Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.173 5 October, 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

Our office has moved to Tenyamachi. As if welcoming us, Fukuoka Oktoberfest, the festival of German beer, is going to be held in Reisen Park, which is in front of our office, from October14 to 23.



福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
私どもの事務所が今月、店屋町に移転しました。目の前の冷泉公園では、まるで歓迎してくれるかのように、今月14日から23日まで、ドイツビールの祭典、福岡オクトーバーフェストが行われます。




FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Rainbow Plaza Has Moved
  2) The International Cooperation Fair "Global Citizen Dontaku 2016"
  3) Participants Wanted for the 12th "Welcome to Fukuoka" Event
  4) Home Visit Program for International Students
  5) Japanese Chatting Salon
  6) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
  1) Cine-la Information
  2) Nigeria Day @ KOKUSAI HIROBA
 
3. News from FUKU-NET Members
  1) Halloween Salsa 2016

4. Celtic Perspectives
  "Japan, Mass Producer of Loanwords"



1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Rainbow Plaza Has Moved
The Fukuoka City International Foundation (on the 5th floor of the Fukuoka City Hall North Annex), along with Rainbow Plaza (on the 8th floor of the IMS Building), have moved to the Fukuoka City International Center (located in Tenyamachi, Hakata-ku).

Hours of Operation: 8:45am-6:00pm
*The International Exchange Floor (the 4th Floor) is open until 9pm
*Specialized counselling offered on specified days and times.

Information Coordination Section (former Rainbow Plaza)
Tel: 092-262-1799

2) The International Cooperation Fair "Global Citizen Dontaku 2016"
Various groups, active in international cooperation and exchange in Fukuoka, will introduce their activities.

Date: Sun., 30 October
Time: 10:00am - 4:00pm
Venue: Tenjin Central Park (1-1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City)
Further information: http://chikyushimin.jimdo.com/ (in Japanese)

3) Participants Wanted for the 12th "Welcome to Fukuoka" Event
Attaka Fukuoka is seeking international students to participate in a free exchange event to welcome students who are new to Fukuoka. Application is required.
Date/Time: November 3 (Thu./holiday) 10:00am - 2:00pm
Venue: West-side lawns of Maizuru Park
(5 min. walk from Subway Ohorikoen Station)
Number of Participants: Limited to 150 international students
(on a first-come, first-served basis)
Application Deadline: October 17 (Mon.) 5:00pm
Further information:
https://www.facebook.com/%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B%E7%A6%8F%E5%B2%A1-181611741967871/

Inquiries: Attaka Fukuoka (Information Coordination Section)
Tel: 092-262-1799 Fax: 092-262-2700
Email: kangei-af@rainbowfia.or.jp

4) Home Visit Program for International Students
The Home Visit Program introduces international students enrolled in colleges, junior colleges or language schools in the Fukuoka metropolitan area, to Japanese families in Fukuoka that are interested in international exchange, providing the opportunity for them to meet regularly and deepen mutual understanding.
Student participants and Japanese host families enjoy their time together through conversation over meals, etc. Each student-family pair is free to decide on where and how they will spend time together. The period of exchange is from November through January. There are spots for 20 participants.
Interested parties should call us by November 10th to set up an interview. Please bring your application, school ID, and Residence Card with you to the interview. Applications can be downloaded from the website and may be filled out at the time of your interview.
Also, please be aware that there will be an introduction ceremony for student participants and host families on Sunday, December 18th. All participating parties are expected to attend. If circumstances prevent participants from attending, a private meeting will be arranged for a separate date.
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/08.html

Inquiries: Information Coordination Section (former Rainbow Plaza)
Tel: 092-262-1799

5) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.
Venue: Fukuoka City International Center 4F Meeting Room
Date: First and third Thursday of every month.
Time: 1:30pm - 5:00pm (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Information Coordination Section (former Rainbow Plaza)
Tel: 092-262-1799

6)  Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 6:30pm - 8:00pm, Thu., 20 October
Lecturer: Bui Thi Chi (Thai-binh, Vietnam)
Department of Business Management, Faculty of Commerce, Fukuoka University
Venue: Fukuoka City International Center 4F Meeting Room
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section (former Rainbow Plaza)
Tel: 092-262-1799


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Cine-la Information
1. Selection of recent films by Apichatpong Weerasethakul
Two recent titles will be screening for the first time in Fukuoka.
Date: until 9 October
Fee: Adults 900 yen, univ. and high school students 800 yen, junior high and elementary school students 700 yen

2. Modern Taiwanese films with a focus on Film Director Wei Te-Sheng
Date: 10 - 30 October
Fee: Adults 600 yen, univ. and high school students 500 yen, junior high and elementary school students 400 yen

Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la (3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Inquiries: Cine-la
Tel: 092-852-0600
Further Information: http://www.cinela.com/english/

2) Nigeria Day @ KOKUSAI HIROBA
Lecture "Nigeria on the path to greater future", quiz, dance performance, fashion show and more.

Date: 1:30pm - 4:30pm, Sun., 9 October
Fee: Free
Address: ACROS Fukuoka, 1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City
Further information: https://www.kokusaihiroba.or.jp/english/

Inquiries: Fukuoka International Exchange Foundation
Tel: 092-725-9200
Fax: 092-725-9206
Email: info@kokusaihiroba.or.jp

3. News from FUKU-NET Members
 
1) Halloween Salsa 2016
Latin Halloween party with various entertainments and dance performances.

Date: Sat., 29 October
Open: 7:00pm Live Starts: 8:30pm
Venue: Dining Event Space "TIEMPO HALL"
Address: Daimyo 11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City
Fee: Advanced Ticket 1,800 yen, Door 2,300 yen, Under 15 years 500 yen
* The purchase of a drink ticket (500 yen) is necessary.
Further information: http://www.tiempo.jp/index_english.html

Inquiries: TIEMPO Iberoamericano
Tel: 092-762-4100


4. Celtic Perspectives
 
"Japan, Mass Producer of Loanwords"

Japanese proficiency is an absolute must for anyone trying to get by in modern Japanese society. But, Japanese as a language has many words which do not originate from Japanese: Words imported straight from foreign languages, foreign-sounding words made natively in Japan, and simply Japanese words. They all exist as part of the language we think of as 'Japanese'. Someone raised in that linguistic environment likely wouldn’t think anything of it, but, well, between foreign learners of Japanese, it’s a common talking point.

When I consider what the most long-standing, natural-seeming kind of loanwords might be, the obvious answer is Sino-Japanese vocabulary. Importing the system of hanzi/kanji itself was the first big step, as was also the case in Goryeo Korea and pre-modern Vietnam, and Chinese loanwords include terms (such as 'history' - lishi/rekishi or 'contradiction' - maodun/mujyun) and idioms (such as 'sincere in heart and intention' or 'surrounded on all sides') which are still used in Modern Japanese. In addition to these, there are a fair number of Sino-Japanese words produced in Japan that were then reverse-imported into Chinese as well, such as 'democracy', 'society', or 'science'. In the Meiji Period, new concepts from technological advancements and ideas were reshaped into new hanzi words, like 'telephone' (denwa) or 'train' (densha), thereby expanding the expressive abilities of Japanese and other hanzi-using languages. Even people who had no conception of what the word meant could at least get a vague idea of what it was by looking at the characters. Despite kanji not originally being from Japan, it was manipulated and used very naturally.

On the other hand, there are also many words just imported wholesale from Western languages, as well as domestically-produced English words contained in Japanese. Words like arubaito (from the German arbeit), mesu (from the Dutch mes), or ajito (from Russian agitpunkt). They all have varied international origins, but one has to wonder if the average person is cognizant of that. I don’t suppose anyone would be phased by technical loanwords like konpyuutaa ('Computer'), but how about consento, chaku, or shaapen? These sorts of words are often puzzling for foreign learners for a number of reasons, but just as one example, the word shaapen does not actually exist in any language besides Japanese. [For English-speaking readers, a shaapen is a propelling/mechanical pencil. The name is a contraction of 'sharp pencil', which is itself derived from an American trademark for an 'Eversharp Pencil'.] Looking at another of the examples mentioned above, 'consent' does exist in English, but the Japanese word refers to an electrical socket/outlet. [The term 'consent' actually has nothing to do with the English term even in origin, as it is derived from the much older expression 'concentric plug'.] I often find myself thinking about how words came to be called what they are.

I don't think there's by any means a definitive explanation for every loanword, as each field has its own circumstances surrounding their specialized terms. The most mysterious part to me though, is words imported in different methods despite originating in the same time period in similar areas. The aforementioned denwa and densha were made into kanji expressions, while radio became rajio. In the 90s and early 2000s the term for mobile phone was keitai denwa, but now most are referred to by an abbreviation of the English 'smartphone', sumaho. Linguistically, the ability to use words like these so naturally is very interesting, but personally I'd say the kanji words are easier to understand in the context of Japanese.

In the world of Japanese finance and IT, you sometimes see words used like soryuushonzu, kuraudo soushingu, or guroubaru sutandaado used with a baffling frequency. [These are 'Solutions', 'Cloud Sourcing', and 'Global Standard', respectively.] If you were to read them as they are presented in Japanese you wouldn’t necessarily know they were English words, and since they aren't being used in the context of an English conversation, I can only imagine a few sociological reasons as to why they are used in this way. Like that the arenas of finance and IT are very international and/or swayed by foreign investment, and therefore using English, however haphazardly, is necessary, or makes one seem distinguished.

However, if you think about it from a linguistic perspective, is there anyone who truly thinks that guroubaru sutandaado is more intelligible than say, sekai kijyun? [the Sino-Japanese compound that also means 'global standard'.] I find myself thinking, "the best utility of hanzi is its ability to convey a great deal of information in a very short format, so why go through the trouble to force in words people would have a harder time understanding?" I can understand using them to work in a professional English context, but in Japanese there's a forced feeling I can't deny whenever I read them. Differentiating between guroobaru sutandaado and 'global standard' as words with different nuances in my head is enough trouble as it is, but sometimes the meanings are just entirely different (or incorrect, from an English speaker's perspective).

To give one more example, most organizations refer to the main page of their website as their 'home page', or HP. While in Japanese this does refer to the main page of a given website, in English 'home page' refers to the page the user sets for when their browser first opens, like Google or Yahoo. This can seem like a pernickety way of looking at things from just a word or two, but it becomes complicated the more phrases like this there are.

In the end, whether it's Japanese, Chinese, or any other language's words, language itself is an ever-changing beast. Ultimately what word you personally decide to use is up to you, but I think sometimes it might be worthwhile to put some thought into the intelligibility and historical context of your speech and writing.

Ian Reid


福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 福岡よかトピア国際交流財団・レインボープラザ移転のお知らせ
 2) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2016」
 3) 第12回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
 4) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
 5) ホストファミリー登録説明会
 6) 日本語おしゃべりサロン
  7) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  8) 第14回外国人による日本語スピーチコンテスト聴講者募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) こくさいひろばイベント情報
 2) シネラ情報

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) FUKU-NET連絡会 一般公開講座
 2) JICAデスク福岡からのお知らせ
  3) ヒッポファミリークラブ ワークショップ&講演会
  4) ハロウィンサルサ サルソン仮装舞踏会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) IAC秋の留学フェスタ
 2) TCFフランス語能力テスト
 3) 九州中国帰国者支援・交流センター ボランティア募集

5. ケルト人の見方
 “独特な外来語生産大国 ニッポン”


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込みは下記へ。

    福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 福岡よかトピア国際交流財団・レインボープラザ移転のお知らせ
福岡よかトピア国際交流財団は、福岡市役所北別館5階の事務所とイムズビル8階のレインボープラザを統合して、福岡市国際会館(博多区店屋町)に移転しました。

開館時間:平日8:45~18:00(4階国際交流フロア:8:45~21:00)
専門相談は、従来通りの日程で実施

2) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2016」
福岡を拠点に国際協力・国際交流に取り組んでいる団体が一堂に会し、各団体の活動紹介を行います。今年で18回目を迎えるこのイベントでは、世界の料理や民芸品等の販売や「太極拳体験教室」などのワークショップなど盛りだくさん。アクロス福岡2階セミナー室2では、映画「クロスロード」上映もあります。

日時:10月30日(日)10:00~16:00
会場:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1-1)

ポスターコンクール表彰作品展及び団体紹介パネル展
日時:10月24日(月)~29日(土)
会場:福岡市役所本庁舎1階 多目的スペース

詳細はこちら:http://chikyushimin.jimdo.com/

3) 第12回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
新しく福岡に来た外国人学生を歓迎し、一緒にレクリエーションで交流します。皆さんのご参加をお待ちしています。参加無料、要事前申込。

日時:11月3日(祝・木)10:00~14:00
集合:舞鶴公園西広場(芝生広場)(地下鉄大濠公園駅より徒歩5分)
募集:市民参加者150名、外国人学生150名(いずれも先着順)
締切:10月17日(月)17:00
詳細はこちら:https://www.facebook.com/%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B%E7%A6%8F%E5%B2%A1-181611741967871/

申込み:福岡外国人学生支援の会事務局(情報相談課)
Tel:092-262-1799
Fax:092-262-2700
Email: kangei-af@rainbowfia.or.jp

4) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
福岡都市圏の大学、短期大学または語学学校等に在籍する外国人学生に対して、外国人学生と継続的に交流したい日本人の家庭をご紹介します。家庭を訪問し、一緒に食事をしながら会話を楽しむなど、それぞれの自由な方法で交流を重ね、友好親善と相互理解を深めます。交流期間は1月から3月までで、定員は20名です。詳しくはホームページを見てください。
 参加を希望される方は、11月10日までに電話してください。面談日を決めます。面談日には、申込書、学生証、在留カードを持ってきてください。申込書はホームページからダウンロードできますが、面談の時に記入することもできます。
また、12月18日(日)にホストファミリーとの対面式を行いますので、出席を予定しておいてください。都合が悪い場合は、別の日に個別対面を行います。

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/08.html
Tel: 092-262-1799

5) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:10月23日(日) 14:00~15:00
場所:福岡市国際会館小会議室
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html
Tel: 092-262-1799

6) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00 (時間内出入り自由)
場所:福岡市国際会館(旧福岡国際交流会館) 4階 大会議室
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html
Tel:092-262-1799

7) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:10月20日(木)18:30~20:00
語り手:ヴィ ティ チィさん (ベトナム、タイビン省出身)
福岡大学 商学部 経営学科
場所:福岡市国際会館(旧福岡国際交流会館) 4階 大会議室
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html
Tel:092-262-1799

8) 第14回外国人による日本語スピーチコンテスト聴講者募集
福岡都市圏で日本語を学んでいる外国人が、日本・福岡の生活で感じたことなどを日本語でスピーチします。普段気が付かない日本の魅了や外国人の考え方などを知ることができます。留学生による民族舞踏などのアトラクションもあります。

日時:10月16日(日)10:00~15:30(予定)
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)(福岡市中央区荒戸3丁目3−39)
入場料:無料


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) こくさいひろばイベント情報
こくさいひろばでのイベント2つ。両方とも会場は、アクロス福岡3F こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1)

・第6回ナイジェリア・デー@こくさいひろば
講演「ナイジェリアの明るい未来への道のり」、クイズ、ダンスやファッションショーなど盛りだくさん。
日時:10月9日(日)13:30~16:30
参加費:無料
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/news/detail/?content_id=2273

・留学体験談ひろば 第2回 カナダへ行こう!
留学体験者からのホットな情報や、カナダ大使館や現地大学等教育機関による最新の情報提供、留学相談など、留学に関心がある方は是非!
日時:11月6日(日)14:00~
参加費:無料
申込み:Tel、Fax、Email
詳細はこちら:
http://www.kokusaihiroba.or.jp/event/detail/?content_id=2244&cal_yy=0&cal_mm=0

問合せ:(公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel:092-725-9200
Fax:092-725-9206
Email:info@kokusaihiroba.or.jp

2) シネラ情報
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督特集
タイ映画の鬼才アピチャッポン監督の福岡初公開の新作2本を上映
会期:10月9日(日)まで
観覧料:大人900円、大学生・高校生800円、中学生・小学生700円

現代台湾映画特集
ウェイ・ダーション監督を中心に近年話題の作品を特集
会期:10月10日(月・祝)~10月30日(日)
観覧料:大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
Tel: 092-852-0600
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) FUKU-NET連絡会 一般公開講座
「大震災!知っておくこと できること ~熊本地震でその時外国人に何が起こったか~」
講演後、グループワークもあります。

日時:10月23日(日)14:00~16:30
会場:福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)
料金:無料
定員:先着50名
申込み:下記FaxかEmailに応募事項とメールアドレスを書いて。(定員を超えた場合のみ通知)

問合せ:福岡よかトピア国際交流財団
Tel:092-262-1700
Fax:092-262-2700
Email:fuku-net@rainbowfia.or.jp

2) JICAデスク福岡からのお知らせ
JICAボランティア秋募集「体験談&説明会」
「青年海外協力隊」「シニア海外ボランティア」の秋募集がはじまりました。募集期間は11月4日(シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティアで語学試験(西・仏)を受験する方は10月26日)までです。福岡でも「体験談&説明会」が行われますのでお気軽にお越しください。

日時・場所:10月6日(木)19:00~20:30 JR博多シティ10F 会議室CD
10月16日(日)14:30~16:30 福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん(天神クラス4F)
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel:092-262-1714
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3)  ヒッポファミリークラブ ワークショップ&講演会
「7カ国語で話そう。」
福岡市、大野城市、春日市、太宰府市、久留米市、佐賀市の市民センターおよび公民館で行われます。大人も子供も一緒に参加できます。

期間:11月20日(日)まで
参加費:無料
託児:あり(1人500円)
詳細はこちら:http://www.hfcw.jp/

問合せ:一般財団法人言語交流研究所「ヒッポファミリークラブ」
Tel:0120-557-761(平日10時~16時)

4)  ハロウィンサルサ サルソン仮装舞踏会
ミニダンスレッスン、ライブ、ダンスパフォーマンスに仮装コンテストなど、子供から大人まで皆で楽しめるラテン流ハロウィーンパーティー

日時:10月29日(土) 開場 19:00、スタート 20:30
会場:ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」(福岡市中央区大名1-15‐11 Daimyo11511ビル 3F)
前売:1,800円
当日:2,300円
中学生以下:500円 
※ 入場時別途ワンドリンクチケット500円要購入
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/index.html

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ
Tel:092-762-4100


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) IAC秋の留学フェスタ2016
世界各国の教育機関・学校スタッフが来福。何でも相談してみよう!

日時:10月30日(日)12:00~17:00
会場:IAC留学アカデミー福岡校(福岡市中央区天神3-3-5天神大産ビル6F)
詳細はこちら:http://iac-academy.com/

問合せ:IAC留学アカデミー福岡校
Tel:0120-94-5525

2) TCFフランス語能力テスト
フランス国民教育省が認定した総合的なフランス語学力レベルを測るテスト。

出願締切:10月15日(土)17:00まで
試験日:11月27日(日)
受験料:12,000円
詳細はこちら:http://www.institutfrancais.jp/kyushu/examens/tcf/

問合せ:アンスティチュ・フランセ九州
Tel:092-712-0904

3) 九州中国帰国者支援・交流センターからのお知らせ
・「日本語サロン」ボランティア募集
中国帰国者と日本語でおしゃべりをしていただける方を募集中。10月のテーマは「忘れられない体験」、11月は「私の節約術」。
開催日:10月16日、11月13日
時間:13:00~15:00
場所:九州中国帰国者支援・交流センター(福岡市中央区大名2-6-39ランディックビル大名6F)
申込み:Tel、FAX、Email

・「ボランティアさんと楽しむ脳トレ教室」ボランティア募集(日本語交流)
高齢化してきた帰国者の介護予防のための「脳トレ教室」。日本語でしゃべりながらゲームを一緒に楽しんでいただける方を募集中。
開催日:水曜クラス 10月19日、11月16日
    金曜クラス 10月21日、11月18日
時間:13:00~15:00
場所:同上
申込み:Tel、FAX、Email

申込み・問合せ:九州中国帰国者支援・交流センター
Tel:092-713-9988
Fax:092-713-9987
Email:kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp
詳細はこちら:http://www.sien-center.or.jp/


5) ケルト人の見方
“独特な外来語生産大国 ニッポン”

現代日本の社会で上手く生活してゆくのに必須なのは勿論、日本語力。ですが日本語の中で日本語でない言葉が沢山混じっています。そのまま外国から来ている言葉、日本で作られた外国語由来の言葉、そして純日本語、全てが「日本語」に共存しています。その環境で育てられた人達から見ると、そうおかしくないと感じるでしょうが、日本語を学ぶ人の間では、よく話題になります。

一番古くからある、自然な外来語は漢語ではないでしょうか?高麗(韓国)や越南(ベトナム)と同じように、中国から漢字を導入し、中国語からの漢語(歴史、矛盾など)や成語(誠心誠意、四面楚歌など)がいまだに使われていて、日本で作られた漢語(民主、社会、科学など)も中国語に逆輸入される例も結構あります。明治時代には「電話」や「電車」、新しい概念と発明を漢字にして日本語の世界が広がりました。ぱっと見れば何なのかがある程度分かるようになりました。違う国からの文字なのにも関わらず、自然に使われています。

その一方で、西洋から来た外来語や和製英語もあります。ドイツ語からの「アルバイト」、オランダ語からの「メス」、ロシア語からの「アジト」。様々由来がありますね。「コンピューター」等のテクニカル英語だと戸惑うことはないと思いますが、「コンセント」、「チャック」、「シャーペン」のような分かりにくい単語が日本語学習者をかなり迷わせます。他にも似ている例が沢山あります。「コンセント・‘consent’」はあるけれど、日本語と違って、「同意」の意味を指します。何故こういう風になったのか、何故昔みたいに新しい言葉を作らないのか、よく考えさせられます。

絶対的な答えは知りませんし、各分野において違う経緯があるのだと思います。ですが、最も不思議なのは、同じ時代でも片仮名にされたり漢字にされたりする単語があるということです。例えば「電車」と「電話」と同時に「ラジオ」、携帯電話からスマホなど。違和感なく使いこなすこと自体が言語学的に凄く面白いと思いますけど、個人的には漢字の方が分かりやすい気もします。

金融界やIT業界の用語として「ソリューションズ」、「クラウドソーシング」、「グローバルスタンダード」等の片仮名英単語が頻繁に使われるようですが、長くて仮名通りに言ってみたら英語にも聞こえません。英語の会話で使うつもりもないまま、使うのに何の利益があるかと考えたら、社会学的な理由は幾つかあると思います。その業界が国際的で外資の動きに左右されるため英語が必要だとか、またはみんなよりちょっと偉いと思っているといったところでしょうか。

しかし、言語学的に考えたら、「世界基準」より「グローバルスタンダード」の方が分かりやすいとみんな思っているのでしょうか?元々短く書けたり意味を表したりする事ができるのが漢字の利点なのに、と思ってしまいます。英語での会話ならともかく、無理やり感をどうしても否めません。英語のGlobal Standardという言葉に対する意識との違いやニュアンスを頭で理解しても違和感を感じて仕方ないです。また単純に意味が間違えっている言葉もあります。

一つ例を挙げれば、「HP」、つまり「ホームページ」です。日本語では、会社などのウェブサイトを見る時の最初に出てくるページのことを指します。英語では、(自分で設定する)ブラウザーを開く時の最初に出てくるページ(YahooやGoogleなど)を指します。一つの例だけだと小さなことのように聞こえるかもしれませんが、積み重なると複雑になってきます。結局和語・漢語・他の外来語であろうとも、言語はいつも変わってゆくものなので、どういう言葉を使うかは本人次第だと思います。ただし、言葉を進化させるのには、分かりやすさと歴史的背景を考えに入れる必要があるかと、たまに考えます。

イアン リド



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation
Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp