Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.169 5 June, 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

Now is the season for firefly viewing. We have some good firefly viewing spots in the suburban areas of Fukuoka. The glowing lights of the fireflies slowly flickering in the darkness will take you to another world.



福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

蛍の季節ですね。福岡でも郊外にいろいろな蛍鑑賞スポットがありますが、今年はもうご覧になりましたか?暗闇の中にたくさんの柔らかな光が点滅するさまは、一時別世界へ誘ってくれるようです。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation

  1) Home Visit Program for International Students
  2) Japanese Chatting Salon
  3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

  1) Interpretation Service at Hello Work and Labour Standards Inspection Division
  2) Cine-la Information
  3) Disaster Prevention Information App

3. News from FUKU-NET Members

  1) Photo Exhibition: The Casasola Collection
  2) Study in Japan Fair

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

  1) The 30th Fukuoka Asian Film Festival
  2) Summer Cambodia Tour with NGO Resident Officer 2016

5. David's Column

  "Voting and Elections"




1. News from the Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Home Visit Program for International Students
The Home Visit Program introduces international students enrolled in colleges, junior colleges or language schools in the Fukuoka metropolitan area to Japanese families in Fukuoka interested in international exchange, providing the opportunity for them to meet regularly and deepen mutual understanding.
Student participants and Japanese host families enjoy their time together through conversation over meals, etc. Each student-family pair is free to decide on where and how they will spend time together. The period of exchange is from September through November. There are spots for 20 participants.
Interested parties should call Rainbow Plaza by July 10th to set up an interview. Please bring your application, school ID, and Foreign Residency Card with you to the interview. Applications can be downloaded from the web site and may be filled out at the time of your interview.
Also, please be aware that there will be an introduction ceremony for student participants and host families on Sunday, Aug. 21st. All participating parties are expected to attend. If circumstances prevent members from participating, a private meeting will be arranged for a separate day.
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/08.html

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220

2) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.

Date: First and third Thursday of every month.
Time: 13:30-17:00 (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30 - 20:00 Thu.,16 June
Lecturer: Ollie Horn (West Country, UK)
Kyushu University Law School
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation
*Please enter from the back entrance located on the east side of the building, as the main entrance closes at 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Interpretation Service at HelloWork and Labour Standards Inspection Division
The public employment security office, HelloWork, provides English and Chinese language services as follows.
English: Monday and Wednesday 10:00-12:00, 13:00-15:30
Chinese: Tuesday: 10:00-12:30, Thursday: 10:00-12:00, 13:00-16:30
Address: 1-6-19 Akasaka, Chuo-ku, Fukuoka
Inquiries: HelloWork Fukuoka Chuo
Tel: 092-712-8609

The Labour Standards Inspection Division, the place to go when you are eqxperincing labour problems, offers an English interpretation service as follows.
Tuesdays and Thursdays 9:00-16:00
Address: 2-11-1 Hakataeki-higashi, Hakata-ku, Fukuoka
Tel: 092-411-4862

2) Cine-la Information
"Asian Masterpieces"
Asian masterpieces from the Fukuoka City Public Library film archive collection will be screened.
Duration: Wed., 8 June – Sat., 25 June
Fee: Adults 500 yen, univ. and high school students 400 yen, junior high and elementary school students 300 yen

Heaven's Story: Film and Talk presented by Fukuoka UNESCO
A lecture by Takahisa Zeze, a movie director, and Kazutoshi Seki, a professor emeritus of Kyushu University, will be held after the screening of the film.
Date: Sun., 26 June
Film: Heaven's Story 10:30-16:00
Talk: "Go beyond the Heaven's Story" 16:15-17:45
No interpretation provided.

Fee: Adult 1,200 yen, Advance reservation 1,000 yen, Students 500 yen (Price includes charges for the film and talk.)
Reservation: Fukuoka UNESCO
Fax: 092-733-1291
Email: fuunesco2014@gmail.com

Further Information: http://www.cinela.com/english/cinelaschedule.htm
Inquiries: Cine-la
Tel: 092-852-0600

3) Disaster Prevention Information App
Fukuoka City has made location data for information pertaining to disaster preparedness (including evacuation centres, major hospitals, administrative agencies) available offline through the YAMAP mapping app. The app allows you to check your own location offline, once you've downloaded the required maps. Visit the site below to install the maps on your smartphone.
Further information: https://yamap.co.jp/


3. News from FUKU-NET Members
 
1) The Casasola Photo Exhibition
A photo exhibition of the works of Casasola, known as a pioneering photo journalist in Mexico, will be held. The theme is post-revolution Mexico, 1920-1940. The photos give an indication of the social circumstances at the time through the vividly depicted citizens' and their culture in Mexico City.

Duration: 18 June - 5 July
Open: Weekdays 12:00 - 21:00, Weekends and holidays 11:00 -18:00
Venue: Galeria EL TALLER (Daimyo11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: free
Further information: http://www.tiempo.jp/el_taller/schedule_en.html

Inquiries: NPO Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100

2) Study in Japan Fair
JASSO hosts Study in Japan Fairs overseas, with participation from Japanese universities, to provide information on studying in Japan to high school students, university students and educators.
Further Information: http://www.jasso.go.jp/en/study_j/event/2016/index.html

Inquiries: Independent Administrative Institution, Japan Student Services Organization, Kyushu Branch
Tel: 092-262-1010


4. News from Related International Organizations in Fukuoka
 
1) The 30th Fukuoka Asian Film Festival
Screenings of Asian film masterpieces that can only be seen here in Fukuoka.

Duration: Wed., 6 Jul. - Sun., 10 Jul.
Venue: Institut francais du Japon–Kyushu (2-12-6 Daimyo Chuo-ku Fukuoka)
Fee: Advance 1,400 yen, at door 1,800 yen, Students & Senior 1,000 yen
Further Information: http://asianfilm.tank.jp/?p=397 (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka Asian Film Festival Executive Committee
Email: faff@gol.com

2) Summer Cambodia Tour with NGO Resident Officer 2016
An educational 6-day tour full of sightseeing and exchange

Departure date: Sun., 4 Sep.
Further Information: http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Cambodia Mines-remove Campaign (CMC)
Tel: 092-833-7676
Email: cmc5963@gmail.com


5. David's Column
 
Voting and Elections

Japan has an election coming up, and so does Australia. This year's House of Councillors election will mark the first time that 18- and 19-year-olds are able to vote in Japan. In Australia, the upcoming 2 July election is a "double dissolution election," where every seat in both the upper and lower houses is up for grabs. This will be the first such election in nearly 30 years. Here are a few interesting facts about our different voting systems:

In Australia, unlike Japan, voting is compulsory. If you do not vote, you will receive a fine, unless you have a valid excuse. In some states, voting in local elections is not compulsory, but it is compulsory for all state, territory and federal elections. What constitutes a valid excuse? If you are able to prove you are not in Australia for an election, then you will not be fined. It is still possible to vote from overseas, at an embassy, consulate (I will go to the one in Tenjin), or by post. Bad health can be used as a reason not to vote, but hospitals will often have polling booths for patients to use on the day of the election. Voting has been compulsory for almost 100 years. It was made compulsory in 1922, because election turnout that year was so low (only 59%). Since becoming compulsory, official turnout figures hover around 95%. For comparison, Japan's turnout rate at the last House of Representatives election was about 52%.

In Japan, voters must write the name (or party in some cases) of the candidate they choose. This means that the person with the largest number of votes wins, even if less than half the voters choose this person. In Australia, all of the candidates' names (and their party affiliation) are written on the ballot, and voters must number them in their order of preference. Votes are counted such that the candidate with the least number of first-preference votes is eliminated, then every ballot paper that had a "1" next to the name of the eliminated person is reallocated to the second preference candidate as indicated on each ballot. The candidate with the least votes is once again eliminated, and the process is repeated until one candidate secures a majority. It's a little difficult to explain, but I think it is a fairer system.

Here are a few other differences in our electoral systems:
1) In Japan, all elections are on Sundays. In Australia, they must be held on Saturdays.
2) The voting age in Japan only recently changed to 18. It has been 18 in Australia since 1973 (previously, it was 21).
3) Japan and Australia both a lower and upper house, with 4-year and 6-year terms respectively in Japan, and 3-year and 6-year terms in Australia.
4) In Japan, the Prime Minister can call an election at will. In Australia, the PM must ask the Governor-General to dissolve parliament, and certain conditions must be met.

David Smith


福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 1) ホストファミリー登録説明会
 2) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
 3) 国際交流活動人材育成費助成金
 4) 日本語おしゃべりサロン
 5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
 6) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

 1) ハローワークと労働基準部監督課の通訳サービス
 2) シネラからの情報
 3) 福岡県グローバル青年の翼参加者募集
 4) 博多図書館「アジアのことばでおはなし会」
 5) 福岡市防災マップをアプリで公式配信

3. FUKU-NET団体からの情報

 1) JICAデスク福岡からのお知らせ
 2) 日本学生支援機構平成28年度 日本留学フェア
 3) 講演「デンマークの福祉とその住環境」
 4) イタリア映画鑑賞会
 5) 写真展 カサソラ・コレクション
 6) 福岡青少年国際交流キャンプ2016

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

 1) NGO駐在員と行く!夏休みカンボジアツアー 2016
 2) 第29回初心者のための九州フランス語コンクール
 3) 第30回福岡アジア映画祭2016
 4) 中国帰国者支援ボランティアセンター 日本語ボランティア募集
 5) 講演会「日・EU・FTA/EPA協定の現状」&EU福岡・北九州視察団との懇親会

5. デイビッドのコラム

  “投票・選挙”



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:6/19 (日) 14:00~15:00
場所:レインボープラザ会議室
住所:福岡市中央区天神1-7-11 IMS8F
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

2) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
レインボープラザから、留学生ホームビジット交流(学生交流)のお知らせです。
福岡都市圏の大学、短期大学または語学学校等に在籍する外国人学生に対して、外国人学生と継続的に交流したい日本人の家庭をご紹介します。家庭を訪問し、一緒に食事をしながら会話を楽しむなど、それぞれの自由な方法で交流を重ね、友好親善と相互理解を深めます。交流期間は9月から11月までで、定員は20名です。詳しくはホームページを見てください。
参加を希望される方は、7月10日までにレインボープラザに電話してください。面談日を決めます。面談日には、申込書、学生証、在留カードを持ってきてください。申込書はホームページからダウンロードできますが、面談の時に記入することもできます。
また、8月21日(日) にホストファミリーとの対面式を行いますので、出席を予定しておいてください。都合が悪い場合は、別の日に個別対面を行います。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/08.html

面談予約・問合せ:レインボープラザ
Tel:092-733-2220

3) 国際交流活動人材育成費助成金
市民の国際交流を支援し、福岡市の国際化を推進するため民間団体の発展に寄与する「国際交流活動人材育成費助成」を行っています。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/18.html

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00 (時間内出入り自由)
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6/16(木)18:30~20:00
語り手:オリー・ホーンさん(イギリス、ウエストカントリー出身)
    九州大学大学院法学部
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ: レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

6) 平成28年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集
5月から始まった「留学生から学ぶ外国語教室」は、講師である留学生との交流を通じて、言葉だけではなく各国と地域の文化や社会などについて学んでいただける教室です。現在、カンボジア語、韓国語、中国語、ネパール語、ポルトガル語、ミャンマー語、ヒンディ語の追加募集をしています。追加募集は先着順に受け付け、定員になり次第募集を終了します。
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ:留学生から学ぶ外国語教室事務局
Email:gaikokugo@asia-kotoba.net


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) ハローワークと労働基準部監督課の通訳サービス
公共職業安定所ハローワークでは、以下の時間に、英語と中国語の通訳サービスが受けられます。
英語:月・水 10:00~12:00、13:00~15:30
中国語:火10:00~12:30、木10:00~12:00、13:00~16:30
住所:福岡市中央区赤坂1-6-19
問合せ:ハローワーク福岡中央
Tel:092-712-8609

労働基準部監督課では、以下の時間に、労働問題などに関する相談を英語の通訳を交えて受けることができます。
日時:火・木 9:00~16:00
住所:福岡市博多区博多駅東2-11-1
Tel:092-411-4862]

2) シネラからの情報
「アジア映画名作選」
総合図書館収蔵のアジア映画の名作特集。
期間:6/8(水)~6/25(土)
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html

福岡ユネスコ文化講演会「ヘヴンズストーリー」のその先へ
映画監督瀬々敬久氏と九州大学名誉教授関一敏氏による対談。
日時:6/26(日) 10:30~16:00「ヘヴンズストーリー」上映、16:15~17:45 対談
観覧料:一般1,200円、一般予約1,000円、学生500円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/gaiyou_20160626.html

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道3-7-1)
Tel: 092-852-0600

3) 福岡県グローバル青年の翼 参加者募集
郷土を知り、世界を知り、グローバル・ビジネスを体感する。国際的な視野を持ち、地域で活躍する人材を目指すプログラムに参加しませんか。

応募締切:6/30(木)
訪問国(訪問都市):マレーシア(クアラルンプール)、ミャンマー(ヤンゴン・バガン・パコック)
詳細はこちら:
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/globalandlocalleadershipprogram2016.html

問合せ:福岡県グローバル青年の翼実行委員会(福岡県庁青少年育成課内)
Tel:092-643-3387

4) 博多図書館「アジアのことばでおはなし会」
福岡に住むアジア出身者が自分の国の言葉で、日本の子どもたちがよく知っている絵本の読み聞かせをします。また、各国の子どもの遊びの紹介もあります。

日時:6/11(土)14:30~15:30
場所:博多市民センター5F 音楽室(博多区山王1-13-10)
参加費:無料
詳細はこちら:http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/news/detail/254

問合せ:博多図書館(博多市民センター内)
Tel:092-472-5996

5)  福岡市防災マップをアプリで公式配信
福岡市は株式会社セフリと連携して、福岡市が作成した防災情報(避難所,主要病院,行政機関)の位置情報を電波が届かない状態でも現在位置が確認できるオフライン地図アプリYAMAP(ヤマップ)に掲載されます。
下記サイトにアクセスし、アプリダウンロードページより、YAMAPをダウンロードし、お持ちのスマートフォンにてご覧になることができます。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/bousaimap_yamap.html


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  JICAデスク福岡からのお知らせ
JICA国際協力相談コーナー
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。相談場所はレインボープラザです。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel:092-733-5638
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) 日本学生支援機構平成28年度日本留学フェア
日本への留学を希望する高校生、大学生、大学院生等を対象に海外で行われる留学フェア。日本留学に関する最新で的確な情報を得る貴重な機会です。
詳細はこちら:http://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/event/2016/

問合せ:独立行政法人日本学生支援機構 九州支部
Tel:092-262-1010

3) 講演「デンマークの福祉とその住環境」
デンマークの人々の考え方・生き方などがどのように高福祉社会を実現しているのかを探りながら、福祉、民主主義について考える、福岡デンマーク協会理事長による講演。

日時:6/29(水)14:40~16:10
参加費:無料
会場:九州産業大学 1号館 2階 S201 講堂 (福岡市東区松香台2-3-1)
詳細はこちら:http://fda-japan.org/?p=924

問合せ:一般社団法人福岡デンマーク協会
Email:info@fda-japan.org

4)  イタリア映画鑑賞会
第172回福岡日伊協会の映画鑑賞会。今回は「特攻大戦線」です。

日時:6/13(月)19:00~21:00
会場:あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1福岡アジア美術館8F)
入場料:無料 先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:
http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/images/cinema172.pdf

問合せ:福岡日伊協会 担当:井口
Tel:092-476-2153

5)  写真展 カサソラ・コレクション
メキシコのフォト・ジャーナリストの先駆者として知られるカサソラによる、1920~40年までの革命後のメキシコを主題とした写真展。当時のメキシコ市の人々の活気と文化に富んだ日常生活から革命などの社会状況が活写されています。

期間:6/18(土)~7/5(火)
開館時間:月~ 金 12:00~21:00、土・日・祝 11:00~18:00
入場料:無料
会場:ギャラリー「タジェール」(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F)
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/el_taller/schedule.html#casasola

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ
Tel:092-762-4100

6) 福岡青少年国際交流キャンプ2016
異文化交流に興味と意欲を持つ小学5年生から高校3年生を募集中

日程:7/17(日)~7/18(月)
会場:宗像グローバルアリーナ(福岡県宗像市)
参加費:小学生10,000円、中学生以上13,000円
募集締切:6/19(日)
詳細はこちら:http://www.afs.or.jp/afscamps/afscamp_fukuoka/

問合せ:公益財団法人AFS日本協会 福岡学生部「AFS福岡青少年国際交流キャンプ」係
(福岡市南区曰佐3-42-1 福岡女学院大学内 林千晶研究室)
E-mail:fukuoka-camp@afs.or.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) NGO駐在員と行く!夏休みカンボジアツアー 2016
学び、観光、交流のつまった充実の6日間!

出発日:9/4(日)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:一般財団法人 カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel:092-833-7676
E-mail:cmc5963@gmail.com

2) 第29回 初心者のための九州フランス語コンクール
優勝者にはパリ行きのチャンスが!

日程:7/3(日)
会場:アンスティチュ・フランセ九州
応募締切:6/25(土)
詳細はこちら:http://www.institutfrancais.jp/kyushu/

問合せ:アンスティチュ・フランセ九州(担当:木原)
Tel:092-712-0904
E-mail:mika.kihara@institutfrancais.jp

3) 第30回福岡アジア映画祭2016
福岡でしか見られないアジア映画の傑作の数々。ボランティアによって企画・運営される市民イベントです。
期間:7/6(水)~7/10(日)
会場:アンスティチュ・フランセ九州
料金:前売り1,400円、当日 一般 1,800円、学生・シニア60才以上1,000円
詳細はこちら:http://asianfilm.tank.jp/?p=397

問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949
E-mail: faff@gol.com

4) 中国帰国者支援ボランティアセンター 日本語ボランティア募集
中国帰国者と日本語でおしゃべりをしていただける方を募集中。今月は「お祭り」がテーマです。
開催日:6/19、7/17、8/21、9/11
時間:13:00~15:00

「ボランティアさんと楽しむ脳トレ教室」ボランティア募集(日本語交流)
高齢化してきた帰国者の介護予防のための「脳トレ教室」。日本語でしゃべりながらゲームを一緒に楽しんでいただける方を募集中。1回のみの参加でも構いません。
開催日:水曜クラス 6/15、7/13、8/17、9/7
 金曜クラス 6/17、7/15、8/19、9/9
時間:13:00~15:00
場所:九州中国帰国者支援・交流センター(福岡市中央区大名2-6-39ランディックビル大名6・7F)
詳細はこちら:http://www.sien-center.or.jp/

問合せ:九州中国帰国者支援・交流センター
Tel:092-713-9988
Email:kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp

5) 講演会「日・EU・FTA/EPA協定の現状」&EU福岡・北九州視察団との懇親会
駐日欧州連合代表部による講演や、駐日欧州連合代表部および在京EU大使館からなる『EU(欧州連合)福岡・北九州視察団』を囲んでの懇親会。EU加盟国大使館の方々と直接お話ができる貴重な機会です。

日時:6/30(木)18:00
会場:西鉄グランドホテル(福岡市中央区大名2-6-60)
参加費:一般4,000円
申込み締切:6/17(金)
詳細はこちら:http://fukuoka-eu.com/news/detail.php?news_id=213

問合せ:福岡EU協会
Tel:092-725-9200
Email:fukuoka-eu@kokusaihiroba.or.jp


5. デイビッドのコラム

投票・選挙

日本とオーストラリアでも、選挙がもうすぐ行われます。今年の衆議院選挙では、初めて18歳と19歳の人が投票できます。オーストラリアでは、7月2日の選挙は、両院全席が解散される「両院解散選挙」です。29年ぶりの両院解散選挙になります。今回のコラムでは、2か国の選挙制度の相違点をいくつか紹介します。

オーストラリアでは、日本と違って、投票は義務です。投票しなかった場合は、正当な理由がない限り、罰金を払わなければなりません。ある州では、地方選挙への参加は義務付けられていないところもありますが、州・準州・連邦選挙はすべて義務です。正当な理由とは?例えば海外にいるのだとしたら、それを証明できれば罰金は取られません。海外にいて投票したいという人は、大使館・領事館(私は天神の領事館で投票します)・郵便で投票ができます。体調不良という理由もありえます。ただ、投票ブースが設置されている病院もよくあります。投票が義務付けられて100年近くです。義務付けられたのは1922年で、その年の投票率(59%)が低すぎたからです。義務になって以降、投票率は毎回95%前後です。比較すれば、前回の衆議院選挙の投票率は約52%でした。

日本の投票用紙には、選ぶ1名の候補者の名前を書かなければなりません。この制度では、過半数になっていなくても、投票が最も多い人が選ばれます。オーストラリアでは、全ての候補者の名前(所属も)が書かれた用紙に、1、2、3~と選びたい順番に数字を記入します。票を数えるとき、「1」の数が一番少ない候補者が最初に取り除かれ、そしてその分の票は「1」と書いている候補者が取り除かれたので次に「2」と記入している候補者に回されます。1人の候補者が半数を超えるまでこの過程が繰り返されます。すこし説明しにくいのですが、私は公平な選び方だと思います。

他にも投票制度の違いがあります:
 ・日本の選挙は日曜日に行われます。オーストラリアでは土曜日に決まっています。
 ・日本の選挙権年齢は最近変わって18歳です。オーストラリアは、1973年から18歳になっています(以前は21歳でした)。
 ・日本とオーストラリアには下院も上院もあります。任期は、日本の場合はそれぞれ4年間と6年間、オーストラリアは3年間と6年間。
 ・日本では、首相が好きな時に議会を解散し選挙日を決めることができます。オーストラリアの首相は総督に依頼して、総督が解散しますが、解散するには条件が色々あります。

デイビッド・スミス



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/