Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.176  5 January, 2017
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

Happy New Year! It is the year of the rooster, which is said to be the year of thriving business. I hope it will be a great year for all of you as well.


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

明けましておめでとうございます。今年は酉年。酉年は商売繁盛の年とされているそうです。皆様にとって景気のいい年になるようお祈りします。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Hospital Guide in Fukuoka for Foreign Residents
  2) Foreign Language News Letter "Rainbow"
  3) Japanese Chatting Salon
  4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
  1) Information from Kokusai Hiroba
  2) Cine-la Information
  3) Information on the Temporary Welfare Benefit
  4) 100th Anniversary of Finland's Independence - Finnish Design 2017

3. News from FUKU-NET Members
  1) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano
  2) Information from NGO Fukuoka Network

4. News from International Related Organizations in Fukuoka, etc.
  1) Hakata Machiya Folk Museum Making "Mochi" Rice Cake
  2) Noh Performance for Beginners

5. Celtic Perspectives
  "More Than One Way to Celebrate"


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Hospital Guide in Fukuoka for Foreign Residents
You can access the hospital guide by going to the site linked below and clicking on the image of a browser, then choosing the language, speciality and area.

http://www.rainbowfia.or.jp/en/hospital/

Information on the Japanese healthcare system, as well as medical institutions which provide interpretation services, is provided by the Fukuoka Asian Medical Support Center. The service is free, but a fee will be charged on all calls made over the phone.

Fukuoka Asian Medical Support Center: 0570-006-626
Languages: English, Chinese, Korean
Hours: 9:00 - 18:00 (weekdays only)
Further information: http://asian-msc.jp/translation_en.htm

2) Foreign Language News Letter "Rainbow"

Fukuoka City International Foundation (FCIF) issues a bimonthly magazine "Rainbow" in English, Chinese, and Korean. The Magazine provides information on free services for foreign residents at FCIF and events/news in the Fukuoka area. You can get one at the city hall, ward offices, tourist information centers, hotels, and the website below. We hope you will find the information to be useful.

Foreign Language News Letter "Rainbow": http://www.rainbowfia.or.jp/rainbow/

3) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.

Date: First and third Thursday of every month.
Time: 13:30pm - 17:00pm (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Venue: Conference Room, 4F Fukuoka City International Center
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30pm - 20:00pm, 19 January, 2017 (Thur.)
Lecturer: Deng Yihui (Guangzhou, China)
Graduate School of Human Environment Studies, Kyushu University
Venue: Conference Room, 4F Fukuoka City International Center
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Information from Kokusai Hiroba
Two events at Kokusai-Hiroba on the 3rd floor of ACROS Fukuoka (1-1-1, Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City). Registration required via email, telephone or Fax to Fukuoka International Exchange Foundation

"Habitat Hiroba UN HABITAT: Re-use of coal ash in Mongolia - Clinker road that allows the ground to breathe through pavement technology"
Staff members of UN Habitat will introduce activities around the world.
Date: 1 February, 2017 (Wed.) 18:30-19:30
Fee: free
Contact: UN Habitat Fukuoka Head Office 092-724-7121
URL: http://www.fukuoka.unhabitat.org/index_en.html

"Around the World with Kokusai Hiroba Cafe - South America"
Foreign and Japanese guest teachers who are active at schools around the prefecture introduce foreign countries and their life in Japan. Enjoy some tea and sweets with people from around the world.
Date: 29 January, 2017 (Sun.) 14:00-16:00
Fee: 300 yen, free for supporting members

Inquiries: Fukuoka International Exchange Foundation
Tel: 092-725-9200
FAX: 092-725-9206
Email: info@kokusaihiroba.or.jp

2) Cine-la Information
Western Film Classics mainly from the 1930's

Date: until 22 January, 2017
Closed: 10, 11, 16 and 17 January
Fee: Adults 500 yen, univ. and high school students 400 yen, junior high and elementary school students 300 yen
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la
(3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Further Information: http://www.cinela.com/english/

Inquiries: Fukuoka City Public Library Movie Hall
Tel: 092-852-0600

3) Information on the Temporary Welfare Benefit
With the April 2014 rise in consumption tax, the Temporary Welfare Benefit is provided to low-income earners.
Persons who aren't required to pay municipal taxes are eligible for the benefit (However, non-paying persons who are dependent on paying persons, and persons receiving Seikatsu Hogo, or social welfare benefits, are ineligible).
Application forms had been sent to potentially eligible households in August. If you are eligible but haven't applied, submit the application form by mail or at the ward office.

Application deadline: 31 January, 2017
Further information:
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/rinjikyufu/life/rinjifukushi_3.html (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Temporary Welfare Benefits Call Center
Tel: 0570-071-071 (9:00-18:00, Mon. - Fri. closed on holidays)

4) 100th Anniversary of Finland's Independence - Finnish Design 2017
To celebrate the centenary of Finland's independence, the exhibition presents 100 years of Finnish design, before independence all the way to the present.

Venue: Fukuoka City Museum (3-1-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka city)
Period: 14 Jan., (Sat.) - 20 Mar., 2017 (Mon. Holiday)
Closed: Mon. (if Monday is holiday, closed the next day)
Hours: 9:30-17:30 (last entry 17:00)
Fee: General: 1,400 yen (adv. 1,200 yen), High school and university students: 800 yen (adv. 600 yen), Elementary and junior high school students: 500 yen (adv. 300 yen)
Further information: http://finnish-design2017.exhn.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Museum
Tel: 092-845-5011

3. News from FUKU-NET Members
 
1) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano
Harmony that different cultures play vol. 9 "Joined Concert of Koto and Flamenco Guitar"
Enjoy the atmosphere that only koto, flamenco guitar and Arabian dance can create.

Date: 20 Jan., 2017 (Fri.)
Open: 19:00, Starts: 19:45
Venue: Dining Event Space "TIEMPO HALL" (Daimyo 11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City)
Fee: Advanced 2,800 yen, Door 3,300 yen
The purchase of a drink ticket (500 yen) is necessary.
Further information: http://www.tiempo.jp/index_english.html

Inquiries: TIEMPO Iberoamericano
Tel: 092-762-4100

2) Information from NGO Fukuoka Network
With the cooperation of 'regaty', an apparel brand which supports various charitable organizations around the world, you can purchase goods (such as t-shirts), and a portion of the proceeds will go to support their volunteer work. We would be delighted if you selected NGO Fukuoka Network as the destination of your donation.
Further information: http://ngofukuoka.net/ (in Japanese)

Inquiries: NGO Fukuoka Network
Address: Fukuoka NPO Kyodo-jimusho 'Biotope', 4-A Komori Bldg., 3-6-1, Hakataekimae, Hakata-ku, Fukuoka City


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Hakata Machiya Folk Museum Making "Mochi" Rice Cake
The annual Mochi-tsuki will be held. Glutinous rice will be steamed and pound to the rhythm of music and drums. Festive performance by fire fighters is a must-see.

Date: 29 January, 2017 (Sun.) Starts: 12:00 (and lasts for about 2 hours)
Venue: Hakata Machiya Folk Museum (6-10, Reisenmachi, Hakata-ku, Fukuoka City
Further information: http://www.hakatamachiya.com/static/english.php

Inquiries: Hakata Machiya Folk Museum
Tel: 092-281-7761
Fax: 092-281-7762

2) Noh Performance for Beginners
Question and answer session as well as Noh and Kyogen performance will be held. A must see not only for Noh fans but also beginners. For those who want to perform, experiential learning session will also be held.

Date: 5 Feb., 2017 (Sun.) Open:13:30, Starts:14:00
Fee: reserved seat: 2,500yen, unreserved seat: 2,000 yen, Student ticket: 1,000 yen (high school student and under/ unreserved seat)
Venue: Ohori Park Noh Theater (1-5 Ohorikoen, Chuo-ku, Fukuoka city)
Further information:
http://www.ohori-nougaku.jp/manager/wp-content/uploads/2016/10/nyuumonn.pdf
(in Japanese)
http://www.ohori-nougaku.jp/english

Inquiries: M&M
Tel: 092-751-8257 (10:00-18:00 weekdays only)

5. Celtic Perspectives
 

"More Than One Way to Celebrate"

After the New Year's Eve comes to a close, a new beginning will be upon us. Call out to everyone and say "Happy New Year!", and send off the customary New Year's postcards. Head to the local shrine of your choice and participate in hatsumode, make a wish for prosperity in the new year, enjoy food with your friends and loved ones, and welcome what will come anew. This is Japan's celebration of the new year, at least as I know it.

In the US there are a number of ways to celebrate the occasion, but I would say the most common way of thinking about it is the rather broad category of 'winter holidays'. Aside from Christmas, a number of holidays celebrated by various religions and belief systems come around Winter, and I think the social current prioritises enjoying the season as a whole rather than focusing on just one event. For example if you're from Jewish family, perhaps you'd celebrate Hanukkah. Or for those in the Chinese (and Sino-influenced) community, you might celebrate Chinese New Year, which, depending on the lunar calendar, sometimes arrives in January. It's not absolute that these fall under the aegis of "year-end events", but I feel it's normal to look at the concept with an open mind.

Speaking from my own experience, most families of European descent tend to get together and do a countdown on New Year's Eve just prior to midnight, and have a toast. There are also families who set off some small-scale fireworks. But, compared to what the holiday is associated with in Japan, I would also say that there isn't much religious sentiment included in the celebration. At least where I lived, it seemed like no one but the most fervent believer would spend their New Year's Eve at church (in place of going to a shrine for hatsumode). This is not meant to imply that hatsumode visits are entirely religious in nature, but it does at least symbolise a tradition rooted in Shinto religious belief. After all, the western concept of the New Year isn't exclusive to Christianity, or if it ever was has been heavily secularised over a long period of time. Instead one just spends the time with their family or partner, and has fun not unlike any other secular holiday.

So, if I had to pin it down to one conclusion, I think every family has their own way of celebrating the new year, and rather than try to argue that "the American way is this", I feel that the diversity of practice itself lends to a more fun and enriching holiday season.

Ian Reid


福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 外国語で診察可能な福岡都市圏医療機関ガイド
 2) 外国語情報紙レインボー
 3) ホストファミリー登録説明会
 4) 日本語おしゃべりサロン
 5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
 6) 「日本語ボランティア養成講座」受講生募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) こくさいひろばからの情報
 2) シネラ情報
 3) 福岡市臨時福祉給付金のご案内
 4) フィンランド独立100周記念 フィンランド・デザイン展

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) JICAデスク福岡からのお知らせ
 2) ラテン文化センターティエンポからの情報
 3) NGO福岡ネットワークからの情報
 4) 福岡日伊協会 映画鑑賞会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 1) 英国国際教育研究所からの情報
 2) 九州中国帰国者支援・交流センターからのお知らせ
 3) 博多町家ふるさと館 もちつき
 4) 能楽入門講座
 5) 中国百科検定

5. ケルト人の見方
 “多様の祝い方”


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込みは下記へ。

    福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国語で診察可能な福岡都市圏医療機関ガイド
外国語で受診できる医療機関を検索できるサイトです。言語、地域、受診科目を選んで検索できます。
http://www.rainbowfia.or.jp/hospital/

また下記の電話番号では、外国人からの問い合わせに対し、日本の医療制度や医療通訳サービスが受けられる医療機関、外国語で対応できる医療機関の案内が受けられます。サービスは無料ですが、電話代がかかります。

福岡アジア医療サポートセンター:0570-006-626
対応言語:英語、中国語、韓国語
時間:平日9:00~18:00
詳細はこちら:http://asian-msc.jp/index.htm

2) 外国語情報紙レインボー
福岡よかトピア国際交流財団では隔月で情報誌レインボーを発行しています。市役所、区役所、公民館、観光案内所、ホテル等で入手可能ですが、下記サイトでもご覧いただけます。財団での外国人向けサービスや各種イベントなど情報満載です。メールマガジン同様、お役立てください。
情報誌レインボー:http://www.rainbowfia.or.jp/rainbow/

3) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本の生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:2月19日(日) 14:00~15:00
場所:福岡市国際会館 小会議室
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ:情報相談課
Tel: 092-262-1799

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00 (時間内出入り自由)
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。

日時:1月19日(木)18:30~20:00
語り手:トウ怡暉さん (中国、広州出身)
九州大学 人間環境学府
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

6) 「日本語ボランティア養成講座」受講生募集
外国人の日本語学習を支援する日本語ボランティアに関心のある方を対象に、日本語ボランティアに必要な基礎知識を学ぶ養成講座を開講します。

期間:2月2日(木)~3月22日(水) 全9回
会場:福岡市国際会館4F 大会議室
受講料:無料
定員:30名(応募多数の場合は抽選)※抽選結果は1月中旬に通知
申込み方法:往復はがきまたはEメールで、講座名、郵便番号、住所、氏名、フリガナ、性別、年齢、電話番号を記入の上、申し込んでください。
申込み締切日:1月6日(金)必着
Email:nihongo@rainbowfia.or.jp
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/06.html

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) こくさいひろばからの情報
こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡3F)でのイベントを3つ。いずれも福岡県国際交流センターへ、電話、FAX、Emailで申し込みを。

「ハビタットひろばUN HABITAT モンゴルで石炭灰を再利用 ~大地と呼吸する舗装技術くりんかロード~」
国連ハビタット職員等が世界での活動を紹介します。
日時:2月1日(水)18:30~19:30
参加費:無料
連絡先:国連ハビタット福岡本部 092-724-7121
URL: http://www.fukuoka.unhabitat.org/index_en.html

「こくさいひろばカフェで世界一周 南米」
県内の学校などで活躍している国際理解教育の外国人・日本人講師が活動を紹介。お菓子やお茶を味わいながら、世界の人々と交流できるイベントです。
日時:1月29日(日)14:00~16:00
参加費:300円 賛助会員:無料

「留学体験ひろば オーストラリア」
留学体験者の体験談や、外国政府等関係機関からの最新情報の提供もあります。
日時:1月21日(土)14:00~16:00
参加費:無料

申込み・問合せ:(公財)福岡県国際交流センター
電話:092-725-9200
FAX:092-725-9206
Email:info@kokusaihiroba.or.jp
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/

2) シネラ情報
名作洋画劇場 30年代を中心に欧米の名作洋画を特集
会期:~1月22日(日)
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
Tel: 092-852-0600

3) 福岡市臨時福祉給付金のご案内
平成26年4月からの消費税率の引き上げに伴い、所得が低い人の支援のため、臨時福祉給付金を支給しています。
対象者は、2016年度の市町村民税が課税されていない人です(ただし、課税されている人に扶養されている場合や、生活保護を受給している場合は対象外)。
福岡市では、対象となる可能性のある世帯へ、8月から申請書を郵送していましたが、該当される方でまだ手続きを済まされていない方は、郵送か窓口で提出してください。

申請期間:2017年1月31日まで
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/rinjikyufu/life/rinjifukushi_3.html 

問合せ:福岡市臨時福祉給付金コールセンター 
Tel:0570-071-071(月曜~金曜 9:00~18:00)

4) フィンランド独立100周記念 フィンランド・デザイン展
フィンランド独立100周年を記念し、独立以前の装飾芸術から現在までのデザインを紹介。

会場:福岡市博物館(福岡市早良区百道浜3-1-1)
日時:1月14日(土)~ 3月20日(月・祝)
休館日:毎週月曜日 ※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
入場料:一般1,400円(1,200円)、高大生800円(600円)、小中生500円(300円)
詳細はこちら:http://finnish-design2017.exhn.jp/index.html

問合せ:福岡市博物館
TEL:092-845-5011


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAデスク福岡からのお知らせ
JICA国際協力相談コーナー
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。
相談場所は福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)です。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:對馬あづみ(元青年海外協力隊・エクアドル・青少年活動隊員)
Tel:092-262-1714
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) ラテン文化センターティエンポからの情報
異文化が奏でるハーモニー第9弾「箏とフラメンコギターのジョイントコンサート」
箏とフラメンコギター、アラビアンダンスが作り出す世界をご堪能ください。

日時:1月20日(金)開場:19:00 、開演19:45
会場:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」
入場料: 2,800円(会員 2,300円)、 当日:3,300円
※ 入場時別途ワンドリンクチケット500円 要購入
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル)
Tel:092-762-4100
Email:info@tiempo.jp

3) NGO福岡ネットワーク(FUNN)からの情報
世界中の様々なボランティア団体を支援するアパレルファッションブランドregatyの協力で、Tシャツなどの商品を買うことによって、福岡・九州地域に活動拠点を置く国際協力NGOを支援するFUNNに、寄付ができます。
詳細はこちら:http://ngofukuoka.net/

問合せ:特定非営利活動法人NGO福岡ネットワーク(福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4-A福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」内)
Tel:092-405-9870

4) 福岡日伊協会 映画鑑賞会
ロベルト・ロッセリーニ監督「アモーレ」(1948年)
日時:2月7日(火)19:00~21:00
会場:あじびホール(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F 福岡アジア美術館)
入場料:無 料 先着120名(直接会場へお越しください)

問合せ:福岡日伊協会
TEL:092-476-2153
詳細はこちら:
http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/images/cinema176.pdf


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 英国国際教育研究所からの情報
英国国際教育研究所が英国ロンドンで開講する日本語教師養成課程と児童英語教師養成課程に関する講座説明と、ことばのセミナー「教えるための言語分析の視点」を開催。当日は、所長が英国から来日し公開講義などを行います。終了後は英国留学相談会を実施。

日時:2月19日(日)14:00~16:30
会場:アクロス福岡(福岡市中央区天神1−1−1)
参加費:無料
予約:下記Email、サイトから

問合せ:英国国際教育研究所 英国本部
E-mail:enquiries@iiel.org.uk
URL:http://www.iiel.org.uk

2) 九州中国帰国者支援・交流センターからのお知らせ
・「日本語サロン」ボランティア募集
中国帰国者と日本語でおしゃべりをしていただける方を募集中。
開催日:1月22日、2月5日
時間:13:00~15:00
場所:九州中国帰国者支援・交流センター(福岡市中央区大名2-6-39ランディックビル大名6F)
申込み:Tel、Fax、Email

・「ボランティアさんと楽しむ脳トレ教室」ボランティア募集(日本語交流)
高齢化してきた帰国者の介護予防のための「脳トレ教室」。日本語でしゃべりながらゲームを一緒に楽しんでいただける方を募集中。
開催日:水曜クラス 1月18日、2月15日
     金曜クラス 1月20日、2月17日
時間:13:00~15:00
場所:同上
申込み:同上

申込み・問合せ:九州中国帰国者支援・交流センター
Tel:092-713-9988
Fax:092-713-9987
Email:kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp
詳細はこちら:http://www.sien-center.or.jp/

3) 「博多町家」ふるさと館 もちつき
毎年恒例の博多のもちつきが今年も行われます。大型の博多七輪でもち米を蒸し、お囃子と太鼓に合わせて、リズミカルに餅をつきあげていきます。
博多消防団4分団(御供所・奈良屋・大浜・冷泉)による、まとい振りも必見です!

日時:1月29日(日) 12:00~(約2時間)
場所:「博多町家」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町6-10)
詳細はこちら:http://www.hakatamachiya.com/

問合せ:「博多町家」ふるさと館
Tel:092-281-7761
Fax:092-281-7762

4) 能楽入門講座
能・狂言の上演、質問コーナーもあり!「能楽」ファンもビギナーも必見の入門講座。
鑑賞だけでは物足りない方には、能楽体験講座もあります。

日時:2月5日(日)開場:13:30 開演14:00 
料金:指定席2,500円、自由席2,000円、学生券1,000円(高校生以下/自由席での鑑賞となります。)
会場:大濠公園能楽堂(福岡市中央区大濠公園1-5)
詳細はこちら:
http://www.ohori-nougaku.jp/manager/wp-content/uploads/2016/10/nyuumonn.pdf

問合せ:エムアンドエム
Tel:092-751-8257 (平日 10:00~18:00)

5) 中国百科検定
歴史・地理・政治・経済・社会・文化・教育・スポーツなど中国に関する多方面の知識を問う検定試験。

試験日:3月20日(月・祝)15:00~15:50
申込み期間:2月20日まで
受験料:1級5,200円(学生4,000円)、2級4,200円(学生3,000円)、3級3,200円(学生2000円)、
詳細はこちら:http://www.jcfa-net.gr.jp/kentei/

日本中国友好協会事務局
Email:kentei@jcfa-net.gr.jp
Tel:03-5839-2140
Fax:03-5839-2141


5) ケルト人の見方
]“多様の祝い方”

大晦日を過ごして元日が始まると、新年が明く。皆に「明けましておめでとう」と言い、年賀状も送る。初詣や大切な人達と食事を愉しみ、新しい始まりを迎える。自分から見ればこの様な事は日本で言う「お正月」。

米国でも、様々な祝い方もあるが、一番一般的なのは恐らく「冬季祝日」、英語で言えば「Winter Holidays」という、大雑把な纏め方。降誕祭(クリスマス)の他に冬に来る神事が宗教毎にあるので、一つに拘るよりも、その季節全体を楽しもうとするのは時代の風潮。ユダヤ教なら貢献蔡(ハヌカー)というものを十二月に、年によって中華系のコミュニティーでは旧正月(春節)が一月の頃に祝われる事もある。年末年始の行事という括りに入るかどうか、その線引きは難しいが、この様に大きい目で考えるのは普通だと感じる。

多くの欧州系の家は、年明け寸前に家族とカウントダウンをして、新年になったら乾杯をする。小さな花火で遊ぶ家庭もある。ただ、日本に比べれば西洋の新年には宗教的な意味はあまり含んではいない。少なくとも私の地元では、神社の代わりに教会で初詣だとか、信仰熱心の人々しか行かない。抑々新年は、キリスト教のイベントではない上に重みを置くという歴史的背景もない。ただ単に家族や恋人と祭り事を満喫する様なものだと思っている。

要するに、一つの答えに収まるとしたら、「米国人の祝い方がこうです」というのではなく、家庭毎の習慣と文化によって、新年祝いの有様とその祝い事についての考えがそれぞれ違うと思う。色々な祝い方があってこそ色々な愉みがあるのではないでしょうか?

イアン リド


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation
Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館1F
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp