferences. Another more recent example is 24. Am I missing out on something by not watching these shows?

  I've noticed this popular-in-Japan peculiarity with bands and singers as well. I recall one of my first ever karaoke sessions in Japan, about nine years ago when I was in Sapporo. My host mother was shocked that I had never heard a particular song by the Carpenters. Unfortunately I don't remember the song, but I have had this same experience more than once. My colleague tells me the Carpenters' songs are used in English classes, which would explain how well known they are in Japan.

  I'm sure there are many more examples of "big in Japan" artists or television series, etc. Those detailed above are just ones that I have come across, and is far from a completed list. And perhaps my understanding of the popularity of each example differs from everyone else's. My understanding, obviously, is shaped from my own experiences, so asking other foreigners living in Japan may garner completely different opinions.

David Smith



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
  1) 「平成28年度 第44回福岡・USオークランド青少年相互派遣事業」訪問団員募集
  2) ホストファミリー登録説明会
  3) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
  4) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集
  5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
  1) 平成28年度 第21回 福岡・イポー青少年相互派遣事業 訪問団員募集
  2) 福岡マラソンランナー募集
  3) シネラ情報
  4) ロボスクエアスプリングフェスタ
  5) 「青少年アンビシャスの翼」団員募集

3. FUKU-NET団体からの情報
  1) JICAデスク福岡からのお知らせ
  2) 春季イタリア語教室

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
  1) 日本語能力試験
  2) ハングル能力検定試験
  3) 九州中国帰国者支援・交流センターの支援
  4) 博多町屋ふるさと館どんたく隊参加者募集中
  5) 外国人無料法律相談
  6) 国連英検
  7) 福岡アジア美術館「中国リアリズムの煌めき」展
  8) 韓日交流 作文・フォトコンテスト
  9) フランス語スピーチコンクール

5. デイビッドのコラム

    過剰な人気?


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel: 092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 平成28年度 第44回 福岡・USオークランド青少年相互派遣事業 訪問団員募集
福岡市の姉妹都市である米国オークランド市(カリフォルニア州) へ派遣する訪問団員を募集します。福岡市の親善大使として、現地でのホームステイ等を通して日本とは異なる独自の文化を実際に体験していただき、現地の人々との交流を深めるとともに国際的視野を広げていただきたいと思います。

派遣日程: 7/29日(金)- 8/9(火)  (12日間)
対象者: 福岡市在住または市内の学校に通学している高校生 (満20歳未満)
募集定員: 6人
申込締切: 5/9(月)

募集内容の詳細および参加申込書はレインボープラザ、情報プラザ、区役所等で配布し、当財団のホームページにも掲載しています。夏休みを利用して日本を飛び出し、自分の世界を広げてみたい高校生のみなさん、奮ってお申し込みください。

詳細はこちら: http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/04.html

2) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時: 4/24 (日) 14:00-15:00
場所: レインボープラザ会議室
詳細はこちら: http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

3) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
福岡都市圏の大学、短期大学または語学学校等に在籍する外国人学生に対して、外国人学生と交流したい日本人の家庭をご紹介します。家庭を訪問し、一緒に食事をしながら会話を楽しむなど、それぞれの自由な方法で交流を重ね、友好親善と相互理解を深めます。

交流期間: 7月-9月
定員: 20名
電話予約締切: 5/10 (火)
詳細はこちら: http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/08.html
6月19日 (日) にホストファミリーとの対面式を行いますので、出席を予定しておいてください。都合が悪い場合は、別の日に個別対面を行います。

面談予約・問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

4) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集
5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」は、講師である留学生との交流を通じて、言葉だけではなく各国と地域の文化や社会などについて学んでいただける教室です。現在、カンボジア語、韓国語、中国語、ネパール語、ポルトガル語、ミャンマー語などの追加募集をしています。追加募集は先着順に受け付け、定員になり次第募集を終了します。
詳細はこちら: http://www.asia-kotoba.net

問合せ: 留学生から学ぶ外国語教室事務局
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net

5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時: 4/21(木)18:30-20:00
語り手: ゲニアル・ルイさん(フランス・パリ出身)
    九州大学大学院経済学部
場所: あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費: 一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220
Email: attaka@rainbowfia.or.jp


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 平成28年度 第21回 福岡・イポー青少年相互派遣事業 訪問団員募集
福岡市の姉妹都市であるマレーシア・イポー市へ派遣する訪問団員を募集します。福岡市の親善大使として、現地でのホームステイ等を通して日本とは異なる独自の文化を実際に体験していただき、現地の人々との交流を深めるとともに国際的視野を広げていただきたいと思います。

派遣日程: 8/2(火)- 8/11(木) ※(10日間)
対象者: 福岡市在住または市内の学校に通学している高校生(満20歳未満)
募集定員: 8人
申込締切: 5/9(月)

問合せ: 福岡市姉妹都市委員会(福岡市総務企画局国際部内) 担当:大関

Tel: 092-711-4023  FAX: 092-733-5597

募集内容の詳細および参加申込書はレインボープラザ、情報プラザ、区役所等で配布し、姉妹都市委員会のホームページにも掲載しています。夏休みを利用して日本を飛び出し、自分の世界を広げてみたい高校生のみなさん、奮ってお申し込みください。
詳細はこちら: http://fukuokasistercities.blogspot.jp/

2)  福岡マラソンランナー募集
2016年の概要が決定しました。

日時: 11/13(日)雨天決行
種目: マラソン、車いす競技、ファンラン
申込受付: インターネット 4/18(月)10:00-5/23(月)17:00
        専用振替払込用紙 4/18(月)-5/16(月)(当日消印有効)
詳細はこちら: http://www.f-marathon.jp/about/

問合せ: 福岡マラソン総合コールセンター
Tel: 092-711-4422

3) シネラ情報
台湾映画特集
60年代から現代までの台湾映画の特集。
期間: 4/24(日)まで
観覧料: 一般500円 大学生・高校生400円 中学生・小学生300円

ぴあフィルムフェスティバルin福岡
第37回PFFコンペティション入選作を上映
期間: 4/29 (金・祝)- 5/1 (日)
観覧料: 当日1回券900円(前売り700円)、 当日3回券2,400円(前売り1,800円)、 当日学生1回券 600円

場所: 福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
詳細はこちら: http://www.cinela.com/

問合せ: 福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) ロボスクエアスプリングフェスタ
春は、ロボット体験スペースで遊ぼう! 学ぼう! 作ろう!

期間: 5/8 (日) まで
場所: ロボスクエア(福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館2F)
入場無料
詳細はこちら: http://robosquare.city.fukuoka.lg.jp/

問合せ: ロボスクエア
Tel: 092-821-4100

5) 「青少年アンビシャスの翼」団員募集
アメリカのサマーキャンプで外国の青少年と交流する福岡県内居住の青少年を募集しています。

期間: 7/29(金)-8/16(火)
参加費: 10万円
申込締切: 4/12(火)
詳細はこちら: http://ambitious.pref.fukuoka.jp/work/wing/index.html

問合せ: 福岡県「少年アンビシャスの翼」
Tel: 092-651-1111


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAデスク福岡からのお知らせ
< JICAボランティア春募集「体験談&説明会」>
「青年海外協力隊」、「シニア海外ボランティア」の春募集が5月9日(月)までの期間で実施されています。この募集期間に合わせ、福岡各地で「体験談&説明会」(入場無料、予約不要)が開催されています。興味のある方は下記までお問合せください。応募資格は青年海外協力隊が満20歳-39歳、シニア海外ボランティアは満40歳-69歳の日本国籍を持つ方です。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/kyushu/#p01

日時: 4/13 (水) 19:00-21:00
場所: アクロス福岡7F大会議室 (福岡市中央区天神1-1-1)

日時: 4/19 (火) 19:00-20:30
場所: 博多バスターミナル9F 大ホール (福岡市博多区博多駅中央街2-1)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。相談場所はレインボープラザです。

問合せ: JICAデスク福岡
相談員: 糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel: 092-733-5638
E-mail: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) 春季イタリア語教室
4月から、初めて、初中級、中級会話の3つのコースが始まります。

詳細はこちらhttp://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/images/italian_2016spring.pdf

問合せ: 福岡日伊協会事務局
Tel: 092-476-2153


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 日本語能力試験
日本語を母語としない方を対象として、日本語能力を測定し、認定することを目的とした試験です。

日時: 7/3 (日)
締切: 4/28 (木) 17:00
受験料: 5,500円
詳細はこちら:
http://info.jees-jlpt.jp/info/2016%E5%B9%B4%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%AE%9F%E6%96%BD%E6%A1%88%E5%86%85.html

問合せ: 日本語能力試験受付センター
Tel: 03-6686-2974

2) ハングル能力検定試験
日本語母語話者がハングルを習得し、日本語での自然な対訳までを出題範囲とする点が特徴です。

日時: 6/5 (日)
締切: 4/22 (金) (郵送は消印有効)
詳細はこちら: www.hangul.or.jp/

問合せ: ハングル能力検定協会
Tel: 03-5858-9101

3) 九州中国帰国者支援・交流センターの支援
「日本語サロン」ボランティア募集
中国帰国者と日本語でおしゃべりをしていただける方を募集中。
開催日: 4/17、5/15、6/19、7/17、8/21、9/11
時間: 13:00-15:00

「ボランティアさんと楽しむ脳トレ教室」ボランティア募集(日本語交流)
高齢化してきた帰国者の介護予防のための「脳トレ教室」。日本語でしゃべりながらゲームを一緒に楽しんでいただける方を募集中。
開催日: 水曜クラス 4/20、5/18、6/15、7/13、8/17、9/7
     金曜クラス 4/22、5/20、6/17、7/15、8/19、9/9
時間: 13:00-15:00

場所: 九州中国帰国者支援・交流センター(福岡市中央区大名2-6-39ランディックビル大名6・7F)
詳細はこちら: http://www.sien-center.or.jp/

問合せ: 九州中国帰国者支援・交流センター
Tel: 092-713-9988  Email: kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp

4) 博多町屋ふるさと館 どんたく隊参加者募集中
日本人でも外国人でも、一人でもグループでも、旅行者でも地元の人でも、どなたでも参加可能。

日時: 5/4(水・祝)
集合場所: 「博多町屋」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町6-10 櫛田神社 正門鳥居前)
受付: 14:00-15:00、 15:30-18:00頃 踊りの練習後、パレード参加
料金プラン: 2,000円 (法被レンタル、しゃもじ・手ぬぐい付き)
        3,500円 (法被・しゃもじ・手ぬぐい付き)
中学生以下は保護者同伴。参加費無料 (しゃもじ進呈)
定員: 100名

申込み・問合せ: 「博多町屋」ふるさと館
Tel: 092-281-7761

5) 外国人無料法律相談
福岡県弁護士会では、外国人のための無料法律相談を行っております。弁護士が通訳とともにご相談に応じます。要予約。

予約受付: 月-金 10:00-16:00 (日本語のみ)、毎月第2金曜日10:00-13:00(中国語)、第4金曜日10:00-13:00 (中国語、英語)
相談日: 毎月第2金曜日13:00-16:00 (中国語)、第4金曜日13:00-16:00 (中国語、英語)
詳細はこちら: http://www.fben.jp/whats/gaikokujin.htm

問合せ: 福岡県弁護士会
Tel: 092-737-7555

6) 国連英検
2016年度第1回試験が下記日程で開催されます。

1次試験: 5/29 (日) 、2次試験: 7/10 (日)
申込締切: 4/25 (月)
詳細はこちら: http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ: 日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115

7) 福岡アジア美術館「中国リアリズムの煌めき」展
5年に一度開催される「全国美術展」は中国政府が主催する、中国で最も大きく、権威ある公募展です。本展は2014年に開催された「第12回全国美術展」から厳選した中国画、油彩画、水彩画、版画、漆画、アニメーションなどの作品76点を紹介します。

期間: 4/16 (土) -5/22 (日)
開館: 10:00-20:00 (入室19:30まで)
休館: 水曜日 (5/4(水)・5/5(木)開館、5/6(金)休館)
観覧料: 一般800円・高大生500円・中学生以下無料
詳細はこちら: http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/316

問合せ: 福岡アジア美術館
Tel: 092-263-1100

8) 韓日交流 作文・フォトコンテスト
日韓国交正常化50周年の新たな元年である今年、互いへの想いを伝え合い、新しい「絆」作りのためのエッセイ・川柳・俳句・写真を募集します。
入賞者にはペアで行く韓国への旅など、ステキな賞品がもらえます。
申込締切: 6/30(木) 必着
詳細はこちら: http://koreanculture.jp/info_news_view.php?number=4769

問合せ: 駐日韓国文化院
Tel: 03-3357-5970 (平日10:00-17:00)

9) フランス語スピーチコンクール
毎年アンスティテュ・フランセ九州が開催するスピーチコンクールです。参加してフランス行きのチャンスをつかみましょう。

第29回初心者のための九州フランス語コンクール
日時: 7/3 (日)
応募締切: 6/25 (土)

第18回ボルドー・アキテーヌ福岡・九州姉妹都市フランス語スピーチコンテスト (中・上級者向け)
日時: 6/4 (土)
応募締切: 5/31 (火)
詳細はこちら: http://www.institutfrancais.jp/kyushu/
問合せ: アンスティテュ・フランセ九州
Tel: 092-712-0904


5. デイビッドのコラム

過剰な人気?

  ディズニーの「アナと雪の女王」、覚えていますか。世界中で大ヒットの映画ですが、日本では特に人気でした。主題曲は、公開から何か月経っても、どこへ行っても聞こえてきました。自分の母国以外の国に長くいる誰も分かると思いますが、私は初めて日本に来た時から色々な、ちょっと変わったことに気が付きました。これは言葉、文化、料理など色々ありますが、今回のコラムでは、オーストラリアより日本でとても人気になった映画やアーティストをいくつか紹介します。

  上記の例よりもっと良いものがあるかなと思います。「アナと雪の女王」はオーストラリアでも人気だったのですが、私は映画の公開前から日本にいるので、その人気を直接見ていません。でもネットの情報を読むと、日本ほどには流行っていなかったみたいです。もっと良い例を挙げると、「リロ・アンド・スティッチ」のスティッチ。私はこの映画(「アナと雪の女王」と同じく、ディズニーの映画)を見たことがありません。どんなストーリーなのか分かりません。そしてスティッチって何の動物なのかも分かりませんが、日本のどこへ行っても見かけます。映画公開から14年経っている今でもよく見かけます。母国の友達のほとんどは私と同じくらい、スティッチをよく知らないと思います。スティッチが嫌いとか悪く思っている訳ではないですが、なぜ日本ではこんなに人気になったの?と思います。

  日本で驚くほどに人気なのは映画だけじゃないです。ずっと前からおかしいと思っているのですが、日本の友達はみんな「トムとジェリー」と「フルハウス」に詳しいです。私がこの二つを聞いたことがあるというのは、ある程度オーストラリアでも人気だったからだろうと思いますが、古すぎて私の世代のオーストラリア人はほとんど見てない気がします。特に1940年代に出た「トムとジェリー」は見ていません。日本では二つとも世代間の好みを超えているようです。最近の例で言いますと、「24」も日本のほうでは人気があると思います。私は全部見ていないのですが、何かを見逃しているのでしょうか。

  バンドと歌手でも、日本でとても人気になったいくつかの例があります。9年前の話ですが、日本に来て間もない時に札幌でカラオケに行って、ホストマザーが「カーペンターズ」の曲を入れて、私がその曲を知らないことに驚いたのを覚えています。曲名は覚えていませんが、同じような経験がこれまでに何回かあります。同僚の話を聞きますと、日本の英語の授業でカーペンターズの曲が使われていたようで、だから人気なのかなと思います。
もっともっとたくさんの日本で人気になったアーティストやドラマなどがあると思います。上に挙げたのはほんの一例で、他にもたくさんあります。でも自分の経験は他の人と違うので、日本に住んでいる他の外国人に聞いてみたら、全然違う意見があるかもしれません。

デイビッド・スミス




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/