Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.172 5 September, 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

There are lots of events in Fukuoka in Autumn. Join us at Nakasu JAZZ on September 9 & 10.



福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

福岡の秋はイベント盛りだくさん。まずは9月9日、10日の中洲JAZZで盛り上がりましょう。



FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Rainbow Plaza is Moving to a New Location
  2) Home Visit Program for International Students
  3) Japanese Chatting Salon
  4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  5) The International Cooperation Fair "Global Citizen Dontaku 2016"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
  1) Information on the Temporary Welfare Benefit
  2) 24-30 September is Tuberculosis Prevention Week
  3) Kokusai Hiroba Event Information
  4) Cine-la Information
  5) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival 2016

3. News from related International Organizations in Fukuoka, etc.
  1) MIAMI Rueda Special Workshop on Sept. 22

4. Celtic Perspectives
  "Arrival in the Land of 'Kyushu', Ethnic Sensibilities"





1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

(Until 30 September)
  5F City Hall North Annex, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-5630

(From 3 October)
  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Rainbow Plaza is Moving to a New Location
The Fukuoka City International Foundation (currently on the 5th floor of the Fukuoka City Hall North Annex), along with Rainbow Plaza (currently on the 8th floor of the IMS Building), will be moving to the Fukuoka City International Center (located in Tenyamachi, Hakata-ku) in October.
Furthermore, in preparation for the move, Rainbow Plaza will be closed beginning September 25th.

Address: 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Name: Fukuoka City International Center
Opening: 3 October
Hours of Operation: 8:45 - 18:00
*The International Exchange Floor (the 4th Floor) is open until 9pm
*Specialized counselling offered on specified days and times.

2) Home Visit Program for International Students
The Home Visit Program introduces international students enrolled in colleges, junior colleges or language schools in the Fukuoka metropolitan area, to Japanese families in Fukuoka that are interested in international exchange, providing the opportunity for them to meet regularly and deepen mutual understanding.
Student participants and Japanese host families enjoy their time together through conversation over meals, etc. Each student-family pair is free to decide on where and how they will spend time together. The period of exchange is from November through January. There are spots for 20 participants.
Interested parties should call Rainbow Plaza by September 10th to set up an interview. Please bring your application, school ID, and Residence Card with you to the interview. Applications can be downloaded from the website and may be filled out at the time of your interview.
Also, please be aware that there will be an introduction ceremony for student participants and host families on Sunday, October 23rd. All participating parties are expected to attend. If circumstances prevent participants from attending, a private meeting will be arranged for a separate date.
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/08.html

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220 (until 30 September), 092-262-1700 (from 3 October)

3) Japanese Chatting Salon

The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.

Date: First and third Thursday of every month.
Time: 13:30-17:00 (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220

4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30-20:00, Thu., 15 September
Lecturer: Hossain Md Kabir (Dhaka, Bangladesh)
Freshman of Economics Department, Japan University of Economics
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation
*Please enter from the back entrance located on the east side of the building, as the main entrance closes at 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220

5) The International Cooperation Fair "Global Citizen Dontaku 2016"
Various groups, active in international cooperation and exchange in Fukuoka, will introduce their activities.

Date: Sun., 30 October
Time: 10:00-16:00
Venue: Tenjin Central Park (1-1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City)
Further information: http://chikyushimin.jimdo.com/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Information on the Temporary Welfare Benefit
With the April 2014 rise in consumption tax to 8%, the Temporary Welfare Benefit is provided to low-income earners.
Persons who aren't required to pay municipal taxes are eligible for the benefit (However, non-paying persons who are dependent on paying persons, and persons receiving Seikatsu Hogo, or social welfare benefits, are ineligible).
Application forms have been sent to potentially eligible households from mid-August, and can be submitted by post or in person at Ward Offices and Branch Offices (Ward/Branch Office counters operate until 22 December).

Application period: 1 September 2016 - 31 January 2017
Further information:
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/rinjikyufu/life/rinjifukushi_3.html (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Temporary Welfare Benefit Call Center
Tel: 0570-071-071 (9:00-18:00, Mon.- Fri.)

2) 24-30 September is Tuberculosis Prevention Week
Every year in Japan there are more than 20,000 new cases of tuberculosis (TB). The onset of this "modern disease" is recognized even in younger generations. If identified in its early stages, TB can be cured with regular hospital treatments with little effect on patients' daily lifestyles. However, if left untreated, TB may be transmitted to other people around you, and can even lead to death.
The symptoms of TB include coughing, phlegm, fever and lethargy, and are similar to symptoms of the common cold. If a cough lasts for longer than two weeks, or if you have any concerns about your symptoms, visit a medical facility as soon as possible for a diagnosis.
In Fukuoka City, international students temporarily residing in Japan and enrolled at Japanese language institutions (as well as the family members of said students) who do not normally have the opportunity to undergo a health check, are eligible for a free chest X-ray within their first five years of entering the country. Be sure to take advantage of this opportunity! Appointments are required.

Dates: Thu., 1 Sept. - Fri., 30 Sept. (excludes Sat., Sun., holidays)
Check-up times: 13:30 - 15:00pm
Location: Fukuoka Tuberculosis Prevention Centre (2-4-7, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City)
Check-up contents: Chest X-ray examination
Cost: Free
Appointments: Fukuoka Tuberculosis Prevention Center
Tel: 092-761-5466
Fax: 092-761-5467

Inquiries: Health Promotion & Disease Prevention Section, Public Health & Welfare Bureau
Tel: 092-711-4270
Fax: 092-733-5535

3) Kokusai Hiroba Event Information
Two events at Kokusai-Hiroba on the 3rd floor of ACROS Fukuoka (1-1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City). Registration required via email, telephone or Fax.

Around the World with Kokusai Hiroba Cafe
Serbia & Germany
Foreign and Japanese guest teachers from schools around the prefecture introduce foreign countries and their lives in Japan. Enjoy some tea and sweets with people from around the world.
Date: Sun., 25 September
Time: 14:00-16:00
Fee: General: 300 yen, Supporting Members: Free

Habitat Hiroba UN HABITAT
Afghanistan
Joint lecture series by UN Habitat Fukuoka Regional Office and Fukuoka International Exchange Foundation.
Date: Sat., 1 October
Time: 14:00-15:00
Fee: free
Contact: UN Habitat Fukuoka Head Office
Tel: 092-724-7121

Inquiries and Registration: Fukuoka International Exchange Foundation
Tel: 092-725-9200
Fax: 092-725-9206
Email: info@kokusaihiroba.or.jp
Further information: https://www.kokusaihiroba.or.jp/english/

4) Cine-la Information
Indian Films featuring the music by A.R. Rahman, the Grand Prize laureate of the Fukuoka Prize 2016

Date: Mon., (National holiday) 19 September
Time: 11:00 Roja, 14:30 Bombay
Fee: Adults 500 yen, univ. and high school students 400 yen, junior high and elementary school students 300 yen
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la (3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Further Information: http://www.cinela.com/english/pdf/2016/September%202016.pdf

Inquiries: Cine-la
Tel: 092-852-0600

5) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival 2016
Hot movies will be screening. Also, opening remarks will be given by various actors and directors.
Date: Thu., 15 - Sun., 25 September
Venue: United Cinema Canal City 13 (Sumiyoshi, Hakata-ku, Fukuoka City), Pom Plaza Hall (8-3, Gion, Hakata-ku, Fukuoka City)
Further information: http://www.focus-on-asia.com/

Inquiries: Focus on Asia International Film Festival Fukuoka Executive Committee
Tel: 092-733-5170 (Weekdays 10:00-17:00)


3. News from related International Organizations in Fukuoka, etc.
 
1) MIAMI Rueda Special Workshop on Sept. 22
The Miami Rueda Workshop will be held by Mr. Yoshiyuki Sakuma, a dance instructor from Tokyo. Since they're quite uncommon in Fukuoka, it's a good opportunity to learn Salsa and Miami Rueda. Everyone can have a fun time together despite the differences in dancing styles and skill levels. This makes it easy for new participants to be able to communicate and make new friends. Any style and level of Salsa or Rueda is welcome.
*Rueda de Casino: A way of dancing salsa where several pairs go around in a circle exchanging partners and other movements according to the leader's calls.

Date: 22 September
Time, level and fee: 2:00pm - 3:30pm Beginner's Level 2,000 yen
3:50pm - 5:20pm All Levels 2,000 yen
Studio opens around 1:40pm
*3,000 yen for 2 lessons (Advanced application is required by Wed, Sept. 21st to the organizer. RSVP)
Venue: Fukuoka Civic Hall, 3F Practice room D (Locker Rooms: 4F)
Address: 5-1-23, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City
Further information: https://www.facebook.com/groups/841723002614355/

Inquiries: Miami Rueda Club Fukuoka
Email: cyberhaoyi@gmail.com (English or Chinese)


4. Celtic Perspectives
  "Arrival in the Land of 'Kyushu', Ethnic Sensibilities"

Though I have been to Japan before, there are still plenty of things I don't know about, from local dialects to culinary traditions. But, as a result of a somewhat odd upbringing, there are some unexpected things I've found in common with others too. The first day I came to Fukuoka was my first time in Kyushu at all, didn't speak Hakata-ben, or know really anything about the area in great detail. For example, I know a bit about Japanese pop songs from the 80s and 90s, so I could talk to co-workers a bit older than me about Saruganseki or Black Biscuits (not especially well-known overseas, but in Japan they were pretty famous for at least one hit song each). Or, because I've liked Chinese food ever since I was a kid, we could talk about Asian food culture. Everyone at work gave me a warm welcome, and there's a good atmosphere in the office. I thought, "Well, international exchange starts from simple things like this".

On the subject of 'international exchange', before coming to Fukuoka to work as a Coordinator for International Relations (CIR), I was in Tokyo for three days with others in the same program. There, as part of our training to work in a foreign country, we were told to "consider ourselves ambassadors of our own country". What is the deciding factor being this way of referring to others? Nationality? Ethnicity? Recognition by others in society? It's an idea that changes according to the time and place as well as country.

Before that starts to sound a bit too depressing, let me share a little bit about myself.
As an example of a country, I grew up in California, in the United States. If you look at my passport you'll find me an 'American citizen'. However, ethnically speaking my family is 'Ulster Scots' (a group of people descended from migrants of Scotland into Ireland, beginning in the early 1600s). My name too, 'Ian', is not English (though it did become popular in England at one point), but is derived from Scots language variants of the names 'Eoin' and 'Sean'. At least in our family, we didn't have a particular strong or patriotic idea of what it meant to be 'American', let alone 'white' or anything else. But in the end, even ethnicity is a largely social construction.

"If you weren't born here, don't act like you're one of us!"
Though this line of thought is not limited to Northern Ireland, there are a fair amount of people out there who think that if you weren't physically born in a certain place, you shouldn't identify with that place. People of the Chinese diaspora face similar criticism at times from those born in China, naturalized citizens in many countries deal with discrimination in some form. One thing I personally realize now is that there's no need to rely on others to validate your individual identity (though validation is still important). Before you ask yourself where or what you identify with, it's important to get to know your own identity first.

Getting back to Japan, even in my short time in Fukuoka I would say that the area is relatively tolerant of diversity. The region has a long history of international exchange, especially with China and Korea, and in today's harsh climate of China-Japan-Korea relations, and seems to be continuing that tradition very well, through things like civilian travel, and museum exhibits covering this history. Above all, I'm very grateful to have been given the opportunity to work in a position that supports international exchange. I give my thanks not just to Fukuoka but also to my co-workers who welcomed me as an individual.

From here on out, I'll be writing on a variety of international subjects and news, so please read with an open mind and an open heart.

Ian Reid



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) レインボープラザ移転のお知らせ
 2) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
 3) ホストファミリー登録説明会
 4) 日本語おしゃべりサロン
 5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
 6) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2016」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) 臨時福祉給付金のご案内
 2) 9月24日〜30日は結核予防週間です
 3) こくさいひろばイベント情報
 4) シネラ情報
 5) 中国語おはなし会
 6) アジアフォーカス・福岡国際映画祭

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) JICAデスク福岡からのお知らせ
 2) 西日本日独協会 秋期ドイツ語教室

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) 日本語教師&児童英語教師養成課程の講座説明会 公開講義/ことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」
 2) ニュージーランド留学フェア2016
 3) 第13回太鼓ピクニックin筑豊緑地
 4) サルサスペシャルワークショップ

5. ケルト人の見方
 “九州上陸、民族意識”


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団

  9月30日まで:
   〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
   Tel: 092-733-5630
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp

  10月3日より:
   〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
   Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700

   URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 福岡よかトピア国際交流財団・レインボープラザ移転のお知らせ
福岡よかトピア国際交流財団は、福岡市役所北別館5階の事務所とイムズビル8階にあるレインボープラザを統合して、10月から福岡市国際会館(博多区店屋町)に移転します。
なお、現在のレインボープラザ(イムズビル8階)は、移転準備のため9月25日(日)から閉館いたします。
施設概要
住所:博多区店屋町4-1
施設名:福岡市国際会館  Fukuoka City International Center
開所時期:10月3日(月)
開館時間:平日8:45〜18:00(4階国際交流フロア:8:45〜21時)
専門相談は、従来通りの日程で実施

2) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集

レインボープラザから、留学生ホームビジット交流(学生交流)のお知らせです。
福岡都市圏の大学、短期大学または語学学校等に在籍する外国人学生に対して、外国人学生と継続的に交流したい日本人の家庭をご紹介します。家庭を訪問し、一緒に食事をしながら会話を楽しむなど、それぞれの自由な方法で交流を重ね、友好親善と相互理解を深めます。交流期間は11月から1月までで、定員は20名です。詳しくはホームページを見てください。
 参加を希望される方は、9月10日までにレインボープラザに電話してください。面談日を決めます。面談日には、申込書、学生証、在留カードを持ってきてください。申込書はホームページからダウンロードできますが、面談の時に記入することもできます。
また、10月23日(日) にホストファミリーとの対面式を行いますので、出席を予定しておいてください。都合が悪い場合は、別の日に個別対面を行います。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/08.html

面談予約・問合せ:レインボープラザ
Tel:092-733-2220(9/30まで)、092-262-1700(10/3から)

3) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:10月23日(日)14:00〜15:00
場所:福岡市国際会館小会議室
住所:福岡市博多区店屋町4-1
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ: レインボープラザ
Tel:092-733-2220(9/30まで)、092-262-1700(10/3から)

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30〜17:00 (時間内出入り自由)
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ: レインボープラザ
Tel:092-733-2220

5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:9月15日(木)18:30〜20:00
語り手:ホッサエン・エムデー・カビルさん (バングラデッシュ、ダッカ出身)
日本経済大学 経営学部
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ: レインボープラザ
Tel:092-733-2220

6) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2016」
福岡を拠点に国際協力・国際交流に取り組んでいる団体が一堂に会し、各団体の活動紹介を行います。

日時:10月30日(日)10:00〜16:00
会場:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1-1)
詳細はこちら:http://chikyushimin.jimdo.com/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 臨時福祉給付金のご案内
2014年4月より消費税率が8%に引き上げられたことに伴い、所得が低い人の支援のため、臨時福祉給付金を支給します。
対象者は、2016年度の市町村民税が課税されていない人です(ただし、課税されている人に扶養されている場合や、生活保護を受給している場合は対象外)。
福岡市では、対象となる可能性のある世帯へ、8月中旬から申請書を郵送していますので、郵送か窓口で提出してください(窓口は各区役所や出張所で、12月22日まで運営しています)。

申請期間:2016年9月1日〜2017年1月31日まで
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/rinjikyufu/life/rinjifukushi_3.html 

問合せ:福岡市臨時福祉給付金コールセンター 
Tel:0570-071-071(月曜〜金曜 9:00〜18:00)

2) 9月24日〜30日は結核予防週間です
日本では、毎年2万人以上も新たに結核患者が発生しています。若い世代からの発症も認められる「現代の病気」です。早期に見つかると、通常の生活を送りながら、通院治療だけで治すことができますが、放っておくと、周囲の人にうつしたり、死に至ることもあります。
結核の症状は、咳、痰、発熱、倦怠感などカゼの症状と似ています。咳等が長く続く(2週間以上)など、気になる症状があるときには、早めに医療機関で受診しましょう。
※福岡市では、日本語教育施設の留学生や留学生の家族等、入国5年以内の短期在日外国人で健診機会のない方を対象に、無料で胸部X線撮影を実施します。
ぜひこの機会に健診を受診しませんか。
予約が必要です。下記へお申込みください。

期間:9月1日(木)〜30日(金) (土日、祝日を除く)
時間:13:30〜15:00
場所:福岡結核予防センター(福岡市中央区大名2−4−7)
健診項目:胸部エックス線撮影
費用:無料
予約申込み:福岡結核予防センター
Tel:092−761−5466
Fax:092−761−5467

問合せ:保健福祉局 保健予防課
Tel:092−711−4270
Fax:092−733−5535

3) こくさいひろばイベント情報
アクロス福岡3F こくさいひろば(中央区天神1-1-1)で行われるイベントの情報三つ。申込みは全て、電話かFAXかメールで。

留学体験談ひろば アメリカへ行こう!
留学体験者が、留学準備から留学生活、留学後の様子についてホットな体験談を話します。また現地大学による個別相談、福岡アメリカンセンターからの情報提供も行われます。
日時:9月17日(土)10:00〜(ハワイ編)14:00〜(アメリカ本土編)
参加費:無料
詳細はこちら:
https://www.kokusaihiroba.or.jp/event/detail/?content_id=2243&cal_yy=0&cal_mm=0

こくさいひろばカフェで世界一周 セルビア&ドイツ
県内の学校などで活躍している国際理解教育の外国人・日本人講師が活動を紹介。お菓子やお茶を味わいながら、世界の人々と交流できるイベントです。
日時:9月25日(日)14:00〜16:00
参加費:一般:300円、賛助会員:無料 
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/

ハビタットひろばUN HABITAT アフガニスタン
国連ハビタット福岡本部と福岡県国際交流センターによる合同レクチャーシリーズ。
日時:10月1日(土)14:00〜15:00
参加費:無料
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/

問合せ・申込み:(公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel:092-725-9200
Fax:092-725-9206
Email:info@kokusaihiroba.or.jp

4) シネラ情報
A.R.ラフマーンの映画音楽
今年福岡アジア文化賞大賞を受賞したA.R.ラフマーン氏を一躍時代の寵児にしたインド映画2作品を上映。

日時:9月19日(月・祝)11:00 ロージャー、14:30 ボンベイ
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
Tel: 092-852-0600

5) 中国語おはなし会
絵本のよみきかせ、クイズや中国のあそびもあります。

日時:9月11日(日)10:30〜11:15、11:30〜12:15(内容は同じ)
場所:総合図書館 1階 こども図書館 おはなしの家(早良区百道浜3丁目7番1号)
定員:各回 先着40名
詳細はこちら:http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/news/detail/580

問合せ:福岡市総合図書館 図書サービス課 相談係
Tel:092-852-0632

6) アジアフォーカス・福岡国際映画祭
アジアの新作・話題作の上映、監督・俳優などのゲストによる舞台挨拶などイベントも。

日時:9月15日(木)〜25日(日)
会場:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(福岡市博多区)、ぽんプラザホール(博多区祇園8-3)
詳細はこちら:http://www.focus-on-asia.com/

問合せ:アジアフォーカス・福岡国際映画祭事務局
Tel:092-733-5170(平日10:00-17:00)


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAボランティア秋募集「体験談&説明会」
「青年海外協力隊」「シニア海外ボランティア」の秋募集が、9月30日から11月4日の期間で実施されます。この募集期間に合わせ「体験談&説明会」が行われます。

9月25日(日)14:30〜16:30 JR博多シティ9F 会議室1・2
10月6日(木)19:00〜20:30 JR博多シティ10F 会議室CD
10月16日(日)14:30〜16:30 福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん(天神クラス4F)
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel:092-733-5638
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) 西日本日独協会 ドイツ語教室
初心者コースから上級コースまで秋季講座受付中。コースにより場所が異なります。
詳細はこちら:http://jdg-nishinihon.org/?q=node/7

問合せ:西日本日独協会
Tel/Fax:092-524-0059
Email:info@jdg-nishinihon.org
所在地:福岡市中央区白金2-9-6 城島印刷 株式会社


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 日本語教師&児童英語教師養成課程の講座説明会
英国国際教育研究所が英国ロンドンで開講する日本語教師養成課程と児童英語教師養成課程に関する講座説明およびことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」を開催。当日は、図師照幸所長が英国から来日し公開講義などを行う。終了後は英国留学相談会を実施。どなたでも参加可能。

日時:10月30日(日)14:00〜16:30
会場:アクロス福岡(中央区天神1-1-1)
参加費:無料(要予約)
詳細はこちら:http://www.iiel.org.uk/opendays/opendays_in_japan.html

問合せ・予約:英国国際教育研究所 英国本部
E-mail:enquiries@iiel.org.uk
URL:http://www.iiel.org.uk

2) ニュージーランド留学フェア2016
ニュージーランド大使館主催のイベントに、小・中学・高校、大学、英語学校など多数来日し、個別相談に応じます。ニュージーランドのスイーツやドリンクもご用意。

日時:10月8日(土)13:00〜17:00(入退場自由)
会場:電気ビル共創館(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
入場料:無料
詳細はこちら:www.studyinnewzealand.govt.nz/jp/nzfair

問合せ:ニュージーランド大使館
japan@enz.govt.nz

3) 第13回太鼓ピクニックin筑豊緑地
和太鼓イベント参加者募集。当日の観覧無料。

日時:10月9日(日)10:00〜16:00
   10月10日(祝)10:00〜15:00
会場:筑豊緑地 野外ステージ(飯塚市仁保8-25)
参加費:1人300円 

問合せ:第13回太鼓ピクニック実行委員会
Tel:0948-23-5534
Fax:0948-28-8574

4) サルサスペシャルワークショップ
福岡では珍しいサルサ、ルエダの基本を学べるチャンス。ルエダとは、ペアダンスのサルサを複数のペアが輪になって、リーダーの掛け声で技を繰り出したり、パートナーを替えながら踊るスタイルです。サルサ、ルエダの経験は問いません。

日時:9月22日(祝木)
14:00〜15:30 入門レベル 2,000円
15:50〜17:20 オールレベル 2,000円
(両方受講の方は、9/21(水)までに主催者宛に申込むと\3,000になります。)
場所:福岡市民会館 3階 練習室D(更衣室4F)
詳細はこちら:https://www.facebook.com/groups/841723002614355/

問合せ:Miami Rueda Club Fukuoka
Email:cyberhaoyi@gmail.com (英語、中国語可)


5) ケルト人の見方

“九州上陸、民族意識”

以前にも日本に来たことがあるのですが、日本に来たことがあるといっても、地方の方言から習慣まで知らない所が山ほどあります。
ですが、私の育ちが少し変わっていることで共通点もあります。例えば、初めて福岡に来た日―九州自体が初めてで、博多弁も何も知らなかったです。でも、八十・九十年代の流行曲はある程度知っているので、猿岩石やブラックビスケッツの話で盛り上がったり、幼い頃から中華料理が好きだったのでアジアの食習慣について話をしたりしました。職場の人達も温かく歓迎してくれて、凄く良い雰囲気でした。国際交流はそういう単純なことから始まるのだろうと思いました。

国際交流と言えば、福岡に来る前に東京で三日間のオリエンテーションがあって、そこで同じプログラムの国際交流員達と一緒に過ごしていました。
そこで海外で仕事をする際の教えの一つとして、「常に自国の大使だと思いながら行動するように」と言われてきました。結局、このプログラムで雇われているCIRはある意味公務員のようなものなので、基本的には良い考えだと思います。でも人間って社会認識やコミュニティに対してみんな少し違った意識を持っていますよね。何のことかと言いますと、「○○人」問題です。こういう呼び方は、何が決めるのでしょうか? 国籍、民族、社会的認識でしょうか? この概念は国や時代によって変わってくるものです。

話が重くなり過ぎる前に少し私自身の話をさせて頂きます。
例えば国ですが、私はアメリカのカリフォルニア育ち。国籍を見れば、私は「アメリカ人」。でも、民族はケルト民族の一つ、「Ulster Scots」(1600年代初頭、スコットランドからアイルランドに移民した人々)。名前の「Ian」も、もともとは英語ではなく、ゲール語の名前です。少なくとも私の家族は「アメリカ人」と言われても、あまりピンときません。「白人」としての意識は尚更のことです。しかし、結局民族というものも、社会的構造に過ぎません。

「ここで生まれなかったら現地人気取りをするな!」アイルランドに限らずこういう考えを持っている人はかなりいます。親がどうだろうと、その場所で生まれなければそこの人間じゃない、と。
移住先の国籍を取得した中華系の人たちも、中華圏で生まれた人たちから同じような批判を時折受けることがありますし、多くの国で、帰化した人たちが何らかのかたちの差別に対処しています。
成人になってから分かったのは、自分のアイデンティティを実証するのに他人に頼る必要はないということです。結局自分に「○○人」を問う前に大事なのは、心の中のアイデンティティを知ることです。

日本の話に戻しますと、まだ短い福岡での経験では、どちらかというと多様性に関して寛容な方だと感じます。この地域は昔から中国、韓国との国際交流の歴史があり、現代の厳しい日中韓関係においてでも、民間の旅行やそういう歴史を扱った博物館での展示会など、そのよい伝統が続いているという印象です。その国際関係を支える仕事をさせて下さった福岡市にも感謝しています。そして、国籍と関係なく優しく接してくれた同僚にも感謝です。

これから色々な国際的な話題について書きますので、宜しくお願い致します!

イアン リド


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/