Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.175  5 December, 2016
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

Less than a month left in the year. It's Christmas season, with beautiful illuminations in town. It's also the season for end-of-the-year parties. And for Japan, it's the busiest season when it comes to preparing for a new year.


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

今年も残すところ一ヶ月を切りました。街中のイルミネーションが美しく輝くクリスマスシーズン到来と同時に、忘年会の季節でもあり、また新年を迎える準備も少しずつ始めなければなりません。忙しい季節の到来です。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Closed on New Year Holidays
  2) "Living in Fukuoka" Website
  3) Japanese Language Classes "Nihongo Class Map"
  4) Japanese Chatting Salon
  5) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
  1) Cine-la Information
  2) Office Relocation Notice of Fukuoka Regional Immigration Bureau

3. News from FUKU-NET Members
  1) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano

4. News from International Related Organizations in Fukuoka, etc.
  1) Free Legal Counseling for Non-Japanese Residents
  2) Christmas Noh Performance
  3) Test of Practical Japanese

5. Celtic Perspectives
  "Shusshinchi –Hometown"


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Closed on New Year Holidays
Fukuoka City International Foundation will be closed from 29 December to 3 January.

2) "Living in Fukuoka" Website
This website covers various useful information including health care, education, tax and consultation for foreigners living in Fukuoka.

http://www.rainbowfia.or.jp/en/living/

3) Japanese Language Classes "Nihongo Class Map"
From the website below, you can download a PDF file which contains information about Japanese classes taught by volunteers in Fukuoka City and the surrounding metropolitan area.

http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/03.html

4) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.

Date: First and third Thursday of every month.
Time: 13:30pm - 17:00pm (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Venue: 4F Fukuoka City International Center
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

5) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30pm - 20:00pm, 15 December, 2016 (Thur.)
Lecturer: Kristyna Matouskova (Ostrava, Czech Republic)
International Division, Seinan University
Venue: 4F Fukuoka City International Center
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Cine-la Information
Iranian films since the 1980's from the library's archive collection

Date: until 25 December, 2016
Fee: Adults 500 yen, univ. and high school students 400 yen, junior high and elementary school students 300 yen
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la
(3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Further Information: http://www.cinela.com/english/

Inquiries: Fukuoka City Public Library Movie Hall
Tel: 092-852-0600

2) Office Relocation Notice of Fukuoka Regional Immigration Bureau
Day of service opening at new address: 19 December, 2016 (Mon.)
New address: Fukuoka Legal Affairs Government Complex No.1, 3-5-25, Maizuru, Chuo-ku, Fukuoka City

Inquiries: Fukuoka Regional Immigration Bureau
Tel: 092-717-5420


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano
National Day of Tango
December 11 is the national day of Tango, which is also designated by UNESCO world cultural asset. To celebrate the day, various events including workshops and tango show will be held.
Period: 8-11 December
Further information: http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161208_en.shtml

Christmas SPECIAL SALSON
Spend an enjoyable evening with rhythmic music of Salsa, Merengue, and Bachata. A dancer who is visiting Japan will give you a lesson.
Date: 24 December, 2016
Open: 20:00
Venue: Dining Event Space "TIEMPO HALL"
Further information: http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161224_en.shtml

Christmas SPECIAL MILONGA
Music live by Trio Los Fandangos and dance performance by Carlos and Pamela.
Date: 25 December, 2016
Open: 19:00
Venue: Dining Event Space "TIEMPO HALL"
Fee: 2,300 yen
Further information: http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161225_en.shtml

Inquiries: TIEMPO Iberoamericano
Tel: 092-762-4100
Address: Daimyo 11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City
Further information: http://www.tiempo.jp/index_english.html


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Free Legal Counseling for Non-Japanese Residents
Fukuoka Bar Association holds free legal counseling with an English interpreter. Make a reservation by phone.

Date: 4th Friday of every month
Time: 13:00-16:00
Venue: Fukuoka Bar Association Tenjin Attorney Center
Address: 2F Minami-Tenjin Bldg., 5-14-12 Watanabe-dori, Chuo-ku, Fukuoka city
Further information: http://www.fben.jp/whats/dl_data/gaikokugo.pdf

Inquiries: Fukuoka Bar Association
Tel: 092-737-7555

2) Christmas Noh Performance
A Noh performer will interpret the plays so that people who see the Noh for the first time can understand the stories.
Date: 23 December, 2016 (Fri. / Holiday)
Starts: 13:30
Venue: Ohori Park Noh Theater
Address: 1-5, Ohori-koen, Chuo-ku, Fukuoka city
Fee: general 3,000 yen, students 1,500 yen (at the door extra 500 yen), pair ticket 5,000 yen
Further information: http://www.ohori-nougaku.jp/english

Inquiries: Ohori Park Noh Theater
Tel:092-715-2155
Fax:092-715-2244

3) Test of Practical Japanese
Japanese language test for non-native speakers of Japanese will be held.

Test date: 15 January, 2017 (Sun.)
Application deadline: 14 December, 2016
Fee: 4,300 yen
Application period: http://j-test.jp/

Inquiries: J.TEST
Tel:03-6273-1814 (AM10:00-PM5:00)(closed on weekends and holidays)
Fax:03-6273-1815
Email:info@j-test.jp


5. Celtic Perspectives
  "Shusshinchi –Hometown"

Recently, as a sort of conversation starter, I've come to realize that people often ask the question "Where are you from?" (in Japanese, more literally "where is your hometown/home region"). Along with "Can you use chopsticks?" and "Can you eat natto?", it is perhaps one of the most common questions asked of foreign residents of Japan, at least those from non-Asian countries. At this point you may be correctly thinking, "it's quite common among Japan-born people as well". And you'd be right.

However, I think the answer one tends to get back is a bit different. For example, in a conversation between two people from Japan, the answer to the question might be the name of a region (such as their home prefecture, or the name of a city/town/etc.), like "I'm from Osaka", or "I'm from Yokohama". Of course the tendency to answer with a prefecture name over a city and vice versa depends on their respective levels of notoriety, but I find this to be one of the most common ways of talking about the subject.

In my own experience in Europe and the US, when one is asked about their hometown, or more broadly 'place of origin', the intent is different. The multinational superstate-like entity that is the EU, is a situation that is historically very unique. While it depends how you measure it, the EU is more linguistically diverse than the US, and there is significant immigration and naturalized citizens (of the individual member states) who come from outside the Union. In either America or Europe though, one should think about what is actually being asked by "Where are you from?" Is it one's ethnic origins, the town one grew up in, or something more to do with one's racial identity or religious beliefs? Extending beyond just the asker into the realm of what the person being asked thinks about themselves, it's hardly a simple question.

For example, if I were asked that, I could answer with where I was born, in Berkeley, California. But, as I talked about briefly in a previous column, my family's roots are primarily in the UK—the group of people who moved from Scotland to Northern Ireland (referred to as Scots-Irish or Ulster Scots locally), and one of several Celtic ethnic groups. Just goes to show, depending on the intention and the asker, the answer may well be different.

When you ask someone where they are from, or perhaps where their family is from, in a way our globalised times are reflected in the response.

As internationalisation proceeds, I think that building a consciousness more sensitive to subtle culture differences is one of the important tasks of our time.

Ian Reid



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 年末年始の休館日
  2) リビングイン福岡
  3) 日本語クラスマップ
  4) ホストファミリー登録説明会
  5) 日本語おしゃべりサロン
  6) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
  1) 福岡入国管理局移転のお知らせ
  2) シネラ情報

3. FUKU-NET団体からの情報
  1) JICAデスク福岡からのお知らせ
  2) ラテン文化センターティエンポからの情報
  3) 福岡日英協会 英会話教室

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
  1) 外国人無料法律相談
  2) 九州中国帰国者支援・交流センターからのお知らせ
  3) 聖夜(クリスマス)能
  4) 実用日本語検定

5. ケルト人の見方
  “出身地”

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込みは下記へ。

    福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 年末年始の休館日
福岡よかトピア国際交流財団は、12月29日~1月3日まで閉館いたします。
2) リビングイン福岡
リビングイン福岡は、保健・医療、教育、税金、相談窓口など、福岡に住む外国人の方はもちろん日本人の方にも便利な生活情報が満載のサイトです。是非ご利用ください。

http://www.rainbowfia.or.jp/living/

3) 日本語クラスマップ
ボランティアによる日本語教室のご案内
下記サイトより、福岡市および周辺市町で開催されている、ボランティアを講師とする日本語教室についての情報を掲載したパンフレットをご覧いただけます。

http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/03.html

4) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:12月18日(日) 14:00~15:00
場所:福岡市国際会館小会議室
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ:情報相談課
Tel: 092-262-1799

5) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00 (時間内出入り自由)
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

6) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。

日時:12月15日(木)18:30~20:00
語り手:クリスティーナ・マトウシュコワーさん (チェコ、オストラヴァ出身)
西南学院大学 留学生別課
場所:福岡市国際会館4階
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡入国管理局移転のお知らせ
移転先での業務開始日:12月19日(月)
移転先:福岡市中央区舞鶴3-5-25 福岡第1法務総合庁舎

問合せ:福岡入国管理局
Tel:092-717-5420(代表)

2) シネラ情報
80年代から現在までのイラン映画の特集

会期:~12月25日(日)
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
Tel: 092-852-0600
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAデスク福岡からのお知らせ
JICA国際協力相談コーナー
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。
相談場所は福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)です。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(こうじ 元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
Tel:092-262-1714
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) ラテン文化センターティエンポからの情報
「タンゴの日を祝おう!」
12月11日は、ユネスコの世界文化遺産にも指定されている「タンゴの日」。これを祝って期間にワークショップやマジックショーなど様々なイベントが行われます。
期間:12月8日~12月11日
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161208.shtml

クリスマス スペシャルサルソン
サルサ、メレンゲ、バチャータなど陽気でリズミカルなカリビアンビートでクリスマスの夜を楽しく過ごそう!
来日中のダンサーによるミニレッスンも。
日時:12月24日(土)
開場:20:00
会場:ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161224.shtml

クリスマス スペシャルミロンガ
トリオ・ロス・ファンダンゴスの生演奏とダンサー カルロス& パメラによるパフォーマンス。
日時:12月25日(日)
開場:19:00
会場:ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」
参加費:2,300円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/box/ev_161225.shtml

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F)
Tel:092-762-4100

3) 福岡日英協会 英会話教室
初級、中級、上級のクラスが1月からスタート。午前、夕方コースあり。

期間:1月~3月末(クラスによって日にちが異なります)
会場:博多座・西銀ビル13F、西日本シティ銀行大名支店4F
会費:2万円
申込み:電話
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_ei_kyokai/eikaiwa_kyoshitsu.html

問合せ:福岡日英協会
Tel:092-476-2155
Fax:092-476-2634
Email:fjbs.event@castle.ocn.ne.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 外国人無料法律相談
福岡県弁護士会では、外国人のための無料法律相談を行っています。要予約。

日時:第2金曜日(中国語)、第4金曜日(英語・中国語)13:00~16:00
会場:福岡県弁護士会 天神弁護士センター
詳細はこちら:http://www.fben.jp/whats/gaikokujin.htm

問合せ:天神弁護士相談センター
住所:福岡市中央区渡辺通5-14-12 南天神ビル2階
Tel:092-737-7555

2) 九州中国帰国者支援・交流センターからのお知らせ

・「日本語サロン」ボランティア募集
中国帰国者と日本語でおしゃべりをしていただける方を募集中。
開催日:12月18日、1月22日
時間:13:00~15:00
場所:九州中国帰国者支援・交流センター(福岡市中央区大名2-6-39ランディックビル大名6F)
申込み:Tel、Fax、Email

・「ボランティアさんと楽しむ脳トレ教室」ボランティア募集(日本語交流)
高齢化してきた帰国者の介護予防のための「脳トレ教室」。日本語でしゃべりながらゲームを一緒に楽しんでいただける方を募集中。
開催日:水曜クラス 12月7日、1月18日
    金曜クラス 12月9日、1月20日
時間:13:00~15:00
場所:同上
申込み:同上

申込み・問合せ:九州中国帰国者支援・交流センター
Tel:092-713-9988
Fax:092-713-9987
Email:kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp
詳細はこちら:http://www.sien-center.or.jp/

3) 聖夜(クリスマス)能
初めて能を見る方にもわかりやすいように、能楽師による解説もあります。
日時:12月23日(金・祝) 13:30開演
会場:大濠公園能楽堂(福岡市中央区大濠公園1-5)
料金:一般 3,000円、学生1,500円 ※全席自由席、当日券500円増し
ペアチケット5,000円       
詳細はこちら:http://www.ohori-nougaku.jp/

問合せ:大濠公園能楽堂
Tel:092-715-2155
Fax:092-715-2244

4) 実用日本語検定
日本語が母語でない人のための日本語のテストが福岡で行われます。

試験日:1月15日(日)
締切り:12月14日
受験料:4,300円
詳細はこちら:http://j-test.jp/

問合せ:J.TEST事務局
Tel:03-6273-1814(AM10:00~PM5:00)土日祝日休み
Fax:03-6273-1815
Email:info@j-test.jp


5) ケルト人の見方
 “出身地”

最近、会話の導入として、「出身地はどこですか」と訊かれる事が多いと感じます。    「お箸使えますか」や「納豆を食べられますか」と並び、非アジア系外国人がよく訊かれる事です。出身地を訊かれるのは、日本の方もよくあることだと思われるでしょう。

ただ、答え方が少し違います。日本人同士の会話では当然、地方の名前で答えます。「大阪出身です」、「横浜出身です」とか、その土地の知名度にもよりますが、県名や市で答えたりするのが一般的だと思います。

自分の経験では、欧州の国々や米国で、この様な事を訊かれる時に、若干感覚が違うと  感じます。超国家的組織とでもいうべきEUの状況は、歴史的に非常に珍しいものです。見方にもよりますが、アメリカ以上に言語と民族が多様で、EU以外からの移民や帰化者も多い。アメリカやユーロッパで、「出身はどこですか」と訊く時は質問の趣旨を考える必要があります。本当に訊きたい事は何なのか。元々の民族、生まれ育った町、人種、宗教的信仰、あるいは尋ねられた人が自分自身をどう考えているかなど、決して単純な質問ではありません。

例えば自分の場合、生まれた町は米国のカリフォルニア州バークレー市ですが、以前のコラムでも話したように、家族の主なルーツは英国にあります。特にスコットランド から北アイルランドに移民した人々—その地元で「Scots-Irish」又は「Ulster Scots」と呼ばれる民族にあり、ケルト民族の一つでもあります。では、英語で出身地が問われる時に、どう答えればいいのでしょうか?

これは相手と場合によって、答えが変わります。人に「Where are you from?」(どこから来ましたか?)か「Where is your family from?」(家族はどちらから?)を尋ねる際、その答えはグローバル化した現代を反映するものとなるでしょう。

国際化が進むにつれ、こういう繊細な感覚を心の中に築きあげていくことが大切になってくると、私は思います。

イアン リド



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation
Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館1F
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp