Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.177  5 February, 2017
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.

Plum trees are in full bloom, and no one will deny the freezing temperatures, but it's nice to think Spring is just around the corner. Why not go out and look for signs of spring in Dazaifu Tenmangu Shrine or Maizuru Park?


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

梅が見ごろの季節となりました。まだまだ寒さが続きますが、少しずつ春の兆しが見えてくるのはうれしいものです。太宰府天満宮や舞鶴公園へ春の訪れを見つけに行ってはいかがでしょう?


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation

  1) Learning Foreign Languages from International Students 2017
  2) Free health consultation service ends in March
  3) Free Legal Counseling Day Changes
  4) Registration for Volunteer Interpreter
  5) Japanese Chatting Salon
  6) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  7) Attaka Fukuoka seeking Participants for Attaka Spot Gathering

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations

  1) Kyushu National Museum Exhibition
  2) Cine-la Information

3. News from FUKU-NET Members

  1) Information from the Asian-pacific Children's Convention in Fukuoka
  2) Information from Fukuoka Convention and Visitors Bureau
  3) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano

4. News from International Related Organizations in Fukuoka, etc.

  1) Kyushu Symphony Orchestra - the 356th Subscription Concert
  2) Cosmopolitans Seminar

5. Celtic Perspectives

  "The Changing of the Seasons"


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Learning Foreign Languages from International Students 2017
You will learn not only languages but also about each country's culture and society, from international students themselves.

Languages: Korean, Mandarin Chinese, Khmer, Nepali, Portuguese, Malay, Myanmar Language, etc.
Application: 6 Feb. to 13 Mar., 2017
Application form available from website below from 6 Feb.
Venue: Fukuoka City International Center (4-1 Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City)
Further information:http://www.asia-kotoba.net (in Japanese)

Inquiries: Projects Section
Tel: 092-262-1744
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net

2) Free health consultation service ends in March
Free health consultation service provided by Fukuoka City International Foundation ends on the last Wednesday in March.

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

3) Free Legal Counseling Day Changes
The day and time of free legal counseling service at the Fukuoka City International Center will change from April.

Until March
10:30-13:30, 1st and 3rd Saturday of every month
From April
10:30-13:30, 1st Saturday of every month
13:00-16:00, 3rd Wednesday of every month

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

4) Registration for Volunteer Interpreter
If you are interested in volunteer interpreter, please register. Registration form is at Fukuoka City International Center.
For more information: http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/13.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

5) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a "Chatting Salon" for foreign students to chat with Japanese people in Japanese. All foreign students are welcome.

Date: First and third Thursday of every month.
Time: 13:30-17:00 (You are welcome to come and go at your convenience.)
Fee: Free
Venue: Conference Room, 4F Fukuoka City International Center
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

6) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30-20:00, 16 February, (Thur.)
Lecturer: Thomas Derks (Aachen, Germany)
International Division, Seinan University
Venue: Conference Room, 4F Fukuoka City International Center
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

7) Attaka Fukuoka seeking Participants for Attaka Spot Gathering
"Learn about Natural Disaster Preparedness"
You might wonder what to do when an earthquake, typhoon, or fire occurs around you.
Let's learn together through simulations and lectures at the Fukuoka Citizen's Disaster Prevention Center.

Date/Time: 13:30-15:30, Sunday February 26, 2017
Venue: Fukuoka Citizen's Disaster Prevention Center (1-3-3 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: free
Application: Send your name (including its reading in katakana or hiragana), date of birth and phone number or email address by fax or email
Number of Participants: 50 (30 foreign students and 20 Japanese, first-come first-serve basis)
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/spots.html

Inquiries: Fukuoka International Students' Support Association(Fukuoka City International Foundation)
Tel: 092-262-1799
Fax: 092-262-2700
Email:gathering-af@rainbowfia.or.jp


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Kyushu National Museum Exhibition
Sacred Island of OKINOSHIMA in Munakata Region and the Yamato Imperial Court
Period: until March 5, 2017 (Sun.)
Hours: 9:30 - 17:00 (last admission 16:30)
Admission: Adult 1,500 yen (1,300 yen), university and high school students 1,000 yen (800 yen), junior high school students and under 600 yen (400 yen)
() is for advance tickets, group more than 20 people, and over 65 years old
Further information: http://www.kyuhaku.com/

Inquiries: Kyushu National Museum
Tel: 050-5542-8600

2) Cine-la Information
Modern Korean Films
Date: until 26 February, 2017

Russian and Soviet Masterpieces from the Archive Collection
Date: 1-5 March, 2017

Fee: Adults 500 yen, univ. and high school students 400 yen, junior high and elementary school students 300 yen
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la
(3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Further Information: http://www.cinela.com/english/

Inquiries: Fukuoka City Public Library Movie Hall
Tel: 092-852-0600


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Information from the Asian-pacific Children's Convention in Fukuoka
Recruiting host families that welcome "junior ambassadors" and their chaperons from Asian-pacific countries and areas.

Application deadline: 15 Feb., 2017 (Wed.)
Homestay starts: 18 July, 2017 (Tue.)
Ends: 24, 25 or 26 July, 2017
Further information: http://www.apcc.gr.jp/e/index.html

Inquiries: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
Tel: 092-734-7700
Email: info@apcc.gr.jp

2) Information from Fukuoka Convention and Visitors Bureau
Onsen Fukuoka Discount Campaign for Foreigners

Period: until 31 Mar., 2017
Further information: http://www.welcome-fukuoka.or.jp/english/2299.html

Inquiries: Fukuoka Onsen Resort Association
Tel: 092-651-1111 (Japanese language only)

3) Event Information from NPO Tiempo Iberoamericano
Arabian Dance Show "One Thousand and One Nights" -Silk Road-
Date: 19 Feb., 2017 (Sun.)
Open: 19:00, Starts: 19:30
Venue: Dining Event Space "TIEMPO HALL" (Daimyo 11511 Bldg., 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City)
Fee: 3,000 yen
The purchase of a drink ticket (500 yen) is necessary.
Further information: http://www.tiempo.jp/index_english.html

Inquiries: NPO TIEMPO Iberoamericano
Tel: 092-762-4100


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Kyushu Symphony Orchestra - the 356th Subscription Concert
World famous Taiwanese maestro's journey to Scotland

Date: 17 Feb., 2017 (Fri.)
Open: 18:00 Starts: 19:00
Venue: ACROS Fukuoka Symphony Hall
Admission: Tickets range from 3,100 to 5,200 Yen (Seats ranked B through S)
Students: 1,100 Yen, Disabled persons: 3,100 Yen
Further information: http://www.kyukyo.or.jp/eng/

Inquiries: The Kyushu Symphony Orchestra
Tel:092-822-8855 
Email:info@kyukyo.or.jp

2) Cosmopolitans Seminar
It's a good opportunity to listen to stories about lives and cultures from various countries.

3 Feb. (Fri.): "Activities in Sri Lanka"
10 Feb. (Fri.): "50 days pilgrimage with a donkey"
17 Feb. (Fri.): "My Year in Iceland"
24 Feb. (Fri.): "Egypt - One of the cradles of ancient civilization"

Time: 19:00-21:00
Fee: 500 yen
Application: not necessary
Venue: Kawabata Central Shopping District Promotion Cooperative Office
(Kawabata Chuo Shotengai Shinko-Kumiai 9-178 Kamikawabata, Hakata-ku)
Further information: https://www.facebook.com/cosmopolitans.seminar/

Inquiries: Muta
Tel: 090-6770-2481
Email: muta@ktarn.or.jp


5. Celtic Perspectives
  "The Changing of the Seasons"

In Japanese there is a proverb that says, "During a fine rest in Spring, one fails to realise the dawn has come". This means that a sleep in Spring is so pleasant and the night so short (in comparison to Winter), that a person will sleep straight through the dawn. On that topic, did you have a restful setsubun?

Around the world, there are many different events and festivals to honour the coming of Spring. In various forms people celebrate all four seasons, as they mark very major turning points in the year. For example in China, Korea, Vietnam, and other sinosphere countries and communities, Chinese/Lunar New Year is celebrated to welcome a new year, and a new Spring. Japan also used to celebrate the new year at this time prior to the adoption of the Gregorian solar calendar in 1873. For a long time, I also lived in an area with many residents of various Chinese backgrounds, and celebrated this new year as well. It involved gathering with friends and family, and having a large meal while hoping for good luck in the times ahead. On the topic of Spring, Japan's holiday in early February called setsubun, comes at the beginning of the Spring season (li chun in Mandarin, or risshun in Japanese) according to the traditional Chinese system of 24 seasonal divisions. As it happens, the Lunar New Year also tends to fall around late January or early February, and refers to a 'new Spring'.

However, the typical way of thinking about seasons in the West, at least in the contemporary sense, is that 'Spring' begins around March 22. We've measured the temperature and judged the climate scientifically, and that's just where Spring ends up. Culturally this concept is a somewhat recent one thanks to history and scientific discoveries about the climate, but the idea of Spring beginning in February was not restricted to just Asia.

In pre-medieval pagan Ireland, there was a festival to mark Spring, typically on February 1. It was called 'Imbolc', and was one seasonal holiday of four, much like how 'Samhain', the basis for the modern Halloween, was a holiday from October 31 to November 1 to mark the beginning of Winter. While Imbolc is said to have originally been a sacred day to honor the Celtic goddess Brigid, as Ireland experienced Christian incursions, proselytization, and oppression, it became a church holiday today celebrated as "Saint Brigid's Day". St. Patrick's Day, which has also recently gotten attention in Japan, is a holiday similar in nature to this, though of a larger scale.

Despite this historical background, there are remnants of the old polytheistic traditions, and thanks to Celtic Reconstructionists and Neo-Pagan practitioners, the myths are still alive in one form or another. If you ask me, I think the importance of the seasons and the enduring perseverance of those who celebrate them will continue to be passed down through the ages.

Ian Reid



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 平成29年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
  2) 無料健康相談3月終了のお知らせ
  3) 無料法律相談日時変更のお知らせ
  4) ホストファミリー登録説明会
  5) 日本語おしゃべりサロン
  6) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  7) 通訳ボランティア登録募集
  8) 「体験と講座でまなぶ 災害がおきたとき」参加者募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) こくさいひろばからの情報
  2) シネラ情報

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) JICAデスク福岡からのお知らせ
  2) アジア太平洋こども会議・イン福岡 ホストファミリー募集
  3) ラテン文化センターティエンポからの情報

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 今日から貴方も国際人
  2) 学習会「熊本地震!外国人被災者救援活動の経験から災害時の多文化共生を考える」
  3) 九州交響楽団第356回定期演奏会
  4) 英語対応力検定
  5) 中国帰国者支援のためのボランティア研修会

5. ケルト人の見方

  “季節の様変わり”

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  
特に記載している以外の問合せ・申込みは下記へ。

    福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 平成29年度「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
「留学生から学ぶ外国語教室」の平成29年度の受講生を募集しています。韓国語、中国語のほか、カンボジア語、ネパール語、ポルトガル語、マレー語、ミャンマー語など、アジア太平洋を中心とした様々な言語を学ぶ教室です。幅広い年齢・職業の皆様に、講師である留学生との交流を通じて、言葉だけではなく各国と地域の文化や社会などについても学んでいただけます。

申込期間:2月6日(月)~3月13日(月)
申込書は2/6よりホームページからもダウンロードできます。
場所:福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net (2/6より)

問合せ:事業課
Tel:092-262-1744
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net

2) 無料健康相談3月終了のお知らせ
福岡よかトピア国際交流財団で毎週水曜日の17:00~19:00に行われていた日本語と英語による無料健康相談は3月をもちまして終了することとなりました。

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

3) 無料法律相談日時変更のお知らせ
4月より福岡市国際会館での無料法律相談の日時が以下の通り変更されます。

3月末まで:第1・3土曜日10:30~13:30
4月より:第1土曜日:10:30~13:30、第3水曜日:13:00~16:00

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

4) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本の生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。

日時:2月19日(日) 14:00~15:00
場所:福岡市国際会館4F
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ:情報相談課
Tel: 092-262-1799

5) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00 (時間内出入り自由)
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

6) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。

日時:2月16日(木)18:30~20:00
語り手:トーマス・デルクスさん (ドイツ、アーヘン出身)
西南学院大学 留学生別科
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

7) 通訳ボランティア登録募集
ボランティアで通訳をやってみたい方、ご登録ください。言語は問いません。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/13.html

問合せ:情報相談課
Tel:092-262-1799

8) 「体験と講座でまなぶ 災害がおきたとき」参加者募集
地震、台風、火災の際の身を守るための知識を学びましょう。

日時:2月26日(日)13:30~15:30
場所:福岡市市民防災センター(福岡市早良区百道浜1-3-3)
参加費:無料
申込み:氏名、ふりがな、生年月日、連絡先の電話番号またはメールアドレスを電子メールまたはファックスで下記までお申し込みください。
募集人数:50人(外国人30人、日本人20人)先着順

問合せ:福岡外国人学生支援の会 事務局(福岡よかトピア国際交流財団)
Tel:092-262-1799
Fax:092-262-2700
Email:gathering-af@rainbowfia.or.jp


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) こくさいひろばからの情報
留学体験談ひろば
留学体験者が体験談を披露。外国政府等関係機関からの最新情報提供もあり。

台湾:2月11日(土)14:00~16:00
中国:3月4日(土)14:00~16:00
参加費:無料
申込み:電話、FAX、Email
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込み・問合せ:(公財)福岡県国際交流センター
電話:092-725-9200
FAX:092-725-9206
Email:info@kokusaihiroba.or.jp

2) シネラ情報
現代韓国映画特集:2月1日~2月26日
ロシア・ソビエト映画傑作選:3月1日~3月5日

観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/index.html

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
Tel: 092-852-0600


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAデスク福岡からのお知らせ
JICA国際協力相談コーナー
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。
相談場所は福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)です。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:對馬あづみ(元青年海外協力隊・エクアドル・青少年活動隊員)
Tel:092-262-1714
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) アジア太平洋こども会議・イン福岡 ホストファミリー募集
アジア太平洋の国と地域の「こども大使」や引率者を家族の一員として迎え入れてくれるホストファミリーを大募集!

申込み締切日:2月15日
ホームステイ開始日:7月18日(火)
終了日:7月24日(月)/25日(火)/26日(水)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/cms/invitation/about/participation

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡 ホストファミリー担当
TEL:092-734-7700
Email:info@apcc.gr.jp

3) ラテン文化センターティエンポからの情報
アラビアンダンスショー "千夜一夜物語  ~絹の道~"

日時:2月19日(日)開場:19:00 、開演19:30
会場:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」
入場料: 前売 3,000円(会員 2,500円)
※ 入場時別途ワンドリンクチケット500円 要購入
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ(福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル)
Tel:092-762-4100
Email:info@tiempo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 今日から貴方も国際人
いろんな国の人々の生活や文化についての話を聞くことができます。

2月3日(金):「スリランカでの活動」
2月10日(金):「ロバと巡礼50日間」
2月17日(金):「My year in Iceland」
2月24日(金):「世界四大文明発祥の地エジプト」

時間:19:00~21:00
参加費:500円(高校生以下無料)
申込み:不要
会場:川端中央商店街振興組合事務所(博多区上川端町9-178)
詳細はこちら:https://www.facebook.com/cosmopolitans.seminar/

問合せ:牟田
Tel:090-6770-2481
Email:muta@ktarn.or.jp

2) 学習会「熊本地震!外国人被災者救援活動の経験から災害時の多文化共生を考える」
熊本地震支援・救援活動した実践者の経験から災害時の多文化共生について考えます。
日時:2月18日(土)14:30~16:15(受付開始14:15)
会場:福岡市NPO・ボランティアセンターあすみんセミナールームAB
参加費:500円(資料代を含む)
詳細はこちら:http://snwm-netwrokkyushu.jimdo.com

問合せ:移住労働者と共に生きるネットワーク・九州
TEL:092-834-5685
Fax:092-834-5686 
Email:netkyushu@gmail.com

3) 九州交響楽団第356回定期演奏会
台湾が生んだ世界のマエストロ スコットランドへの旅

日にち:2月17日(金)
開演:19:00 開場18:00
会場:アクロス福岡シンフォニーホール
料金:S席5,200円、A席4,200円、B席3,100円、学生席1,100円、車椅子席3,100円
詳細はこちら:http://www.kyukyo.or.jp/concert/teiki.php

問合せ:公益財団法人九州交響楽団
Tel:092-822-8855 
Email:info@kyukyo.or.jp

4) 英語対応能力検定
おもてなしの心で「対応するための基本的英語力」を身につける。
インターネットに接続できるパソコン等を使っての受験なので、どこでも受験可能です。

第1回試験日時: 3月1日(水)12:00〜3月31日(金)17:00(期間中は24時間受験可能)
申込期限:2月22日(金)17:00
受験料:6,500円(税別)
詳細はこちら:https://otai-kentei.com/

問合せ:英語応対能力検定事務局
Tel:0570-024011(平日10~17時)

5) 中国帰国者支援のためのボランティア研修会
中国帰国者の歴史、今、これからを考える
日時:2月12日(日)13:00~16:00 受付開始12:30
場所:レソラNTT夢天神ホール(福岡市中央区天神2-5-55)
参加費:無料
申込み:Emailに、氏名、職業、住所、電話番号、参加動機を記入して下記アドレスに送信してください。

問合せ:九州中国帰国者支援・交流センター
Tel:092-713-9988
Fax:092-713-9987
Email:kyushu-center@tiara.ocn.ne.jp


5) ケルト人の見方
 “季節の様変わり”

「春眠暁を覚えず」ということわざがございますが、今年の節分、皆さんの寝心地は如何でしたか?
世界中には、春がやってくる事と共に様々な行事や祭があります。多様な形で春夏秋冬の大きな節目が祝賀されています。中国や韓国、昔の日本でもお馴染みだった「春節」(現代日本語で言うと旧正月)と、今現在日本でも祝われている正月と節分で新春を迎えます。私も長い間、華人(中国・台湾系住民)が沢山いる街に住んでいて、幼い頃から春節を祝っていました。友達や家族と集って宴を開き、新年の幸運を祈りながら楽しみます。因みに春と言えば、日本の節分は二十四節季の「立春」の前日に当たりますが、春節・旧正月の頃も新春と呼ばれ、一月下旬か二月上旬にあります。

しかし、現代西洋の一般的な考え方では、「春」という季節、春分は3月22日に当たります。科学的に温度を測って季節を四種類に分けると、春はこの日に始まります。ただ、それは「西洋の科学によっての事」にしか過ぎず、二月に春が始まるという概念はアジアに限った事ではありません。

多神教の古代アイルランドにも、2月1日に春を迎える祭がありました。「Imbolc」(エンボルク)という祭で、10月31日のハロウィンの由来「Samhain」(サーウェン)と同じ様なものです。簡単に説明しますと、サーウェンは10月末に秋を経て冬を迎える行事で、エンボルクは1月末に冬を経て春を迎える事です。元々2月1日のエンボルクはケルト神話の女神であるブリギッドを祀る聖日でしたが、基督教の強制改宗とそれに伴う普及によって現代になってアイルランドの教会の祝日になってしまいました。最近日本でも少し知られてきた聖パトリックの祝日も、似た様なやり方で作られました。

その様な背景があるにも関わらず、未だにその多神教時代の名残があって、ケルト復興運動や復興異教徒のお陰で古代の伝統と神話がまだ生きています。季節の大切さとそれを祝う人々の絶え間ない信仰心は脈々と伝わってきています。

イアン リド



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation
Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館1F
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp