Fukuoka City International Foundation Email Magazine vol.186  5 November, 2017
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on news and events related to international exchange and cooperation in the Fukuoka area. We hope that you will find this information useful. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this email magazine, please refer to the bottom of this email.
Attaka Fukuoka organizes an annual event, called the 'Welcome to Fukuoka' event, in which Fukuoka locals and international students will enjoy together a few simple games and have a good time in the crisp air and under the pleasant autumn sky. We are looking forward to seeing you!


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
当財団が事務局をしている、あったか福岡が例年開催する外国人学生歓迎交流事業は、日本人のみなさんと外国人学生のみなさんが、簡単なゲームをしながら交流するものです。秋の空の下、ワイワイと楽しい時間を過ごしませんか。ご参加お待ちしております。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
  1) Home Visit Program for International Students
  2) Participants Wanted for the 13th "Welcome to Fukuoka" Event
  3) Japanese Chatting Salon
  4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
 
2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
  1) Human Rights Counseling for Foreign Nationals
  2) SUNSHOWER: Contemporary Art from Southeast Asia 1980s to Now
  3) The Empire of Imagination and Science of Rudolf II
  4) Cine-la "Film Director MASAKI KOBAYASHI"
  5) Job Seminar for International Students
  6) Telephone Consultation Service for Foreign Workers' Labour Issues

3. News from FUKU-NET Members
  1) FOSA Culture Show 2017
  2) Winter Sports Festival 2017; Interact with International Students
 
4. News from International Related Organizations in Fukuoka, etc.
  1) Fukuoka Asian Medical Support Center
  2) Free Legal Counseling for Non-Japanese Residents

5. Celtic Perspectives

  Finally in that Mid-Autumn Groove


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation

  Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
  Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700

  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en


1) Home Visit Program for International Students
The Home Visit Program introduces international students enrolled at colleges, junior colleges or language schools in the Fukuoka metropolitan area and Japanese families in Fukuoka interested in international exchange, providing the opportunity for them to meet regularly and deepen mutual understanding.
Participants and host families will have a meeting ceremony on Sunday, December 17th. All participating parties are expected to attend. If circumstances prevent members from participating, a private meeting will be arranged for a separate day.

Program Duration: January-March
Number of Applicants: 20
Closing date for applications by Phone: 10 November
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/08.html

Inquiries: Projects Section
Tel: 092-262-1744

2) Participants Wanted for the 13th "Welcome to Fukuoka"
Attaka Fukuoka is seeking international students to participate in a free exchange event to welcome students who are new to Fukuoka. Application is required.

Date/time: 10:00-14:00, Saturday, 25 November
Venue: West-side lawns of Maizuru Park (5 min. walk from Subway Ohorikoen Station)
Number of Participants: Limited to 150 international students (on a first-come, first-served basis)
Application Deadline: 17:00, Wednesday, 15 November

Inquiries: Attaka Fukuoka (Information Coordination Section)
Tel: 092-262-1799 Fax: 092-262-2700 Email: kangei-af@rainbowfia.or.jp

3) Japanese Chatting Salon
For those who are studying Japanese here in Fukuoka, this is a good place to practice talking in Japanese with kind and experienced Japanese volunteers. Participation free.

Dates: 14:00-17:00, 2 and 16 November, the 1st and 3rd Thursday of each month
Venue: Fukuoka City International Center (4-1 Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/chat.html

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799

4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: 18:30 - 20:00, Thursday, 16 November
Lecturer: Mr. Rafael Vinicius Martins (Sao Paulo, Federative Republic of Brazil)
             Graduate School of Integrated Sciences for Global Society, Kyushu University
Venue: Conference Room, 4F Fukuoka City International Center
Fee: 500 yen, free for international students
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html (in Japanese)

Inquiries: Information Coordination Section
Tel: 092-262-1799


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the National Government, and other Affiliated Organizations
 
1) Human Rights Counseling for Foreign Nationals
Legal Affairs Bureaus provide telephone consultation in English, Chinese, Korean, Filipino, Portuguese and Vietnamese.
Foreign-language Human Rights Hotline: 0570-090911 (weekdays 9:00-17:00)

Civil Liberties Commissioner with English interpreter will offer counseling at Kokusai Hiroba as follows. No appointment necessary.
Date: 13:00-16:00, every 2nd Saturday
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka, 1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)

2) SUNSHOWER: Contemporary Art from Southeast Asia 1980s to Now
Following the rapid economic growth of the region, Southeast Asia's contemporary Art came to obtain much attention in the international art schene. The exhibition covers a wide range of art from 10 Southeast Asian countries from the 1980s to present through multiple perspectives.

Date: until Monday, 25 December
Venue: Fukuoka Asian Art Museum (3-1 Shimokawabatamachi, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 800 yen, Univ. & H.S. student 500 yen, J.H.S. student & under Free
Further information: http://faam.city.fukuoka.lg.jp/cgi-bin/eng/exhibition/exhibition.cgi?eid=10338

Inquiries: Fukuoka Asian Art Museum
Tel: 092-263-1100

3) The Empire of Imagination and Science of Rudolf II
Rudolf the Second enjoyed his power as Emperor of the Holy Roman Empire from the late 16th to the beginning of the 17th century. In this exhibition, a number of creations by artists and scientists the emperor championed will be on display.

Date: until Sunday, 24 December
Venue: Fukuoka City Museum (3-1-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 1,500 yen, Univ. and H.S. Student 900 yen, J.H.S. and Elem. S. Student 600 yen
Further information: http://museum.city.fukuoka.jp/

Inquiries: Fukuoka City Museum
Tel: 092-845-5011 Fax: 092-845-5019

4) Cine-la "Film Director MASAKI KOBAYASHI"
Special feature of the films directed by Masaki Kobayashi, the master of Japanese cinema, in commemoration of the centennial of his birthday. Only in Japanese.

Duration: until Sunday, 26 November
Fee: Adult 600 yen, Univ. and H.S. student 500 yen, J.H. and Elem. S student 400 yen
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la (3-7-1, Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka City)
Further Information: http://www.cinela.com/english/

Inquiries: Fukuoka City Public Library Movie Hall, Cine-la
Tel: 092-852-0600

5) Job Seminar for International Students
1 Shukatsu Support Club
Date/time: 10:00 - 12:00, Sunday, 19 November
               "What is the strong motivation to persuade HR"
Date/time: 10:00 - 12:00, Sunday, 17 December
               "Writing strong motivation for application"
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka, 1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Eligibility: Foreign students who are enrolled in graduate or undergraduate, university, college, a specialized vocational school, technical college, or Japanese language schools and scheduled to graduate in 2018 and after.
Please come in a business suit.

2 Advanced Business Japanese Class
Date/time: 13:30 - 16:30, Sunday, 19 November
               Business Japanese: Reaching conclusions
               Business Practice: Troubles and solutions at work
               Business Japanese test: Apparel Industry
Date/time: 13:30 - 16:30, Sunday, 17 December
               Business Japanese: How to persuade someone to obtain his/her consensus
               Business Practice: Working method
               Business Japanese test: Proposition for adding more sales staff
Venue: Seminar Room 2 (2F ACROS Fukuoka, 1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Eligibility: Foreign students who are enrolled in schools in Fukuoka Prefecture.

3 Networking meeting for international students now in school and graduated international students
Date: 12:10-14:00, Sunday, 17 December
Venue: Kokusai Hiroba (3F, ACROS Fukuoka)
Further information: http://www.fissc.net/ja/info/detail.php?content_id=1760 (in Japanese)

Application: Send your information; name, furigana, nationality, name of school and major at school, cell phone number by email.

Inquiries: Fukuoka International Student Support Center
Email: club.fissc@gmail.com Tel:092-725-9201 (10:00-19:00)

6) Telephone Consultation Service for Foreign Workers' Labour Issues
The Ministry of Health, Labour and Welfare offers telephone consultation service for foreign workers in English, Chinese, Portuguese, Spanish, Tagalog and Vietnamese to respond to their questions regarding working conditions.

Further information: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/foreign/index.html


3. News from FUKU-NET Members
 
1) FOSA Culture Show 2017
FOSA has been organizing this event every year since 2002. Both international and Japanese students studying at universities or language schools in Fukuoka area will show their tradition by performing songs or dances.

Date: 13:00-16:00, Sunday, 26 November
Venue: Event Hall, B2F ACROS Fukuoka (1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 500 yen, Free for Japanese and International Students
Further information: http://fosa.jp/

Inquiries: FOSA (Fukuoka Overseas Students Association)
Tel: 080-3991-5663 Email: info.fosa16@gmail.com

2) Winter Sports Festival 2017; Interact with International Students
In commemoration of its 25th establishment, Dazaifu City International Exchange Association organizes the festival in which Dazaifu locals and international students enjoy sports activities together. Application necessary.

Date: 10:30-15:30, Saturday, 9 December
Venue: Tobiume Arena (Dazaifu City Gymnasium 21-2 Mukaisano, Dazaifu)
Participants: 300 people
Fee: 300 yen with a lunch box and a bottle of tea
Further information: http://www.dciea.or.jp/

Inquiries: Dazaifu City International Exchange Association
Tel: 092-918-5391 (9:00-17:00 Mon.-Fri.) Email: f-bell-club@dciea.or.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Fukuoka Asian Medical Support Center
Fukuoka Asian Medical Support Center provides information on Japanese healthcare system, medical institutions where the center provide interpretation services and medical institutions that provide language assistance on the phone.

Telephone number: 092-286-9595
Languages: 14 languages, English, Chinese, Korean, Thai, Vietnamese, Indonesian, etc.
Further information: https://asian-msc.jp/

Inquiries: Fukuoka Asian Medical Support Center
Tel: 092-734-3035 Email: info@asian-msc.jp

2) Free Legal Consultation for Non-Japanese Residents
Fukuoka Bar Association offers the free legal consultation to foreign residents. Interpreter in Chinese and English is available. Reservation is required.

Reservation: 092-737-7555
Japanese Monday - Friday (except holidays) 10:00-16:00
Chinese Every second and fourth Friday of the month (except holidays) 10:00-13:00
English Every fourth Friday of the month (except holidays) 10:00-13:00
Consultation:
Every second Friday in Chinese, every fourth Friday in Chinese and English 13:00-16:00
Venue: Fukuoka Bar Association Tenjin Attorney Center (2F Minami Tenjin Bldg., 5-14-12 Watanabe-dori, Chuo-ku, Fukuoka)

Inquiries: Fukuoka Bar Association Tenjin Attorney Center
Tel: 092-737-7555


5. Celtic Perspectives
  Finally in that Mid-Autumn Groove

It's finally started to feel a bit more like autumn, hasn't it? I'm a fan of this sort of cool weather, but how about you?
What I want to talk about this month is actually an event from October, the Mid-Autumn Festival. I recalled that around October last year, I wrote a bit on Halloween's history as a 'seasonal festival', and this year as well, you can really acutely feel the change in seasons.
As for what the 'Mid-Autumn Festival' is, it is one of China's most prominent seasonal festivals, and typically involves going with family to moon-watching parties, lantern events, and eating mooncakes together. Without being limited to the mainland either, it's an event you can find in many countries with a Chinese cultural background or minority population (Singapore, Malaysia, Vietnam, etc.). I personally celebrated it a number of times when I was living in California.
More specifically, the Mid-Autumn Festival celebrates the harvest, and is held on the 15th day of the 8th month of the lunar calendar (so this year, on 4 October). In Japan and Korea there are similar traditions for this time of year as well, called 'tsukimi' and 'chuseok', respectively. Tsukimi has some key differences to the Mid-Autumn Festival, but they both share a common theme of "looking at the moon".
Now, when I first heard of this as a child, I didn't think much of it, of why you might worship the moon in that way. As an adult I read up on it more, and learned what it was all about. It's true of Japanese myth, as well as all East Asian myth, that the concepts of yin and yang are very important. In the story of how Japan was first created, there was a leading male deity called 'Izanagi'. Of his primary three children, two were gods of the sun and the moon-Amaterasu and Tsukiyomi. This is more obvious when you write their names in Chinese characters, but the salient point is that the sun and moon are given key positions in the mythical pantheon.
If we go back to China, there is a figure in Chinese myth known as Chang'e. She is the wife of Houyi, a legendary archer said to have been able to shoot down the sun. There are different versions of her story, but the common thread is that she drank an immortality elixir that Houyi had obtained, and, subsequently, fled to the moon. In Taoism, she thought to be a moon goddess, and believed that she is still on the moon (more symbolically than anything else). It is said that this is the origin point for the modern Mid-Autumn Festival.
Well, what do you think? Did your view of the moon change a little?


Ian Reid



福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
  1) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
  2) 国際交流活動助成、国際交流活動人材育成費助成ご案内
  3) 第13回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
  4) 日本語おしゃべりサロン
  5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
  1) 全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間
  2) アミカス市民グループ活動支援事業参加グループ募集
  3) 福岡市科学館「開館記念特別展」
  4) サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
  5) 神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展
  6) シネラ情報「小林正樹監督特集」
  7) 留学生のための就活セミナー
  8) こくさいひろばイベント
  9) 地域国際化推進活動支援事業ご案内
  10) 外国人労働者向け相談ダイヤル
  
3. FUKU-NET団体からの情報
  1) FUKU-NET講演会
  2) JICAデスク福岡からのお知らせ
  3) 九州海外協力協会からのお知らせ
  4) 西日本日独協会11月例会
  5) 福岡デンマーク協会11月デンマークを愉しむ会
  6) 福岡県留学生文化ショー2017
  7) 冬の大運動会2017~留学生と交流しよう~ 参加者募集
 
4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
  1) 通訳ボランティア入門セミナー 災害と外国人~熊本地震の経験から
  2) 医療通訳ボランティア養成講座(タイ語・ベトナム語)
  3) 海外短期ボランティア 福岡・学外説明会
  4) つながる ジャワのこどもと福岡のこども
  5) 第9回「話してみよう韓国語」福岡大会参加者募集
  6) 映画「徘徊 ママリン87歳の夏」
  7) 外国人無料法律相談

5. ケルト人の見方
やっと「中秋」の気分に


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込みは下記へ。

    福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 留学生ホームビジット交流(学生交流)参加外国人学生募集
福岡都市圏の大学、短期大学または語学学校等に在籍する外国人学生に対して、外国人学生と交流したい日本人の家庭をご紹介します。家庭を訪問し、一緒に食事をしながら会話を楽しむなど、それぞれの自由な方法で交流を重ね、友好親善と相互理解を深めます。

交流期間: 1月~3月
定員: 20名
電話予約締切: 11月10日(月)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/08.html

12月17日(日) にホストファミリーとの対面式を行いますので、出席を予定しておいてください。都合が悪い場合は、別の日に個別対面を行います。

面談予約・問合せ:事業課
Tel: 092-262-1744

2) 国際交流活動助成、国際交流活動人材育成費助成ご案内
国際交流活動助成金
福岡市民の国際交流を支援し、福岡市の国際化を推進するため民間団体の国際交流事業等に対して「国際交流活動助成」を行います。
詳細はこちら: http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/07.html
国際交流活動人材育成費助成
福岡市民の国際交流を支援し、福岡市の国際化を推進するため民間団体の発展に寄与する「国際交流活動人材育成助成」を行います。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/18.html

問合せ:総務課
Tel:092-262-1700

3) 第13回外国人学生歓迎交流事業参加者募集
新しく福岡に来た外国人学生を歓迎し、一緒にゲームなどのレクリエーションで交流します。皆さんのご参加をお待ちしています。参加無料、要事前申込。

日時:11月25日(土)10:00~14:00
集合:舞鶴公園西広場(芝生広場)(福岡市中央区城内1)地下鉄大濠公園駅より徒歩5分
募集:市民参加者150名、外国人学生150名(いずれも先着順)
締切:11月15日(水)17:00
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/welcome_event.html

問合せ:あったか福岡(情報相談課)
Tel: 092-262-1799 FAX: 092-262-2700 Email: kangei-af@rainbowfia.or.jp

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生とボランティアが気軽におしゃべりする「日本語おしゃべりサロン」では、日本人とお話ししてみたい留学生や、外国人留学生と日本語で話してみたい市民の皆さんの参加をお待ちしています。

日時: 11月2日(木)、16日(木)14:00~17:00 (時間内出入り自由)
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:あったか福岡(情報相談課)
Tel: 092-262-1799

5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。

日時: 11月16日(木) 18:30~20:00
語り手: マルチンス・ラファエル・ヴィニシウスさん(ブラジル連邦共和国、サンパウロ出身)
        九州大学大学院地球社会統合科学府
場所:福岡市国際会館4階 大会議室
参加費:一般500円、外国人学生無料
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/attaka/index.html

問合せ:あったか福岡(情報相談課)
Tel: 092-262-1799  Email: attaka@rainbowfia.or.jp


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 全国一斉「女性の人権ホットライン」強化週間
女性に関する人権問題の相談を電話で受け付けます。秘密厳守。無料、申込不要。

日時:11月13日(月)~17日(金)8:30~19:00、18日(土)、19日(日)10:00~17:00
電話番号:0570-070-810

問合せ:福岡法務局人権擁護部
電話:092-739-4151  Fax: 092-722-6183

2) アミカス市民グループ活動支援事業参加グループ募集
福岡市男女共同参画を推進する内容で、広く市民に参加を呼びかけられるもの、おおむね来年1月までに実施するものが対象です。

募集期間:11月30日(木)
詳細はこちら:http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/tinyd3/index.php?id=1

問合せ:福岡市男女共同参画推進センター アミカス
Tel: 092-526-3755  Email: amikas@city.fukuoka.lg.jp

3) 福岡市科学館「開館記念特別展」
10月1日に新しく開館した福岡市科学館には、九州最大級の大きさを誇るドームシアターや、参加体験型の展示室などがあり、またロボスクエアも館内に移転しています。
開館を記念した特別展では、宇宙に関係するすべてのプロフェッショナルについて展示されます。

「宇宙なひと~つながり、時空を超えて~」
日時:平成30年1月21日(日)まで 9:30~18:00
場所:福岡市科学館3階企画展示室(福岡市中央区六本松4-2-1)
料金:大人1,000円、高校生800円、小・中学生600円
詳細はこちら:https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

問合せ:福岡市科学館
Tel: 092-731-2525  Fax: 092-731-2530

4) サンシャワー:東南アジアの現代美術展1980年代から現在まで
近年、めざましい経済発展とともに、国際的な注目を集める東南アジアの現代美術。東南アジア10か国の1980年代から現在までの美術を、9つの視点で掘り下げて紹介します。

日時:12月25日(月)まで
場所:福岡アジア美術館(福岡市博多区)
料金:一般800円、高大生500円、中学生以下無料
詳細はこちら:http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/451

問合せ:福岡アジア美術館
Tel: 092-263-1100

5) 神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展
16世紀末から17世紀初頭、神聖ローマ帝国の皇帝として君臨したハプスブルグ家のルドルフ2世のもとで花開いた、芸術と科学の世界を、彼が愛した芸術家たちの作品を中心にご紹介します。

日時:12月24日(日)まで
場所:福岡市博物館(福岡市早良区百道浜3-1-1)
料金:一般1,500円、高大生900円、小中学生600円
詳細はこちら:http://museum.city.fukuoka.jp/

問合せ:福岡市博物館
Tel: 092-845-5011  Fax: 092-845-5019

6) シネラ情報「小林正樹監督特集」
昨年生誕100年を迎えた日本映画の巨匠・小林正樹監督の特集です。日本語のみ。

日時: 11月26日(日)まで
観覧料:大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円
場所:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1)
詳細はこちら: http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/english/cinelaschedule.htm

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

7) 留学生のための就活セミナー(無料)
1就活応援クラブ
日時:11月19日(日)10:00~12:00
        「重要!人事を納得させる志望動機とは」
日時:12月17日(日)10:00~12:00
        「志望動機を書く」
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3階)
対象:福岡県内の学校に在籍者で2019年以降に卒業する留学生(大学院・大学・短期大学・高等専門学校、専門学校・日本語学校生)
服装:リクルートスーツ

2上級ビジネス日本語講座
日時:11月19日(日)13:30~16:30
        ビジネス日本語:結論をまとめる
        日本の商習慣:職場におけるトラブルとその対策
        ビジネス日本語問題:衣料品業界
日時:12月17日(日)13:30~16:30
        ビジネス日本語:同意を求めて説得する
        日本の商習慣:仕事のやり方
        ビジネス日本語問題:販売員増員の提案
場所:アクロス福岡2階 セミナー室2
対象:福岡県内の学校に在籍する外国人留学生

3元留学生&現役留学生の交流会
日時:12月17日(日)12:10~14:00
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3階)
対象:福岡県内の学校の元留学生・現役留学生(大学院、大学、短期大学、高等専門学校)

申込方法:名前、フリガナ、学校名、専攻、国籍、携帯電話番号を明記して、下記のアドレスに送信して下さい。
詳細はこちら:http://www.fissc.net/ja/index.php

問合せ:福岡県留学生サポートセンター運営協議会
Tel:092-725-9201(10:00-19:00)  Email:club.fissc@gmail.com

8) こくさいひろばイベント
こくさいひろばカフェ「インド&タイ」
国際理解教育で活躍する、様々な経験を持つ外国人・日本人講師が、海外や日本での活動を紹介します。お菓子やお茶を味わいながら、世界の人々と交流できるイベントです。
日時:11月26日(日)14:00~16:00
参加費:300円

留学体験談ひろば「台湾へ行こう!」
留学体験者が、留学準備から留学生活、帰国後の様子についてお話しします。台北駐福岡経済文化弁事処からの最新の情報提供も行います。台湾留学をお考えの方やご興味のある方、ぜひご参加ください!要申込。
日時:12月16日(土)14:00~16:00

場所:こくさいひろば(アクロス福岡3階)
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/

問合せ:福岡県国際交流センター「こくさいひろば」
Tel: 092-725-9200

9) 地域国際化推進活動支援事業
県内に活動基盤を置く民間団体が行う、県民主体の草の根国際交流活動を促進し、地域の国際化を推進することを目的として、その活動を支援します。

申請時期:随時、ただし、原則として事業実施の3か月前までに提出すること。
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/request/grant.html

問合せ:福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200

10)外国人労働者向け相談ダイヤル
外国人労働者のみなさんからの労働条件に関する問題について、法令の説明や各関係機関の紹介を行います。

対応言語:英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、ベトナム語
詳細はこちら:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/foreign/index.html


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) FUKU-NET講演会
福岡国際関係団体連絡会FUKU-NET(福岡地域で国際交流や国際協力などの活動を行っている団体)では、創立30周年を記念して、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして現在出演中のフォトジャーナリスト安田菜津紀氏を講師に迎え、下記のとおり講演会を開催いたします。要申込。

日時:12月3日(日)14:00~16:00
場所:福岡天神センタービル8階(福岡市中央区天神2-14-8)
申込締切日:11月15日
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/fukunet/

問合せ:福岡国際関係団体連絡会(FUKU-NET)事務局
Tel:092-262-1700

2) JICAデスク福岡からのお知らせ
2017年度短期第3回募集
短期ボランティアは、アジア・アフリカ・中南米・大洋州・中東の国々で1か月から1年未満の活動を行います。「自分の持っている技術・知識や経験を開発途上国の人々のために生かしたい」という強い意欲を持った方を募集しています。

募集締切:11月21日(火)
詳細はこちら:https://www.jica.go.jp/volunteer/application/

JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。
場所:福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)
問合せ:JICAデスク福岡
相談員:森川大毅(元青年海外協力隊・バヌアツ)
Tel: 092-262-1714 Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3) 九州海外協力協会からのお知らせ
ホストファミリー募集
ホームビジット
11月、太平洋諸国9カ国(フィジーやサモアなど)の先生24名が日本の小中高等学校や教育委員会を訪問する14日間の研修を行ないます。
日時:11月11日(土)10時から博多駅前にて対面式~18時くらいまで自由行動
募集人数:24家族(上限に達し次第受付終了)
謝礼金をお支払いします。
ホームステイ
2018年2月、マレーシアの先生15名が日本の小中高等学校や教育委員会を訪問する14日間の研修を行ないます。
日時:2018年2月3日(土)10時から博多駅前にて対面式~4日(日)18時くらいまで自由行動
募集人数:15家族(上限に達し次第受付終了)
謝礼金をお支払いします。

いっぽふみだす!異文化理解講座
街で外国人が困っていたら、あなたはどうしますか?「声をかけたい!」そんな気持ちを実践につなげる、楽しい講座です。10月から開催しておりますが、2回目からでも参加いただけます。
日程:11月15日(水)、12月13日(水)、19:00~20:30
1月14日(日)、2月18日(日)午後2時間程度
参加費:各回500円

「伊沢正名氏と考える 命のめぐり方」
タモリ倶楽部やyahoo!ニュースで話題沸騰の伊沢氏来福。災害時のトイレ問題から微生物のはたらきまで、またエチオピアのトイレ事情などもお伝えします。
日時:11月23日(祝)13:30~16:40
場所:福岡市国際会館(福岡市博多区店屋町4-1)
人数:40名
参加無料ですが、伊沢氏への寄付をお願いしています。

詳細はこちら:http://www.npo-kyushu.or.jp/

問合せ:特定非営利活動法人 九州海外協力協会 古泉
TEL:092-415-6536 FAX:092-415-6518  Email:ngoqshuint@npo-kyushu.or.jp

4) 西日本日独協会11月例会
今回は、2年前に、ウィーン大学訪問研究員としてオーストリアに滞在された九大教授、小黒康正氏が、「私のウイーン滞在記:めまい、難民、メールヒェン」と題してお話しされます。要申込。

日時:11月22日(水)19:00~20:00
場所:九州学士会会議室(福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル8階)
参加費:会員無料、非会員のみ500円
申込締切:11月16日(木)
詳細はこちら:http://jdg-nishinihon.org/

問合せ:西日本日独協会
Tel/Fax: 092-524-0059  Email: info@jdg-nishinihon.org

5) 福岡デンマーク協会11月デンマークを愉しむ会
11月デンマークを愉しむ会は、この9月にデンマークのフォルケホイスコーレに研修に行った筑紫女学園大学の学生の方々に学んできたことを発表してもらいます。
最新のデンマーク情報を、若い視点から伝えて頂きます。どうぞ、ご期待下さい!

テーマ「大学生の見たデンマーク」
日時:11月24日(金)18;30~20:30
基調講演:大西 良(筑紫女学園大学人間科学部人間学科人間関係専攻)、学生2人の発表
場所:福岡市人権啓発センター(福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ8階)
参加費:会員800円、一般1,000円
詳細はこちら:https://www.facebook.com/fda.japan/

問合せ:福岡デンマーク協会
Email: info@fda-japan.org/

6) 福岡県留学生文化ショー
このイベントは2002年から毎年開催されており、今年で16回目を迎えます。留学生や日本人が母国の伝統文化を歌やダンスで披露します。

日時:11月26日(日)13:00~16:00
場所:アクロス福岡B2Fイベントホール(福岡市中央区天神1-1-1)
料金:学生無料、一般500円
詳細はこちら:http://fosa.jp/

問合せ:福岡県留学生会
Tel: 080-3991-5663  Email: info.fosa16@gmail.com

7) 冬の大運動会2017~留学生と交流しよう~ 参加者募集
(公財)太宰府市国際交流協会設立25周年を記念し、近隣の市民、留学生、在住外国人を対象とした「冬の大運動会」を開催します!皆さんのご参加をお待ちしています。要事前申込。

日時:12月9日(土)10:30~15:30
場所:太宰府市総合体育館(とびうめアリーナ)(太宰府市大字向佐野21-2)
定員:300名
参加資格:小学生以上
参加費:300円(お弁当・お茶付)
詳細はこちら:http://www.dciea.or.jp/sports/sports.html

問合せ:(公財)太宰府市国際交流協会 事務局
Tel: 092-918-5391(平日:9:00~17:00)Email:f-bell-club@dciea.or.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 通訳ボランティア入門セミナー 災害と外国人~熊本地震の経験から
日本語を母語としない生活者としての外国人が、日常生活で抱える問題解決を支援する通訳(コミュニティ通訳)の基本とともに、災害時の外国人女性や子どもに対する適切な支援の在り方を学びます。要申込。

日時:11月12日(日)10:00~16:40
場所:福岡市男女共同参画センター・アミカス 2階視聴覚室(福岡市南区高宮3-3-1)
定員:30名
参加費:1,000円
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/empower_f/

問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
Tel&Fax:092-738-0138  Email: empower789@hotmail.co.jp

2) 医療通訳ボランティア養成講座(タイ語・ベトナム語)
福岡アジア医療サポートセンターでは、タイ語とベトナム語の医療通訳ボランティアを募集しています。

日時:11月18日(土)、平成30年2月17日(土)9:30~17:00
場所:新KBCビル3階会議室(福岡市中央区長浜1-1-35)
料金:1,000円(テキスト代別)
詳細はこちら:https://asian-msc.jp/

問合せ:福岡アジア医療サポートセンター
Tel: 092-734-3035 Email: info@asian-msc.jp

3) 海外短期ボランティア 福岡・学外説明会
世界約30か国で実施している短期ボランティア。福岡で説明会が開催されます。予約不要、無料。

日時:11月25日(土)、12月9日(土)、平成30年1月13日(土)10:00~11:30
場所:アクロス福岡2階セミナー室(福岡市中央区天神1-1-1)
詳細はこちら:https://www.cieej.or.jp/exchange/ivp/

問合せ:国際教育交換協議会(CIEE)
Tel: 092-736-6740

4) つながる ジャワのこどもと福岡のこども
西新公民館のこどもサークル「自然とつながるアート教室」から初めてインドネシアのジャワ島を訪れました。ジャワと福岡のこどもが描いた「わたしのたからもの」をぜひ、ご覧ください。入場無料。

日時:11月27日(月)~12月3日(月)
場所:アクロス福岡メッセージホワイエ(福岡市中央区天神1-1-1)
詳細はこちら:https://www.acros.or.jp/r_culture/r_event_detail.php?event_id=9616

問合せ:アクロス福岡文化観光情報ひろば
Tel: 092-725-9100

5) 第9回「話してみよう韓国語」福岡大会参加者募集
韓国語学習初心者向けの、スキットやスピーチで韓国語の表現力を試してみませんか。

日時:12月9日(土)13:00~
場所:福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1)
応募締切:11月10日(金)必着
詳細はこちら:http://www.k-culture.jp/

問合せ:駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院
Tel: 06-6292-8760  Email: osaka@k-culture.jp

6) 映画「徘徊 ママリン87歳の夏」
福岡映画サークル協議会では、年に6回自主上映会をしています。今回は認知症に対する大牟田市の先駆的な取り組みについての講演もあります。

徘徊 ママリン87歳の夏(2015年、日本、77分)
日時:12月16日(日)10:30~、14:00~ 講演会12:00~
場所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス4Fホール(福岡市南区高宮3-3-1)
料金:一般前売1,000円(1,200円)、シニア1,100円(当日のみ)
詳細はこちら:https://www.fukuoka-eiga-circle.com/

問合せ:福岡映画サークル協議会
Tel: 092-781-2817

7) 外国人無料法律相談
福岡県弁護士会では、外国人のための無料法律相談を行っています。弁護士が通訳とともに相談に応じます。予約が必要です。

日時:毎月第2金曜(日本語、中国語)、第4金曜(日本語、中国語、英語) 13:00~16:00
予約:日本語 平日10:00~16:00、中国語 第2、第4金曜10:00~13:00、英語 第4金曜10:00~13:00
場所:福岡県弁護士会天神弁護士センター(福岡市中央区渡辺通5-14-12南天神ビル2階)
詳細はこちら:http://fben.jp/whats/dl_data/gaikokugo.pdf

問合せ:福岡県弁護士会天神弁護士センター
Tel: 092-737-7555


5) ケルト人の見方

やっと「中秋」の気分に

ようやく秋らしくなってきましたね。僕的には、この涼しい季節が一番好きなんですが、皆さんはいかがでしょうか?
実は10月に中国の中秋節あったのですが、今月はその話をしたいと思います。去年の10月辺りにハローウィーンの「季節祭としての歴史」についてほんの少し書きましたが、今年の今頃はやはり季節の変化を感じますよね。
中秋節は古代中国の大祭の一つで、家族や親しい人と一緒に提灯のライトアップを見に行ったり、月餅などお菓子を食べたりするのです。中国大陸だけでなく、中華文化圏の国(シンガポール、マレーシア、ベトナムなど)や海外にいる華人コミューニティでも祝われます。僕自身も子供の頃、カリフォルニアで祝っていました。そもそもこの中秋節とは何かと言うと、陰暦の8月15日(今年は10月4日)に行われる、収穫祭です。日本の「月見」や韓国の「秋夕」に当たります。日本の月見の文化は他の東亜文化国とちょっと違うのですが、基本的に「月を観る」という概念が共通です。
しかし、子供の時は分からない事が多く、元々何故月を崇めるのか、考えずに楽しんでいました。で、大人になってその深い歴史を知りました。日本の神話に対しても言える事なのですが、東亜の文化には陰陽がとても大事です。日本の国産(くにうみ)の大神・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の子供達の中で、一番偉大とされていた3人の2人はアマテラスとツキヨミ。この二人は太陽と月の象徴なのです。漢字にすると「天照」と「月読」と書き、その名の通り天を照らす太陽と夜の月に大事な位置が与えられています。
そして中国に話を戻すと、中国神話にはチャン・エという人物がいます。ホウ・イーという太陽を射落とせたと言われている伝説的射手の妻でもあります。諸説はありますが、このチャン・エがなんらかの経緯でホウ・イーが入手した不老不死薬を飲んでしまい、月に逃げたと言われます。道教では、チャン・エが「太陰星君」という月の神として祀られ、今も月にいるという事が中秋節や(中国での)月見の原点だと言われています。
さて、皆さん、ちょっと月を見る目が変わったのでしょうか?


イアン リド



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation
Fukuoka City International Center, 4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka City 812-0025
Tel: 092-262-1700 Fax: 092-262-2700   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
    〒812-0025福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館1F
    Tel: 092-262-1700、Fax:092-262-2700
    URL: http://www.rainbowfia.or.jp